これは感動の一冊でした

今回、友人からお借りして読んだ本です

友人が読み、とても良かったからと回してくれた一冊でした
余り馴染みのない作者ですから、軽い期待で読んだのですが
中味はかなり重たい内容で、息苦しくなりそうなうえ
筋の展開が通常通りとはいかない構成なのです。

だいぶ老化した記憶力を駆使しながら筋をつなげて読み進むうち
14年間、無償の献身を続けた理由などがボツボツ出てくるのです。
とにかくすごい内容で、久しぶりに衝撃の一冊でした。

読み終わったときはもう・・・感動の涙が止まりませんでした




本、dokusho008
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もこの本は久しぶりに永久保存にしたくなりました。
こう言う生き方もあるのだと、そして最後に報われる感動、素晴らしい本に出合いました。

感動の一冊

からんさま
最近は本を読んで涙が流れる…なんてことは
忘れていましたが、この本はそんな無感動になった
頭をタップリ刺激してくれました。
この本に出合えたこと感謝してます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター