久し振りでミシンを踏みました

6月は4週目から油絵のグループ展があるので、現在
15号と20号の絵を描いていますが、描くことに疲れた時の
気分転換には、ミシンの作業が一番なのです。

DSC05375.jpg

携帯用椅子のカバーを縫いました。ついでに持ち歩き様の袋も・・・

最近の告別式は葬儀場は勿論お寺で行われる際も、椅子になり
ましたが、法事など身近な者たち小規模で行われるときは
大体自宅と云う事も案外ある様なのです。
そして、たまに田舎の方では未だ、座布団のお寺もあるのです

近頃、長時間の正座はかなりきつくなり、膝関節がすぐ伸びず
見苦しい立ちあがりになってしまいました
そこで、腰の下に椅子を入れ膝を完全に曲げないようにする事で
立ちあがりがスムースにいくようなのです。

そんなとき、赤いチェックのカバーが掛った腰椅子のあった事を
思い出し物入れの奥から引っ張り出してみました、
早速、有り合わせの黒で不祝儀用の携帯椅子に変身させました。

持ち歩きやすい様、共布で袋も縫い、濃いグリーンで裏と
ポケットも付けました。  此れでイザ・・・と云う時でも、
サッと持って出られる用意・・・OK!!

でも・・此れはあまり使いたくないと云うか、
使う機会のない様にと願っておりますけど・・・・。


DSC05376.jpg


DSC05373.jpg

ミシンの使いついでに、廃物利用のエプロンも・・・・。

東南アジアからのお土産だったか、蝋けつ染めのワンピースで
油絵用の足首まであるロングエプロンが2枚も出来ました。
油絵を描くとき、衣服を汚さないよう足首まであるエプロンを
使ってますが、そんな長いのは市販されていません

其れが、今回2枚も出来てしまいました。
紐を別布にしたことで、前と後ろの分です。ポケットは
両脇についてましたので、右側に一個ずつ分けました。

綿なのでモッタリして皺になるのがチョッと気になりますが
夏になったら案外涼しく重宝することと思います。


生活・クラシックミシン
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター