所変われば・・・初めての味
見るのも食べるのも、この齢になって初めてでした

それは島根県のメル友さんが送ってくれたペロリンというものです。
ラベルには肥前豆腐と、印刷されていましたが、おおよそ豆腐とは
印象が随分違った感じでした。
何より甘いのにはびっくりで、ババロアの様なデザートの感じでした。
でも、成分表を見たところでは糖分は全然入ってないのです
胡麻をタップリ使ってあるとの事ですから、ゴマの甘味なんでしょうか・・・。

直火で丹念に煎り、きめ細やかにお口の中でトロリととろけるように
練り上げた・・・のが特徴らしくその時点で甘さが出てくるのかも・・・。
とにかくペロンペロンしてても腰が強くて、濃厚なゴマの風味です
添付の説明紙通りポン酢で頂きましたが、晩酌のお供にも最適かな
なんて、下戸ながら思ったものです。
この会社では、ペロリンのほかクロリン・シロリン・プルリン・ペロンと
言うのも製造してるらしいですが、思い切ったネーミングなので
一度聴いたら印象に残り命名正解ですね・・・。

20160831_104714120_iOS_convert_20160907120351.jpg


このほか色々な魚介のてんぷらも入ってましたが、似たようなものは
此方にもあり味の予想は大体わかる感じです
でも全体的に赤く見えるほどナンバンが入って辛いように
おもいましたが、南の土地でも極辛好きはいるのですね~
辛味好きは北国に多いとは聞いていましたが・・・・。

最近はすべて流通革命のおかげで、味覚のほうも
全国平均になって来たのでしょうか。

それにしてもペロリン・・・は珍しかったです。

20160831_104341785_iOS_convert_20160907120525.jpg


            ゆうびん
関連記事
【2016/09/23 07:47 】
食の色々 | コメント(0)
<<朝夕は肌寒い気温となりました | ホーム | 敬老の日が終わって・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |