先日、友人が貸してくれた本です
意外に面白いし、厚田村周辺の事も良く判るから
読んでごらんと云って貸してくれました

1978年発行の少し古い本ですが、本当に惹かれるものがあり
一気に読んでしまいました。
小樽・函館。室蘭・樺太を舞台に、素朴で誇り高く必死で生きた
明治末期の女性一代記ですが、その背景になる歴史的事実とか
政治的背景など、文章の表現力の高さから容易に理解できて
心に残る本の一冊になりました。

松山善三と云えば、高峰秀子のご主人で映画監督だと思ってましたが
映画監督と云う仕事は、こんな良い小説も書けるのだと知りました。

そしてこの本の装丁は高峰秀子で、題字は何と・・梅原龍三郎だって!




本、dokusho008
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター