10月も終わりますね~

10月・神無月もいよいよ今日で終わります。

出雲の方に集結されていた全国の神々様も、
今頃は、各地の神社にお帰りになったころでしょうか・・・。

木枯らしもますます強くなり雪の間近さを感じる
心淋しい10月末ではありますが、豊富で美味しい
果物の御蔭で嬉しい季節ともいえるでしょうか・・・。

柿
10月の柿とブドウ   (水彩画)

今年は柿が豊作と聞きましたが、気のせいか
スーパーでも例年より大きなスペースに大振りの柿が
山積みされている様に見えましたが、そうなんですね。

明日からは11月・・・霜月ともいい寒くなりますね~
風邪をひかないようにしましょう・・・。


今年最後の月イチ歌舞伎でした

今年は10月27日で月イチ歌舞伎は終わりです。

映画館では11月末が最後の「ヤマトタケル」が上映されますが、
昨年すでに上映のものですから2度も見る程でもなく
私達には此れが今年の最終回となったのでした。

最後は、勘三郎親子3人に、玉三郎、片岡仁左衛門などと、
豪華な顔触れで最後を締めてくれました。

歌舞伎2

パンフレットより

歌舞伎10月1

玉三郎の豪華絢爛といえる美しい花魁姿に対比した
勘三郎の顔中あばたで一杯の顔が可笑しく、
其のあばた顔した田舎の商人次郎左衛門が、おいらん道中で
たまたま目にした玉三郎の花魁に一目ぼれしてしまう
事から始まる明治時代の作品。

明治時代に有名な河竹黙阿弥の弟子だった河竹新七と云う
人の作品で、当時まだ江戸の記憶をたくさん残していた
明治の観客に大層受けた舞台と云われる。

表題の「籠釣瓶」とは、アバタの次郎三衛門の家に伝わる
妖刀の名前で、釣瓶と云うのは井戸から水を汲むための
桶みたいなものだが、其れが籠なら全然水が溜らない・・・
即ち・・・水もたまらぬほど良く切れる…と云う深~い意味の
名前を持った妖刀村正の話で、全八幕の内5.6.8.幕とか・・・。


歌舞伎3

入場のたびにスタンプを押してくれるが、今年は再上映が多く
6回しか来ることができなかった。
全作品10回の上映達成だと、歌舞伎関係の絵入り湯のみ1個
交換となる様だが、まだ達成したことはない
スタンプ5個以上の場合抽選で、招待券一枚です。
駄目もとで一応送ってみるつもりです。

さて…来年はどんなのが上映されるでしょうか
                        楽しみで~す。







ついに初雪を見ました

今年の初雪は10月25日という事で、聞くところによると
去年より2日早いという事ですが、例年と違うのは
量も少なく時間も短かったので、夕方にはすっかり融けていました。
まだまだ降るだろうと思って居ましたのが、思いの外
あっという間の事で写真には残せなかったのです。

その翌日の月曜日はさすが風は冷たく寒い日でしたが、
お天気はとても良く太陽も出て、晴れた日となりました。

大通公園も落ち葉で一杯…さすがベンチに座ってる人は
一人もいませんでした。






夏の頃は、綺麗な花で時を知らせてくれた花時計も
今はスッカリ 元気をなくした花たちの残骸に囲まれて
長い秒針だけが律儀に動いておりました。
この針も近いうち雪に備えて取り外されるのでしょう








水彩のグループ展が始まりました

10月26日・・・明日の月曜日から水彩画展が開催です。

お天気も良くて、もし近くまでお出かけの時は
チラッと見て頂き、ご批評など頂けましたら嬉しいです。

ハガキ

昨年の今ころ10年近く通った教室を、現在のところに変えて
やや一年となりました。
多少なりとも違った…と云うか、別の表現もしてみたい・・・
何か新しく引き出せたら良いんだけど・・・どうかな~
出来るかな???と、変わっては見たものの果たして、
どうかは、全然判らない状態と云う1年未満の現在です。

もし見て頂けた時は忌憚のないご批評を嬉しく
お待ちしていますので宜しくお願いいたします

改めて申し添えますが
会場は時計台ギャラリーで、31日土曜日までとなっています

秋の深まりと共に

朝夕の冷え込みが日毎に増してきたような近頃です

まだ実際には遭遇してませんが、雪虫が出てきた‼︎という
ニュースと言うか、話はボツボツ耳に入ってくるようになりました。
近いうちには雪の便りもチラチラと入って来るんでしょうね~

歩道は落ち葉で足が埋まる位一杯となりカサカサ言って風に舞ってますが、
一度雨が降るとアスファルトにベッタリ貼り付き意外に滑るので、
雪道以上に危なくなリ、足元第一で神経を使う時期でも有るのです。



その様に心細い事、危険なこともあるような秋とは言え、実りの秋でも有り
この時期はヤッパリ大好きな季節ともいえるのです

第一好物の果物が一番豊富な時期、美味しい時期かもしれませんしね~

今回もネットの友人から自宅の柿の木からとれたと云う柿が届きました。

かって旅行で本州に行った時など、裸木に沢山ぶら下がっている
赤くてつやつやした柿を見て一度は木から直接もいだものを
食べたいものと憧れの目で見ていたのが念願かない、もぎたてが
実際に我が家にもやって来たのです。

直ぐ食べられない渋柿かとも思ってましたが其れは甘い柿で…
この年齢になって初めての美味しい経験でした。



そして又、別のメル友さんからは立派な紅玉林檎や大きな柿など
此方では、デパートでしか見ないような特級品と言えそうなものや
此れからの鍋物に重宝する酢橘までも入れて沢山送ってくださったりで、
近年は殊の外、嬉しい秋となっているのです

未だお会いしたこともない方々が寄せてくれる嬉しいご厚意に
感謝しつつ今は秋の喜びを満喫してると、言えるのでしょうね~



イタリアーナレストランでパスタランチ

今まで何度か行きましたが、暗くて音がうるさくて
あんまり好きでは有りませんでしたが、奥のほうに
個室もあったんですね~~

今回は、静かで落ち着いた感じでお喋りもできて、
とても良かったです。
また近いうちに食事会がありますけど
此処にしたら良いかな~と思うほど、ゆっくりできました。







パスタや飲み物は、同価格で色々種類がある中から
好みの物を選ぶのです。
何か難しいイタリア語の名前でしたが、全然覚えてられ
ませんでしたが、オーダーしたのは肉や栗や野菜やが
細切れで沢山入ったものが掛かって美味しかったです。

キノコのなんとか言うものを頼んだ友人も居ましたが
それも美味しいと言っていました。





店頭の看板ですが、さっぱり読めないので判りません
帰宅してネットで調べてみると…

リストランテ&バール イタリアーナ
ミア・アンジェラ
と言う所なんだそうですが、端的に言えば
      池内ビルの地下‼︎

三越側の角から階段を降りた所…凄く分かり易いのに、
ミア.アンジェラ…なんて言うと全然判りませんよね~~。

ヤッパリ若い人が対象なので、こんな名前が多いんでしょうかね~



道展が始まりました…

秋と言えば欠かすことのでき無い道展が14から開催されてます。
今年は90周年の記念すべき年として、例年より充実した
会場の展示と聞きましたので、17日に友人6人で行ってきました。

さすが道展の会場は入場者が一杯で、ゾロゾロ人の歩みに従って
見ていくという感じで、ジックリと見ていられない感じ…
土曜日でも午前中なので、まだ良いかな~と決めた日程でしたが
ヤッパリ平日にすれば良かったかと失敗~失敗~。

今月末にでも、もう一度ユックリと1人で来たいな~と思い
会場を後にしたのです。


今年の最高作品として協会賞を受賞した作品です



今年のチケットと案内ハガキ


今年のチケットのデザインは例年より色が控えめでした
この後、11月に90周年の記念作品会員展が近代美術館で
開催されるそうですが、その時のチケットはどんなのかと
今から楽しみにしています。



今日は市役所ランチです

今日のランチも市役所の18階レストランにしました。
12時少し前ロビーで待ち合わせてから行くのです
この時間なら窓に近い席も空いてますしユッタリです

木曜のランチ献立はアンカケに決まっていると見え
いつ来ても中華丼のようなあん掛けご飯です

今度、違う曜日に一度来てみようかなと思いながら
食事を済ませ最後に出てくるコーヒーで、ユックリ
時間まで雑談を楽しみます。
近頃は補聴器をしてても、快適に聞こえ無いので、
友人たちにも多大の迷惑をかけているのですが、
嫌な顔もせず聞こえるまで何回も付き合ってくれるので
申し訳なく恐縮しながら感謝する日々です。



今日のランチ…650円ですが、前回の券があるので
500円です。コーヒーまでありましたのにね~

此処は本当に穴場かもしれません
因みに味噌汁付きの豚丼が、650円で有りましたよ…
今度は此れにしてみようかな~





シネマ歌舞伎で、本物を見たつもり…にはなりませんが・・・・。

先日、つきいち歌舞伎がありました。

今回は玉三郎主演が、2舞台分なので午後までかかり
終わった時は、どっと疲れお腹もペコペコ状態でした。

タイトル

映像とはいえ本舞台を気安く見ることのできない遠隔地の
ものにはとてもありがたい事だと思います。

座席も、事前に予約するようにしてるので、当日は安心して
ユックリ見ることができるのです。
何時も4人の友人と見てますが、耳が遠くなってからは
席の予約は友人達にばかり、お任せになってしまいました

新しい歌舞伎座ができた頃でしょうか、耳が遠くなってはいましたが
本舞台を見たくて4人で東京まで出かけたことがありました。 
 S席で前の方でしたが広い場内に補聴器が反響して台詞や
口上が殆んど判りませんでしたので、ガッカリ・・・
残念な思いで帰ってきたことが、時々思い出されますが、
その点スクリーンからの声は良く聞こえてセリフも大体判りますので、
それもシネマカブキが嬉しいことの一つです。

高野

先日上映の、二舞台です
どちらも玉三郎の熱演でした。

海

玉三郎が、原作者の泉鏡花についての思いや、
歌舞伎に対する自分との事などを、いろいろ沢山
素顔で語る場面も挿入されて、スクリーンならでは
と云う場面も有りました。

玉三郎



10月末は、おまちかねの勘三郎です
涙と笑いのある舞台がとても多いように思いますが、
どんな役でも、すっかり引き込まれてしまいます。
もう現世には居ないなんて思えないくらい
スクリーンの上では元気いっぱい熱演してくれて、
観るものをすっかり魅了してしまうのです。

花魁

普通の映画と違い午前中に一回だけの上映で
期間も一週間だけ…と云う限られた時間なので
知る人ぞ知る・・かな~なんて思いましたが、
フアンも多いのか、行く時は大体満席になって
いるようですから、ながく続いてほしいな~と思ってます。


随分昔のですが

随分前に描いたのが出てきました
10年以上も前の様な気がしますが、棚の隅から出てきました
その頃に引越しもありましたのに良く無事だったと驚きですが
懐かしい感じもしてます。



寒がりのモデルさんでしたので、コートの儘でポーズして貰い
描いた様な記憶があります。
傘とか机の小道具は、バックの空間を埋めるために、空想で
描いた様な記憶も蘇ってきました。
この絵を描いた頃からは、何十枚というほどキャンパスに
描いているのに、それ程の成長進化はして無い事にも驚ろきました




晩秋のミニ花壇

今年はマンションの大型補修工事の為、
春からずっと鉄柱とネットで囲まれ
個人用の小さな花壇の小さな花達も
思うように咲く事ができませんでした。

何本かのバラも根元から切り工事の邪魔に
ならないようにしてましたが、9月末に
やっと工事完了しました。

夏の間じゅう隅の方で密やかに成長してた
菊がここに来て一斉に咲き始めたのです。
手入れが思うようにできず、水遣りさえ
儘ならずの今年でも、時期になったら一斉に咲き
秋の季節を知らせてくれました。










先日の大風で倒れたり、歪な枝ぶりにもなりましたが
とりあえず当分は元気で咲き続け、
淋しく荒れた花壇を賑やかにしてくれるでしょう。





マフラーかな…ストールかな?なんと言えば良いのでしょう



手作りなんて言う程のこともなく両端を縫っただけで完成‼︎
二本もできてしまいました。
100%シルクなので肌触りよく温かいわ~~

前身は、見てすぐ分かる通りの帯揚が4本で二本となりました。
これからの時期、案外重宝するかもね~~。








野菜もたっぷり、満足感もたっぷり

もう何度か来ましたが、今日もまたカレーです

カレーは家でもちょこちょこ作るのですが此処のように
たっぷりの野菜入れません
定番の玉葱、人参、ジャガイモ程度ですから、
こんなにたくさんの野菜が入ったカレーライスは
此処でしか食べられ無い感じかも…

その上サラダもたっぷりの野菜ですしね~~




お気に入りの此処は赤煉瓦テラスの地下で~す。



マルサが新しいショッピングセンターに

先日、マルサの跡が暫く閉鎖されてましたが
オープンされました。
ファッションビルと聞きましたが、若い層が対象なんでしょうか・・・


開店後、一週間くらいでしたがかなりの人です
買い物と云うより見物と云う感じが
多かったみたいです。



歩いていたら胡蝶蘭の花をつけたパンフレット呉れました



中華のお店でランチしましたが、どこのお店も満員で
予約表に名前を書いて店の前で順番待ちです
焼きそばセットとお粥のセットです。随分待たせた程に
満足するほどの事はありませんでした。
お粥には塩、焼きそばには醤油、と言うひと味が
欲しいな~と思い満足感の無いまま終わりました。


此のビルのレストラン全部の造りですが、通路を歩く人全部が
まる見え…従って外からもまる見え…時々、歩いている人と
バッチリ視線が合って、どちらも困った感じになる事も……。
こんなのが、今の流行りなんでしょうかね~


今の流行りといえば、天井丸出しも流行りなんでしょうか
低い天井なので塞いで仕舞えばなお低く感じるので
開けてあるのでしょうが、たくさんのパイプや電線や
空調の設備まる見えで、埃が今にも落ちそうな感じ
もう少し経つと蜘蛛の巣なんかもフワフワしてたりして…
食べ物店はヤッパリ清潔第一にして欲しいな~~



とにかく開店間も無いせいか入店客の多い事で余りゆっくり
見て歩けませんでしたから、またその内一段落した頃、
来てみたいと思いながら店を出ました。






天高く馬肥ゆる…秋の味覚

収穫の秋…土の恵み畑の幸が沢山届きました
何だか太りそうなものばかりですが
何故か、この様な澱粉質のものが大好きなのです






ジャガイモを早速、皮つきで蒸してみました
ホッこりと甘い甘いお芋の味に思わずニッコリです。

此れをサラダにして夕食の一品として加えようかな~
そしてまだ残ったら、明日の朝にはパンに挟もう・・・。



夕食前だけどトウキビはヤッパリ食べたいな~
もう・・・太ってもいい!!血糖値高くなってもイイや!!
           ~秋なんだもの~


10月です

とうとう10月になりました。
10月の声を聞くと急に秋!!と云う思いが強くなる感じです
美術館からのお知らせや、個展の御案内が近頃とても
多くなったように思います
近年減少気味だと聞く個展なども、流石芸術の秋ともなれば
発表の意欲も旺盛になるのでしょうか・・・。

10月

10月は、体育の日の祭日が一回だけあり、従って
小さな連休も一回だけしかありません。
第2、月曜が体育の日と云う事ですから、
国民の祝日といえども、毎年同じ日とはならないのです。

そもそも体育の日と云うのは
当初、1964年の東京オリンピックの開会の日を記念して
10月10日を体育の日とされたように聞いております。
それが、2000年からはハッピーマンデー制度
とかによって、休日が重視され従来の祝日を、
日曜続きの月曜に移動するなんてことに
なってしまったようです。
それ以来、意味のない日が体育の日になってしまい、
しかも毎年、その日も変わってしまうと云う事です。

国民の祝日が、単なる休み重視の意味のない日と
云う事では変だな~と思う私は変なのだろうかな・・・。


カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター