「インカ帝国のシカン展」見てきました

ペルーの北海岸。
インカ帝国滅亡より500年も前に栄えた黄金の都
「パタングランデ」より発掘された黄金の埋葬品展!!

シカン展

1978年から調査にあたったイリノイ大学教授で
島田泉・考古学者は従来インカのものと考えられてきた
金製品はこの地にルーツがあると確信し発掘をはじめた。
その結果、この地の支配者と思われる男性遺体や
1,2tに及ぶ黄金製品や副葬品が発見され、世界的に
話題になったという事です。
「シカン文化」と云うのは、それを発見した教授が
先住民の言葉で「月の神殿」と云う意味で名付けたと、
会場にパネルや、映像で詳しく説明がありました。

名称未設定-2

名称未設定-1


ついでに…と云っては申し訳ないようですが
コレクションギャラリーの方も見てきました
此処は、65歳以上が無料になってました。

顔を見たら65歳など遥か昔のことと判りそうなのに
証明になるものを・・・と、形式通りのことを
云われてしまい、「ハテ~何もないし困ったわ・・・」
窮余の一策・・地下鉄の敬老カードを見せOK通過 

でも全然・・・魅力ある作品はなく、いつもと同じような
見あきた作品ばかりでがっかりでした。
そのせいか知れませんが、広い場内は誰ひとりの
鑑賞者も有りません。ひっそりガラ~ンとしてました。
角々の椅子に掛けてる女性係員が、眠くならないかと
気の毒見たい常設展会場でした。

名称未設定-4









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター