北海道大学の第二農場にある大木の写生

歴史の古い北海道大学の構内には、其の歴史を著わすような
貫禄ある大樹がとても多く、それらが暑い夏の日ざかりのときでも
心地よい日陰を提供してくれたので、楽しく筆を運ぶことができました。

北大400
    北大第二農場             水彩画

10月ともなると、夏の盛りも過ぎ、高所から既に始まっている
紅葉は、下所でもボチボチ色付きはじめました。

まもなく、北大名所の銀杏並木が黄金色になる頃には、
構内の沢山の木も紅葉・・・やがて、殆んどの木は落葉が始まり、
広い広い芝生は、沢山の落ち葉で埋め尽くされる事でしょう。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター