デンマーク旅行より帰りました①

先週末帰国しました
ヤット疲れも取れ、留守中の雑用も一段落し
ネットに向かう余裕ができたようです。

フイルム時代と違い、心おきなく撮りまくってきた
風景のごくごく一部を、何回かに分けてUPしたいと
思ってます。

P1010524.jpg

ドイツとはまた違った民家のたたずまいでした。

P1010523.jpg

フユン島のほぼ中央に位置するオーデンセ
此処はアンデルセンの生誕の地。
街中がアンデルセンにまつわる沢山の見所があり
童話ファンには、興味の多い所かとも思われました。

P1010225.jpg
アンデルセン公園
ほぼ町の中央にあるが広く静かで、緑あふれる公園。
アンデルセンの銅像が立ち、バックには聖アルバニ教会の
尖塔と、レンガ造りのファサードがとても美しかったです。

P1010230.jpg

季節感は、サッポロとほぼ同じ気温でライラックが満開

でも、その花房の大きさと、いたるところに沢山沢山
植えている量にはびっくり!!

アンデルセン公園10

アンデルセン公園11

アンデルセン博物館
P1010264.jpg

アンデルセンが、幼少のころより描いていたという
絵や童話、切り絵、詩、紀行文など、数多く陳列

其の多才ぶりには「栴檀は双葉より芳し」というが、
マッチ売りの少女・人魚姫・赤い靴・裸の王様・など
沢山の名作を残した彼の原点を見たという思いがする。

P1010266.jpg

P1010274.jpg



P1010273.jpg

此の↑左の切り絵のイラストが現在、アンデルセンにかかわる
シンボルマークになって、彼に関するものすべてに此の
マークが表示されていた。
生家や出身校などの建造物は、其の玄関前の石畳みとか、
壁とかに、はめ込まれてあった。


関連記事

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 はじめておじゃまいたします

 いつも楽しく拝見しております

当方 札幌三年目の新参者です 水彩画始めてみたいけれど

いまだ教室デビューできないでおります

そのうちいつか、って思って 、カクロクさんと貴方様のブログを見て

元気とやる気を育成中ってところです。いつやるの?今でしょって

簡単に思えない小心者でした。

まきさんへ

まきさんへ
何時もブログを見てくださってありがとうございます
ブログも、水彩も10年近く過ぎましたが、どちらの進歩も亀の如しです。
思った時が吉日でチャンスです、一日も早く少しでも若いうちに始めてください
好かったな~という日が絶対訪れますよ~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター