今年の此方は雪が少ない様です
今年は珍しく雪の少ない冬と云えそうです。
とは云うものの未だ1月ですから、
脅威の2月が過ぎるまで楽観はできませんが
兎に角毎年のことを思うと、殆んど無いと云えそうなうえ
太陽の出ている明るい日も多い様です。

今年もまた春を先取りしたくて、最も春らしい
ピンクのヒヤシンス球根を一鉢買ってきました。

早く咲きすぎるのを避け、余り陽の当らない窓辺に置いた
ヒヤシンスは、先週から咲き始め、その周辺全体を
春の可愛いカラーと、春の香りをまき散らしてくれます。

この咲き具合は1週間ほど前ですが・・・。
3この株から出た3本の芽はスッキリ立ち新鮮な緑とピンクで
早春を充分感じさせてくれ、見ているだけでウキウキします。

ヒヤシンス1


ところが・・・↓↓ 5~6日でこんなことに・・・

南向きではないんですが、窓からの光線は
ヤッパリ明るくて暖かくて、暮れのものとはだいぶ違うようです。
未だ1月なのに緑の成長はだいぶ早くなった感じも・・・
他の植物も、気のせいか緑がさえてきたようにも見えてます

そして何より、夜明けが随分早くなったことに気づきました。
自然はもう春に向かって着実に前進してるのですね。

ヒヤシンス2

この様に花の様子は大分乱れましたが、それぞれに脇から
一本づつ新芽が出て、3株の3本立てが6本になるところです。

脇芽は除いた方が良いのかもしれませんが、自然に任せて
賑やかな子孫が増えていく方を選択しましたら、スッキリしてた
花の容姿もボワ~ンと緩み、横に広がったようにしまりなく
なってしまいました。    ヤッパリ花も何処ぞの誰かと
同じように子孫を増やすとこんな事になんですかね~。



さる2
関連記事
【2016/01/15 14:23 】
札幌周辺・季節の便り | コメント(0)
<<十勝の雪原 | ホーム | 今年最初の新年会>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |