始めて行った本屋さん
そのお店は初めてでした
車でないと行けないようなので、行く機会がありませんでしたが
今回初めて行き、その大きいことにビックリでした

本だけではなくとても洒落た雑貨が沢山、本棚と同列に
デスプレイされ、それを見るだけでも楽しくなる感じです。

急に行ったので何の本を買うか思い付きません・・・
高田郁の新しいのが出ていたら…と思いましたが、
郁だけが記憶にあり、高田が度忘れして思い出せず
其の上、辻仁成も度忘れですし・・・
こうなったら、何でもいいやって感じで、次の3冊買いました。

本当は、池井戸潤の陸王を買いたかったのですが、
まだ文庫本はなく、かなり厚いハードカバーなので、
専ら電車内で見るのには重すぎて買えなかったのです。

何時もは読みたい本を手帳に控えてあるのですが
車と云う事で、小さなバックに取り換えて乗ったので
手帳がないことに気が付かなかったのが、失敗でした

東野圭吾のものは、大体読んでいる位のファンですから、
大丈夫ですが、望月諒子というのは初めてなので不安でしたが
日本ミステリー大賞の受賞作と云う事を信用した感じで
買ってみたのですが・・・

ツタヤ。10月


                   本、okusho010
関連記事
【2016/10/17 23:42 】
身辺日記 | コメント(0)
<<思いがけないラッキーが・・・ | ホーム | マルメロが気に沢山ぶら下がってました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |