齢をとるってどんなこと

随分前ですが、こんな文章を見つけました。
東北辺りでしたか、其処に住む女性が
新聞に投稿された様に記憶してますが
余り定かではありません。

誰にでも云えることですが、だんだん齢を重ねてくると、
身体的にも色々な不都合が出てきたり、少しのことでも
思いがけなく手間取ったり、若い時に比べ随分不自由に
なって、自分自身にいら立ちさえ覚えるようになりました。
そんな時に、この一文を思い出しホンワカした気分に
なりたいですね。
この様に思っていると楽しいわ~とか、そうだよね~とか
思わせる文章なので、年輩者ご同輩も常に
この様な気持で、日々自信を持ち、大らかに過ごして
行きたいものです

チョット引用させていただきました。


キャプチャ

s-keirou007.jpg

先日見つけました‼︎アニマルゴム輪

先日、頂いたお土産のゴム輪がとても可愛くて
文房具好きとしては見逃せませんでした
知る人ぞ知るで、以前からあったのかもしれませんが
私は初めて見たもので…、う~んと、なったのです。

以来、東急ハンズをはじめありそうなところを
何軒か目指していきましたが、目につきませんでした。

処が先日、六本木の国立新美術館に行ったとき
もしや…と思い地下のミュージアムショップに行ってみました
今までは余り地下まで下りたことも有りませんが、
今回は、もしや…の目的がありましたから・・・・。

ありました!!あったんです
大きいのやら、小さい輪のやら色々が~
何に使う目的も有りませんが、嬉しくなって
ツイツイ 色々な種類を買ってしまいヤット安心ました。

そして、こんなのも見つけました。



これは鉛筆削りなんですが手元に置くのには
とても重宝でした



口元の色が変わったところが消しゴムになってます
そして削りかすの入った部分の蓋でもあるんです
鉛筆は2種類の太さが削れ切れ味抜群でした。
全長8センチほどで全体に丸っこいので
手の中に入りとてもいい具合です。



因みに、削りかすが一杯にたまった時は
ウロコとエラの部分が大きくカパット外れ
とても捨てやすいのです。

口元の消しゴムのところを全部使っちゃったら
困るかな~なんて思いますが、減ってなくなるほどには
消しゴムを使わないから多分、大丈夫でしょう~。


ホオズキ

中国のホーズキと云うのを始めてみました
それは褐色で小さく、銀杏ほどの丸みでしょうか。



中国では一般的食用に使われるらしく時期になると
店頭に山積みされるそうです

今回頂いたものは、東急デパートの物産展で見て
話の種に買ったものを貰った人から、更にもらったものです。

そして、最近は中国ではなく道内の士別町と云うところでも
生産してるらしいのです。

道産品・・・と云うことに安心して齧ってみましたら、甘い!!
ホントに甘く、かすかな酸味が感じられるのです
ホーズキ独特の苦みもなく、種も全然感じない位
果肉と一体化してました。
中国では一般的な果物の領域らしくストロベリートマトとか
黄金果とか言うそうです。
ヨーロッパでも一般的の様でゴールデンベリーパイナップルとか、
チャイニーズチェリーとよばれ、ジャムや砂糖漬け、生食、
ケーキ等に使用されているそうです・・・
          (此れはネットで調べてみました。)

時期も有るでしょうが、中国では10個ほどで2元(30円)くらいと、
ネットで見ましたが、今回の東急では10個で300円なそうです。



此れはネットで見たものですが、赤いものもあるようで
需要も多いらしく  量産している 専用農家も有るそうです。







手づくりマーケット

久しぶり…本当に2~3年ぶりでフアクトリーに行ってきました

家族の友人が今回フアクトリーで開催の手づくりマーケットに
出店してるということで、その陣中見舞に出かける後ろについて行ったんです。

春の陽が燦々と当たるイベント広場一杯に手づくり大好きの人達が作った
いろいろな作品というか商品が、溢れるように並べられてました
一人一人のスペースは小さなものですが、みんな楽しそうに満足げな表情で
接客してました。

地下歩道空間でも時々手づくりマーケットを目にする事もありますが、
それとはまた違って、楽しんでいるげに見える人たちの明るい笑顔には
サンルーム状態の暑い会場のせいと沢山のお客さんに上気してキラキラ
額に汗まで浮かべて……。

そんな様子を見て思いました。太陽の当たる所と、地下で電気だけの
明るさとでは、同じ状態の様でも受ける感じには随分違い有るものだと言う事を。


マンホールで町の特色を表現してるのでしょうね

前回に続き阿寒湖のマンホールです
さすが、観光地だけあってマンホールにも
しっかり気合の入ったものを数種類見ることが
出来ました。
色鮮やかにカラーも冴えて未だ新品らしいのもあります

阿寒湖4
阿寒6

阿寒湖5
阿寒4

阿寒湖6
阿寒3

次に機会機会があれば小樽にでもしましょうか・・・



カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター