2泊3日。大忙しの東京でした(1)

何日か前、雨の予報も有りましたが昨日はとりあえず
晴れの予報が出ましたので、それを信じて雨具の用意は
せずに出掛けましたが、お昼ころ着いた東京はラッキー
着こんだせーターに汗するほど陽が出ていました。



先ずは上野までの電車に乗って博物館直行です



9月に始まったこのブルガリ展
既に後半なので一段落してると思いきや、まだまだ
大混雑でビックリしてしまいました。

fc2blog_20151129183132e2d.jpg

会場内も人垣ができているのでジックリ見る余裕はないけど
人波の流れに沿って、まばゆい光に目にも正月を与えました。

ダイヤは勿論、サファイヤとかエメラルド・ルビーなど
余りに大きかったり沢山ありすぎて、頭もクラクラ・・の感じ。

首にカバーでもしたような幅広の首飾りなどには、ビッチリの
宝石がはめられて・・・重くて暑くて汗も拭けずに地獄のような
大変さだったのでは・・・なんて、妙な所に同情したりして・・・。

もう二度と見ることはできないかと思う程の凄いアクセサリーと
云うより宝物と云ったほうが良いのかもしれないものを、この様に
マジかに見られたのは本当にラッキーだと思ったりしてました。

あのエメラルドの深い色にタップリ目の保養も出来たし又、
想像外のリッチな別世界を覗いたような感じもして、思いのほか
快い疲れを覚えながら会場を後にしたのです。

ブルガリ展を出た時は5時も回り公園内は昼の混雑が嘘みたいに
静かな夕暮れになっていましたが、枯れ葉の黄色が、赤が・・
薄暮の道を明るくしてくれ秋の深さをしみじみ感じられる風情に、
又また胸いっぱいの幸せを噛みしめながら上野駅に向かいました。



次の日の午前中は、目黒まで行き雅叙園です
今回の東京に来た目的の一つです
章乃の織作品が100段階段の展示会に出ているので
其れを見がてら、雅叙園の見学という目的なのです

fc2blog_201511291830230da.jpg

この続きはまた明日に・・・







今日は東京からです

昨日 、26日に東京まで来ました。
2~3日いるのでこれは、東京のホテルから
スマホで発信です











午後東京に着き其れから、ブルガリ展を見たりして歩数計は12,800歩にもなっててビックリでした
明日はもっと忙しく歩くので、お風呂の後は
ペタペタ一杯シップ貼って早寝をする事にします。



雪にもめげず

昨夜、寝静まった頃の深夜にでも降ったのでしょう今朝カーテンを開けると
一面の銀世界…
とうとう、来るべきものが来たのか~今日はお出かけの日なのに~~

一晩のうちに20センチ以上降ったのかな…それでもまだ足りないらしく
ガンガンと、と言うか深々と降り続き見る見るうち更に積もってくる。
あまり急激に積もったせいでマンション周りのロードヒーティングも
間に合わないと見え、30センチも足がぬかるほどのシャーベット状態。




歩いて4~5分の地下鉄駅まで、滑らぬよう転ばぬようにと細心の注意で
そろそろ歩く。やがて雪が落ち着き道が固まるまで、案外危険でもあるし
今年初めての滑り止め付き雪靴にも、未だ慣れていないので…。



約束の時間、予約してあった時間には全員集合‼︎同年配の四人はそれぞれに
かぶるは巻くわの完全武装で、お互いの凄まじい様子にみんなで大笑いした。
きっと誰かの心がけが悪かったから急に降ったんだろうね~なんて、
ワイワイ言いながら、小上がりの個室に案内される。



此処では、すすきの店独特の限定ランチを頼むのが定番なのだが、
寿司ネタを好みで決めるため、そこでペンを片手に1思案…



久しぶりだったタチのネタ美味しかった~~
サラダの器が前よりだいぶ小さくなっていたし、魚の汁椀も
ごく普通のものが出てきたので、もので値上がりしたか~と
思いながらよく喋り、よく笑い、出されたものは完食し
楽しく 賑やかな二時間余りを過ごしました。

その後は最寄りの店でお茶しながら二次会。
夕がた帰途するころも、弱めながらも未だ降っていました。




先住民族の酋長かな?

今日は勤労感謝の日で昨日の日曜に続いての休日となり
土曜から休みの場合は3連休・・・。
今年最後の連休は雪も降らず、まあまあの御天気・・・
家の周りなど、今年最後の片付けが存分にできたり
予定外のゴルフを楽しまれたグループも有ることでしょう

この調子で一日でも遅く来てほしい雪なので近頃は
毎朝カーテンを開けるたびにドキドキしながら、
外を見るようになっています。
夜半から降り始めた雪で朝には一面の銀世界…なんて云う
年も今まで何度かありましたので・・・・。

・托シ先怦縲ゑシ茨シ難シ抵シ牙・菴乗ー第酪_convert_20151110181040
先住民族    水彩画

クロスホテルのランチ

久しぶりでクロスホテルのランチです

ホテルのランチ・・・と云えばチョットリッチに聞こえますが
何と此処は、1.000円なのです
でも結構満腹にもなりますし、ユックリする事も出来ます
ただし、コーヒーとか紅茶とか飲み物は200円です。
まあ仕方ないと思いデザートの時オーダーしますが、
1200円と思えば、まあまあでしょうか。


サラダが結構大きい器に入ってきます
濃厚なスープとオードブルが一緒です


メインのパスタは3種類の中から選びます
きのこメインをオーダーする友人もいましたが
私は南瓜やベーコンや野菜のクリーム和えにしました
きのこのケチャップとか、鶏肉の何とかはスパゲッテーの
パスタでしたが、南瓜の・・・は、7ミリほどの平麺でした
量も結構あり、お味も満足できました



最後のデザートです
糖分控えめにしている私にはちょうどいい量でしょうか
これに追加したダージリンの紅茶にレモンを入れて
今日も満腹満足できた幸せの一日でした。

此処はクロスホテルの2階ですが、もう少しボリュームを・・・と
思えば、もう一階上では、メイン以外はバイキングと云うのも
あり、其の日の気分と云うか懐中具合によって
選ぶのもまた楽しみかもしれません。



今日は道立近代美術館まで

友人6人で近代美術館に集まりました

11月14日から11月23日まで開催中の
「道展90周年記念企画展」
   ~地域が支える道展、そして未来~
と云う企画展を見るためです

北海道美術協会・・・・いわゆる「道展」ができてから
90年と云う今年を記念して、会員,会友による特別展が
開かれているからなんです。

今日はお天気も良く気温も16度くらいありそうです
去年の14日は30センチ余りも積もった初雪に
ビックリした日でもありましたが、今年は何と有難いことか・・。



初日の午前中・・・と云う事のせいか、パラパラ状態で
未だ余り混んでいない会場をユックリ、ユックリ、と
時間をかけ、みて回りました。

今月の初めに、定期の道展が終わったばかりなので
またまたの出品は大変なことだったと思います。
新規に描いての出品も有るでしょうが、大体は
以前の作品が多かったように思いましたが
それでも、100号、200号の大作が殆んどでしたから
重ねての展覧会は大変な事だったと思いました

お昼近く、ボツボツロビーにも入場者の姿が増えてきました
この調子なら午後にかけて混んでくるのでしょう
今日は、早めに来たのでユックリ回れてよかったわ~

fc2blog_201511171800538bd.jpg

fc2blog_20151117175954436.jpg

美術館の広い前庭は落ち葉で敷き詰められ綺麗な絨毯のようでした

夏はグリーンの絨毯、秋は赤っぽい落ち葉色の絨毯、冬は真白い絨毯
四季ごとにすっかり色が変わり、美しい様相を見せてくれるので
少し遠くても此処に来るのは、とても楽しみです。





>

居ながらにして各地の物が

今年は近年にないくらい旅行らしい旅行の機会がなかった1年の様です。
加齢と共にだんだんこの様な状態が多くなるのでしょうね

でも、其の代わりと云うか・・・若い知人や娘の友人から
各地の味が色々届けられますので、其の昔訪れた時のことなど
思い出しながら懐かしい味を楽しんでいます



昔は有りませんでしたが、現在の博多で有名なポッキーとのことです
店頭は何時も此れを買う人で行列と云う事で、暫く並んでから
買う事が出来たそうです

さすがにバターがタップリ感で従来のものとは全然違うコクのある美味しさ



これは名古屋方面から頂いたラスクですがバームクーヘンを乾燥して
ラスクにした感じで、「魔法のクーヘンラスク」と云うネーミングです。
下は鶴の子饅頭と云うか、白あんの焼きまんじゅうに、ホワイトチョコを
かぶせたもので、まあまあという感じで、どちらも若い人好みかと思いました。



これもバームクーヘンですが、知る人ぞ知る・・「近江八幡たねや」のなんです。

2~3年前、近江地方の周辺を旅行した時、八幡さまにも参拝し
たねやの本店にもよりましたが、丁度大阪方面から、バームクーヘンを
買うための団体バスが2台も到着したのです。
元気のいい小母ちゃん達が店頭に長い行列を作ったのを見て、
その後ろに並ぶ元気もなくなり、すごすごとお堀の方に向かったのです
だって・・・バスの団体さん、買うのが目的だけあって、大きなのを
3個も4個も買ってるんですから・・・並んだ結果売り切れ!なんて厭だし~。
なんたって、今で云う爆買いですもね。
帰途のバス内は凄いことだったろうな~と、今は遠く懐かしい思い出です



京都のお土産で初めてのものです、大体は「八橋」とか
「おたべ」の餡入りが定番でしたが、これは有ることも
知りませんでした
初めての味は、お濃茶のタップリ入った、グリーンの色も深く濃い
香りも味も濃厚そのものでした。
このほか黒糖、柚子、黒豆きな粉、白ゴマなども有るようなので、
機会があったら黒糖か柚子も試食してみたい様な気もします。



両面を保護してあった桐の薄板を止めてあったゴム輪ですが
外すとこんな形になりました。
もうすでに出回っているのかも知れませんが私は初めて・・・。
文房具・雑貨好き・・・としては、チョット嬉しかったです。



これはそう珍しいものではありませんが
フルーツパーラー高野の紅茶と、台湾からのウーロン茶
ちょうど前後して頂いたのでUPしてみました。

さぁ~て、紅茶を入れたらどれから頂こうかな~


foods_0132.gif





糖分控えめもチョットお預けです

加齢と共に糖分も気をつけた方がいいようなので
最近は、飴とチョコレートは出来る限り自粛です。

そしてその分は果物に回し、果物を思う存分食べたいな~
なんて思ってますが、「果物は果糖だから飴やチョコの
2倍も糖分が強いんだって~」などと、何処から仕入れた
ネタか判らないこと云って、飴やチョコを勧めてくれる
友人もいますが、飴はもう2年位も口に入れないで来ました。

それなのに、それなのに・・・コーヒーゼリーなら大丈夫と思い
オーダーしたら、てんこ盛りにクリームが・・・



クリームだけを退けて食べるのは、ワザとらしくて出来ないし・・・
まあ・・・いいっか・・・糖尿とかではないんだし、柿の2個も
食べなきゃ同じこと・・・

それに、似たような年齢なのに一人だけ、したり顔して残すのは
いくら古い付き合いとはいえ、しらけるよな~

    美味しいことは良いことだ

そうだよね~そんな言葉も思い出し、うれしい気持ちで完食で~す。







親の代からあった帯でしたが…

親の代から実家にあり祖母のものだったのかな~等と
思っていた帯が、過日我が家に廻ってきました。
打ち込みの凄く良い織の帯ですが、
幅が26センチしかありません



マチを付けたりポケットを沢山つけて少しでも
使い勝手を良くしたいと固い布に七難八苦!!



家庭用電気ミシンでは力が足りず、4枚も重なると
ブ~ンと云って止まってしまいます。
ひと針、ひと針上げたり下げたりのスイッチを押しながら
縫うのですから、手間の割に綺麗な仕上がりにはならず
自分としては、とても不本意な完成度となってしまいました。

まあ・・ミシンの所為だと思い諦めて使う事にしました。



2個目のポケット蓋を廃物コートの革を利用することで
もう1個作れそうなので、少々布を倹約して2個目が完成です。

今は、ミシンも疲れ、手も少々疲れたので3個目は途中で休養中・・・

そして色も楽しい「もしか袋」を、ルンルン気分で量産中です。



もうクリスマスツリーが…

もう11月になったなあ~と思っているうち、
早々と10日も過ぎてしまいました。

思いがけない秋日和の1日もあるようですが、
冷たい雨の降り続く日もあり、そんな日は空気も冷たく
雪も近いかな~と、招かざる客の来訪に
息を潜める感じですが、未だ大丈夫なようでホッとしてます。

そんな思いの近ごろ、駅前のデパートに寄りましたら
もうクリスマスツリーが飾られていました。
未だ未だ先のように思ってますが、商業前線では
もうクリスマス準備に入っているのですね~

さすがに、ジングルベルの音楽は聞こえませんでしたが………。







此れも思い切っての断捨離かな?

其の昔書いた絵が出てきました

マンション入居の時、古い絵は全部始末したのですが
これは、自分が作った人形を描いた・・・と云う思い出も
あったから捨てなかったのかな~

丁度、米山人形が流行っていたころでしょうか・・・。
大きいのや小さいのや、メガネの老婆から幼児まで
何拾体と云うほど作っていた時の人形の一つを描いたものと
その後、ビスク人形風なアンチック人形に凝ったときに
作った人形を描いたりしたものだったからかな・・・。



ビスクドールの設備も技術もないので、肌色粘土で
顔や手足を作ったものです
目の場所をくりぬいて、眼の玉を入れるのですが、いくつ作っても
同じ顔には絶対なりませんでした。
其の時思ったものです。造詣の神様も人間の顔を作る時
これと同じで、一人として同じ顔の人がいないのかな~なんて・・・。

何しろ、地方なので習う先生なんていませんし、
したいと思えば、全てが独学で迷い悩み遠回りして自分で
見つけなければ出来上らないのです。
そんな大変な思いで作った人形を描いたので
キット捨てられず残してあったのでしょう・・・。
でも今回、其の画も映像だけ残し捨てることにしました。






こんな絵も有りました。友人達が作りたいと云うので
我が家に集まって、わいわい云いながら作ったときの
様子を描いたものです。
まだ、60代で目も耳も身体も元気いっぱいで、舅姑の介護から
解放され、夫も元気、子供も一人前となりで、一番気楽なとき
だったのかもしれません。

でも・・・思いきってぜ~んぶ捨てます。断捨離・・ネットで調べたら・・・
物への執着を捨てることが最大のコンセプトで、
必要のないものを捨てることで、本当に必要で価値あるものが
浮かび上がってくると云う事でした。





もしか袋に説明用紙が出来ました

お馴染…もしか袋の使用説明とでも云いましょうか・・・今更ですが・・・。

>

こんな調子の説明紙が始めて出来ました・・・いや、作りました!!
もっと早くに作ると良かったんですが、其の度に口で説明しては
お上げしてたんですね・・・。
でも今回、これを入れて透明な袋に入れたところ思いがけなく
グット品格が上がり貰った方も嬉しさ倍増の感じかも・・・というほどに。

でも・・・壱個だと納まりが悪いので、弐個にしてみたらピッタリと
納まる感じですから、弐個入れてからこの紙を入れてみました。

なんと、嬉しさ倍増だろうと思ったけど、数も倍増になっちゃった~。
又せっせと作らなくっちゃ-2個づつだと捗るわ~。











菊花展の季節になりました

今年も、文化の日を迎え各地で菊の品評会や菊人形展などが
随分盛り上がりを見せていることでしょう
此方もJR駅に通じる地下歩道空間では、例年のように
ズラリ両サイドに見事な菊がお目見えしていました



丹精込めたこれらの菊は、色と云い姿と云い其れは見事な
物ばかりで、製作者の努力と菊に対する愛情が窺い知れる
と云うような素晴らしい花ばかりです。




















この菊花展が過ぎると、グッと寒くなると云うのが例年の
倣いの様ですが今年もヤッパリ同じよに、寒くなるのでしょうかね~



水彩展も無事終了しました

水彩展も雨の日が1日もなく秋の好天のうちに終了しました

芸術の秋…のせいか大勢のお客様をお迎えして、
大層、賑わいのうちに終了する事ができました。



私は去年の暮れに教室を変えたばかりなので、未だ今年になって
10点あまりしか描き上がっていないのですが、取り敢えず
この2点を出品し、来てくださる友人の皆さまに忌憚ない
御批評を頂くことにしたのです







当番の日はお知らせしてあったので、沢山の友人や絵仲間が
来てくれました。そして思い思いの感想や批評など沢山
伺う事が出来ました。
不思議なもので殆んどが同じような感想やアドバイスなので
チョット驚きましたが、近ごろの薄まった記憶力の頭に
頂いた言葉をシッカリ叩き込んで、来年の展示会には
その成果を見て頂くのを励みに描けそうで、心が弾みます。

お出かけくださった皆さまには本当に感謝してます
有難うございました。












11月・・・今年も終わりに近付いてきました

いよいよ11月です。
月表カレンダーも残り一枚となりました。

11月の菊

愈々冬期間に突入の月でしょうか・・・
一般的には霜月ですが北国では雪月とでも云えるでしょうね。

先日、聞いたばかりですが11月1日は紅茶の日・…なそうです。

1983年に制定されているそうですが、其の1日となった由来は、
ロシアに漂流され漂流記などでお馴染の大国屋光太夫が、
1791年11月1日帰国の時に当時の女帝エカテリーナ2世から
紅茶が送られた事にちなんでと云うのです。
日本に紅茶が初輸入されたのが1880年代と云いますから
其のず~っと前の話なんですね。

その他をネットで調べてみたら、有るはあるは1日だけでも
なんと14件も有りました~ もう・・・・ビックリです。

計量記念日。 灯台記念日。 自衛隊記念日。 生命保険日。
野沢菜の日。 寿司の日。 焼酎の日。 沖縄泡盛の日。 
玄米茶の日。 川の恵みの日。 古典の日。 点字記念日。
犬の日。 といった具合で全部11月1日分です。

各く日には、それぞれにちなんだ理由がありますが 、
チョット笑うのが最後の犬の日です
短絡的と云うか簡単明瞭 ワンワンワンで、11月1日とは・・・

時間のある時、1年中の記念日を調べてみたら
ユニークなのも沢山あって面白いでしょうね~

最低に平均しても1日8件以上ありそうですけど、内輪に
365×8=と単純に計算しても2.900件余り・・・
ひや~そんな暇もありませんか~




カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター