これは感動の一冊でした
今回、友人からお借りして読んだ本です

友人が読み、とても良かったからと回してくれた一冊でした
余り馴染みのない作者ですから、軽い期待で読んだのですが
中味はかなり重たい内容で、息苦しくなりそうなうえ
筋の展開が通常通りとはいかない構成なのです。

だいぶ老化した記憶力を駆使しながら筋をつなげて読み進むうち
14年間、無償の献身を続けた理由などがボツボツ出てくるのです。
とにかくすごい内容で、久しぶりに衝撃の一冊でした。

読み終わったときはもう・・・感動の涙が止まりませんでした




本、dokusho008
【2017/05/09 07:19 】
身辺日記 | コメント(2)
| ホーム |