満足・満腹だった温泉の夕食

此の齢になると温泉の夕食は和食のほうが嬉しいですね。

近頃は、大体バイキング方式が主流になってるような
傾向ですが・・・。

今回は定山渓の章月でしたが、昔のイメージとは
全然違う感じでしたから、良い意味でビックリです。
10年も前に行った時に、すべての面で敬遠してより、
始めての宿泊かもしれません

ところが、今はすっかり生まれ変わったという印象で
全然違う感じになってました。
まず、最初に用意されたメニューも達筆で・・・。

章月

①アボガドの豆腐が白く、円形に仕立てられたのが
じゅんさいのとろみに浸ってました。

②ブルベリー酒のピンクが映えて美味しそう・・
というより、酸味爽やかで夏の飲み物にピッタリ



③紀州タイのお造りが、50センチもあるような
器に盛られ見ただけで食欲がでて、さらに美味しく。

④あさりの潮汁ですが浅蜊の大きい事、
比較にレンゲを置いてみましたが、ハマグリかと思うほど





女性4人でも、料理によっては、飲むことも・・・



⑤コールドビーフに野菜の付け合わせ



⑥筍の木の芽あえ味噌焼き。新筍が甘くて香り豊かで。



⑦ふぐの唐揚げに、昆布の細切り付け合わせ



⑧蟹の鉄砲汁と、赤米混入ご飯、漬物3種類



⑨デザートアボガドのプリン
  イチゴと生クリーム添え



食べて食べて、動けないくらい・・・・

食時前に入浴済ませてよかったわ~当分お風呂は駄目ね・・・
ということで、ひと部屋に集まってお喋りで腹ごなし

やがて話しも、満腹度も一段落し大浴場に向かった頃は
日付けもすでに、明日に変わるという時間になってました。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター