カレル橋は相変わらず沢山の観光客で賑わっていました。

今回はちょっと視点を変え橋の下側からみたところです

カレル橋の下
プラハ・カレル橋周辺        水彩画

此処当分の間はプラハの思い出を描くことになりそうです
忘れないうち、記憶の定かなうちにできるだけ描いておかないと
現場に立った時の感動や空気の感じが消えてしまうのです

今回は初日に訪れましたが、橋の上は相変わらず沢山の
観光客と、自分の作品を売るアーチストで大賑わいでした。

余り観光客のいない橋の下付近も、チョッと珍しいかも~
何だか描いてみたくなって・・・・。

            写生、男1
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター