新橋演舞場で昼の部を観る

昨夜の歌舞伎座に続き、今日は新橋演舞場での歌舞伎観賞です
10時半開場なのでホテルは9時ころ出たが、もう陽は高く
空気はジワッと暑くなっている。

会場の前はすでに、小母さんたちの長い列ができ
若々しいその熱気たるや、年齢には関係ないことをしる。


開演前の緞帳と、天井のライトが美しい



9月の舞台は忠臣蔵の御浜御殿と、踊りが最高の男女道成寺
そして、幸四郎の河内山宗俊だった。



昨日と同じように幕間休憩では弁当が配られたので、
自分の席でゆっくり昼食をすますことができた。
昨日の歌舞伎座より大分格落ちの内容ではあったが・・・。



有名な演舞場名物が小豆ソフト!!と聞いていたので
売り子が回ってきたとき即・ゲット
程良い甘さで、パリパリの香ばしい皮が特に美味
座席を廻り、目の前で最中の皮に盛ってくれるので
パリパリ度は最高なのだ・・・。



歌舞伎座が新しくなったせいか、この演舞場の古さが目につく。
道成寺のときなど、白拍子に扮した橋之助が華麗に踊る時など
舞台が少し狭い感じで、もう少し広かったら・・・などと
思いながら観ていたものだが・・・・。
今度,新装の歌舞伎座で踊る橋之助を是非観たいものである








関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター