初めてのピーチ航空で東京へ②

二日目は渋谷の道玄坂方面のbunkamuraザ・ミュージアムまで
出掛けてきました。
歌川国貞・国芳の浮世絵展を見るのも今回の目的の一つでもありました

ボストン美術館に大量コレクションされているのは世界的に
有名なことですが、かって旅行の折になど、ボストン美術館見学も
ありましたが与えられた時間では、広い館内のなかから
お目当ての油絵作品を見つけ、やや堪能するまで見入って
いるだけで、時間切れとなり当時、興味の薄かったと思う浮世絵の
展示室には近付くことさえしなかったような気がします。

兎に角、今回は170点余りの展示ですし、豪快で大胆な構図の
国芳と、粋で繊細な美人画や役者絵で一世を風靡した国貞が、
同時に見られるんですから、こんな機会はめったに有りません。

ぞろぞろと作品の前を進む鑑賞者の列には入らず、列の外から
気に入ったものはユックリ、なが~く隅から隅を納得するまで
見ることができ本当に嬉しい時を過ごすことができました。

作品は写せませんのでパンフのカットですが・・・。

東1


東2


東8


東9


東⑩


東11

東12


会場を出た後、別のフロアーにあるギャラリーでは、
現代浮世絵展とか、銅板作家のグラハム・クラーク展が
開催されており、此れまた興味ある素敵な作品ばかりでした。

今日は朝から好きな絵や、感動の絵を沢山見ることができ
幸福な満足感で一杯な気持ちになりました。
今なら、どんな無理を云われても、「いいよ、いいよ」と、
許せるかと思うくらい優しく寛大になった気がしてました。

浮世絵ってこんなに心に響くものだと知りませんでしたが
これも齢を重ねたことで感じることなのかな~

22nekotabi.jpg





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

展覧会

若冲展とシルクドは残念でしたが、その分他の展覧会で楽しまれて良かったですね。
本当にシルクドは次回が楽しみとは言えませんね。私も残念でした。

いいですね~

感動、幸福な満足感・・・この気持ちがガンババさんを素敵にするのだなあとしみじみ感じました。
こちらまで幸せな気分になれましたよ。

本命以外で満足しましたが・・・

freesiaさま
期待していただけにシルクドは残念でした。
見慣れたから・・・だけではないと思いますから、
次回は諦めました。

本物は遥か昔のものでも感動しますね~

無記名さま
今回の歌川国芳のダイナミックな表現にはすっかり感動しました。
目的は若冲の細密な筆さばきに感動する筈でしたのに、
意外な結果になりましたが、両方ともに大きく感動してたら
身が持たなかったかも・・・(笑)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター