プラハ、あれこれスナップ

プラハの写真もそろそろ最後とします
余り正確でない歩数計ではありますが、大体18.000歩程を
毎日カウントしていたので、下らん写真を入れると際限なし・・・
整理もまだ儘ならないうちに、前後・関連などメチャメチャなるまま
UPしてしまいましたけど・・・それも今日で終わりとして、
明日からは又、従来に戻りたいと思ってます

4-5,85

プラハは、「百塔の街」と云われるだけあって、何処からでも
塔の屋根が見える感じ

12

あちらでも此方でも売っていたこの地方の名物らしい・・・。
名前を聞いたが、忘れてしまい残念

パン生地を紐のように伸ばし、太い金属芯にくるくる巻いて
炭火で焼き、芯からはずしたら筒の様になったスナックで、
店によっては、粉砂糖やチョコをトッピングしたり、プレーン
だけを売っていたり・・・若者はずいぶん此れを食べ歩きしていた。

27

大きなデパートで見た現代アートなんだろう・・・椅子

32

歩道から丸見えの店内では、水槽に足を入れ沢山の小魚に
足の角質等を食べさせている風景が見られた。
ドクターフイッシュとか言って日本でも紹介され、其の手の店舗も
有るらしいが、実際に見るのは初めて・・・。勇気あるな~

62

年配ばかりのグループも味があって・・・。いいな~
平均年齢70歳位とみたが、西洋人の年齢は今一つ判らない
もう少し若いのかも・・・。
でも渋くて良いムード・・・ガンババが歳になったから
そう感じるのだとは思うけど~

帰途1

オペラの帰りに見た広告人間。何の宣伝をしてるんだろう???

64

カンパ島と、カレル橋付近のチョッとした風景だが、何故か素通り
出来ない感じの空気があった佇まい。

プラハ

此れこそ有名な「黄金の小道」
有名な割にどうってことない小さな店の並ぶ露地・・・
其の昔、錬金術師たちが住んでいたことで、其の名前があるようで
な~んだと、思ったのは失礼かな・・・・?
青い壁のところは、当時カフカが住んでいたと云う事だったけど・・・。

追悼ウオールアート2

カンパ島小地区に有る「ジョン・レノン」の追悼ウオルアートの塀

其れは見事に隙間のないほど一杯の落書き・・・
日本字での落書きをを探してみたが何処にも見当たらなかった。
ガンババも、せめて、一言・一字でも今日の記念に書いて、
ジョンレノンに捧げてきたかったが、生憎ボールペンの
持ち合わせしかなく、太いフエルトペンの無いのが残念だった。

塀のまえは、世界から集まるフアンや観光客で黒山の人だかりと、
混雑だったが、偶々潮の引くように誰もいなくなる瞬間だあり、
其の時こそ描いたり写したりするベストチャンスだといえよう。


でも…誰が最初の落書きを描いたのかな~
塀の持ち主の大家さん・・・迷惑!!だって怒らないんだな~
    太っ腹!!~~

追悼ウオールアート3

追悼ウオルアート①


旅・地球飛行機
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター