月イチ歌舞伎。今年の2回目でした。

今年度の2回目となる月イチ歌舞伎は
  「 野田版 研辰の討たれ」

野田秀樹の脚本・演出
主演が、中村勘三郎・坂東三津五郎・市川染五郎・中村勘九郎

と、いう顔ぶれの笑いと涙のエンターテインメントでした。

これは、平成17年5月に歌舞伎座で上演されたもので、
その後、
中村勘三郎は、(2012)平成24年12月に50歳代で亡くなり、また、
坂東三津五郎も、(2015)平成27年2月に50歳代で
なくなってしまいましたので、貴重な映像といえるでしょう

シネガブ7月、1

野田秀樹演出は少々ドタバタかな~と、敬遠もしてましたが
それ程のことも無く、思わず笑いを噛みころしてみたり
ほろりと胸につきあがるシーンもあったりで良かったです。

それにしても、今回の勘三郎による絶妙な演技力を見るにつけ
惜しい役者の早過ぎる人生の終わりに再度胸が痛みました。


                  歌舞伎3



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に惜しい役者さん達でしたね。
まだ20年は歌舞伎界を背負って欲しかったですね。
息子さん達が立派に後を継いでいるのが、嬉しいですね。

長生きしてほしかったです

freesiaさま
勘三郎の芝居を見るたびに惜しい役者さんだったと実に残念です。
本人はどんなに残念で悔しかったでしょうね。
8月上映のシネカブ、牡丹灯籠はパスします
9月の分は去年見たので、今度は10月のワンピースまで
私達はお休みということなのです。

No title

私もワンピース楽しみにしています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター