最近、意外に面白かった本

先日、友人からお借りして此の2冊を読みました

松本清張賞を受賞しているので、ミステリーな内容
だとは思うものの、ファンタジーとも書いてあるし、
表紙の劇画調なイラストをみて何だか読むのにも
気が入らない感じでよみはじめました。



処が・・・ところが、読み進むうち、平安時代を舞台にしたと思う
内容は、昔読んだ源氏物語迄思い出してしまう雅なところがあるかと思えば
人間の代わりに、八咫烏一族の世界であり、烏に変身したり、空を飛んだり・・・。

又、朝廷で権力争いする四大貴族の娘達が、妃選びのため豪華な宮殿での生活。
日嗣の皇子になった若宮と、廃嫡された兄宮とに使える者たちの勢力争い。
若宮に使えることになった少年の成長物語などが、一巻、二巻を関連しながら
丹念に調べられた歴史や時代考証と共に、進行するその小説は
若い学生作家の筆とは全然思えないほど確かなものにも驚き
久し振りに充実した内容の本を読んだ感じで満足しました。

此のあと3巻四巻と続くらしいので、楽しみなことです


本、dokusho008

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

同感です

私もまったく同じ入りでした。本屋でこのイラストに惹かれたのですが、私はこういう本はあまり読まないので通り過ぎること数回、ところが最後にレジに並ぶとき、この本を持っていたのです。

読み始めるともう夢中になりました。
20歳の小娘がここまで書けるか・・・と思いながら傾倒してゆく自分が楽しかったです。また続きが手に入りましたら、私も楽しみにしています。単行本を買う勇気がなくて(*´ω`*)

一気に読んでしまいました。

さつきさま
有り難うございました。昨日(20日)午前中に、返送しましたので
明日あたりつくと思います。20歳くらいで、あのように濃い文章を
書けると云う事は、このまま書き続け、其れなりの年齢になった成熟期には、
どんな作品を発表するかと楽しみな半分怖いような気さえします。
残念ながら、見届けることはできませんけど・・・。
発送した後で帰宅した娘に、読んでから見せてほしいわ~と、
言っておいたのに~って云われてしまいました。全然忘れて、1週間も
次の読みたい人待ちしてたのに、とんだ呆けでした。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター