月遅れ 啓蟄のころ
一般的、春の先駆け啓蟄のころは、新暦で言えば3月5日頃と
なってますが、北の国では野山の雪が融け林の下雪が
融けるのは4月の末か、5月初めでしょうか・・・。

その様なことから、土の中で冬ごもりしていた色々な
虫たちが春を感じて、穴から這い出して来るといわれる
啓蟄のころは、まだもう少し先の事でしょうか
土の中の虫たちも、今か今かと温かくなる日を
待ち焦がれていることでしょう・・・。
私達と同じように~

啓蟄の公園
         啓蟄のころの百合が原公園   水彩画

季節になると此のあたりは、ムスカリやチューリップで一杯になり
其れは見事な風景ですが、まだまだ殺風で春は遠いようです。


            春、keichitsu004

関連記事
【2017/04/15 08:02 】
水彩、油絵 | コメント(0)
<<ガマ口作り | ホーム | 戻り雪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |