秋の北大第二農場 水彩画

秋の北大 水彩画6号


十月も、体育の日を過ぎると日毎に
秋の深まりが感じられるようです。

ボツボツ、雪虫の姿も見られるように
なってきました。
外出の度にコートの背など、沢山の
白い粉を振ったようになって帰宅したら
もう雪は近いと言う事でしょう。
もう、その様な日も近いことでしょう


美味しい新米も出回りました。
カボチャも、じゃがいも沢山の
越冬野菜が店頭に積まれています。
嬉しいリンゴも柿も、たくさんの種類が
出揃いました。

健康のもと・・・大すきなリンゴも
品質改良で、昔のアサヒ・ロクゴウ・
インド・49号などが色々合体した末
オシャレな名前に生まれ変わりました。

それはそれで、嬉しいことですが、
昔のように庶民の果物ではなくなった感じ。

今ではすっかり高級品がおおくなり
一個・二個と言う様に売られてます 。

秋には好みの種類を何箱も買い込むなどという
季節の風物詩的行動も出来なくなったようです

此れからだんだんと高級化し、スーパーからその都度、
何個かの大きくて立派な、(おリンゴ様)を
買うような事になったら困ってしまうわ~。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンゴの品種改良で 見かけなくなったものもありますが
この時期紅玉は ジャムにするとおいしいですね
だんだんと秋が深まって 寒くなってきました
お風邪など召されぬようにご自愛くださいませ

のんちゃんへ

こんにちは台風は大丈夫でしたか?
紅玉はよくジャムやアップルパイにしたものですが、
最近は紅玉という名で店頭で見かけた事はありません
生産者から菓子工場に直行してるのかしら・・・。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター