今年も自宅になったと云う柿を送ってくれました
遠い九州のメル友さんから遥々届いたのです。

去年は気象の関係で表面に少し傷が付いていましたが
今年は綺麗な状態で然も大きく立派な特急品です。

それが其のお宅の庭に有る柿の木から、とれると云うの
ですから驚きです。

綺麗な色の柿を手にして思い浮かぶのは・・・・
今年もスッカリ葉が落ち寒そうになった木に強烈な色の
ツヤツヤしい柿が沢山・・・と、想像しただけでその美しさが、
かって九州旅行の時に見た晩秋の思い出と重なって懐かしく、
美味しさも倍増の味となります。

柿と一緒にカボスも沢山入ってました
カボスはどんな状態で生るのか見たことはありませんが
柿やカボスの木がある、お宅なんて羨ましい限りです

此れから寒くなり鍋物の季節になるので、重宝に美味しく
使わせてもらえるかと、此れも大いに感謝です。



ネットのおかげで日本も狭くなったというか、交友関係が
広がったというか、楽しい時代になりました。


                       秋3
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

私の広島の友人宅で初めて柿がなっているのを見た時には感動しました。
今年は猿に大方食べられ、干し柿は熊に食べられて、こちらまで回ってきませんでした。
広島で熊が出るなんて信じられませんでした、新聞社も動物園からも視察に来たそうです。

freesiaさま
熊は北海道の専売特許かと思ってましたが
広島なんて意外ですね~。
柿はリンゴと違い葉の茂りがないので目立ちますから、
旅行で初めて目にしたときは本当に感動ですよね~
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター