3月3日・・・桃の節句のひな祭り

立ち雛         水彩画

立ち雛人形

寒い寒いと云ってるうちに今日は早、桃の節句です

ひな人形を飾って、スーパーの菱餅・あられなどで、
ささやかなひな祭りでしょうか・・・。

古くは中国から来たらしい此の弥生の節句とは
一年中の季節の節目に身の汚れとか、多々の災難から
逃れるために祓われる行事である五節句の中の一つとか聞いてます

①、人日の節句・・・新年の七草(七種の節句の略で七草粥の日)
②、上巳の節句・・・桃の節句(古代朝廷では曲水の宴が行われた)
③、端午の節句・・・端午の節句(邪気を祓うため菖蒲や蓬を軒にさす)
④、七夕の節句・・・七夕祭り(銀河祭ともいわれ星を祭る行事)
⑤、重陽の節句・・・菊の節句(宮中では奈良時代より観菊の宴)

この様な意味の深~い行事も、現代生活ではだんだん薄れて、
3月3日にはひな祭りケーキを買うだけだったり、5月5日は子供の日、
大型休日のせいも有り家族そろって行楽旅行とか・・・。
其れはそれで楽しく意味のあることですが、だんだんと
日本古来の風習が消えてしまうのは、良いことかな~なんて思い
勿体ない感じがするのは、老婆心でしょうか・・・

そういえば、最近のひな人形も随分様変わりしたようで、
先日デパートで、猫の内裏様や、ウサギのお雛様をみました。
勿論豪勢な七段飾りも沢山売られてましたが・・・・

因みに、ひな壇の毛氊は何故赤いのでしょうか?
それは、血の色を意味し神社の鳥居が赤いのと同じことに
魔よけの意味があると云う事らしいですが、あられ・菱餅や、
其の桃色・白・草色・にしても、全部意味があるようです。

              

今日の水彩は何年か前に描いた立ち雛ですが、
立ち雛に牛車とか、タンスとかのお道具類の付いたのは
ないようです。それは、内裏さまが散歩中を模したものなので
基本的に付属品は何もないそうです。
其のうち、犬でも連れた立ち雛が現れるかもよ~

◎水仙
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター