豚しゃぶランチ

豚シャブランチ…なんて云うのは、お湯の張った鍋でも来て
シャブシャブしながら、頂くのかと思ったら
既に湯がいた豚肉が、タップリめの大根おろしと共に
出てきたので、いたって簡単手軽に食べられました。

シッカリ濃いめの味付けの生姜焼きよりあっさりで、
塩分・糖分・カロリー全て低めで、高齢者向きかもね・・・

見たとおり野菜もたっぷり・・御飯は梅干し御飯でも、五穀米でも・・
低カロリーの極め付きは、デザートがトマトの寒天寄せだって~

大通り公園は花いっぱい、人いっぱい

札幌も最高の季節が来ました
大通公園もその周辺も人で一杯です
沢山あるベンチにも幅広い年齢層の男女が休んでます
芝生も家族や学生や女性たちが座りお喋りを楽しんでいます。
此れから当分は此の楽しそうな寛ぎの風景が見られるでしょう

沢山いる鳩も負けないように低空飛行で、グループに近づいたり
スナック菓子のおこぼれを啄みに来たりして、元気いっぱいです。


大通公園女性像            水彩画

6月に入ると間もなく「ヨサコイソーラン祭りが始まります
そうなるとまた、大通公園は別の様相になってきますし
更に更に一杯の人で溢れそうになるのです。

大通02

大通03

大通03


こんな風に見ると驚きです

大分以前(2~3年前)になりますが、何かからシェア
してあった、飲み物の糖分含有量を角砂糖の量で表現したものです。

糖分

当時此れを見てビックリしたり恐くなったりして飲むのを
止めた覚えがありますが、今回古い資料からひょっこり出てきました

最近は当時より、多少は糖分含有量が控えめにはなっているかと
思いますが半分量と云うことではないと思います。
一本飲むたびに、此の量の糖分を採っていると思えば恐ろしいこと・・。

此れから夏に向かってギンギンに冷えた飲み物は美味しいですよね~
でもこの角砂糖の量を一緒に飲んでいることを、頭の隅にチョットでも
留めておきたいな~と思います。

先日のテレビでは、糖尿病が増加傾向だと報じてましたし
その予備軍が、かなりの数いるそうなんですね~
正確な数も聞いたのですが、それはもう忘れてしまいましたけど・・・。
でも、万病の元ともになる糖尿病は恐い…と云う事だけ覚えています。




海鮮焼きそば

此の焼きそばは友人達につられてつい…オーダーでした。
何だかこのところ3回も続いた感じがします。
それ程好物ともいえないのに、何故こんな事になったんでしょう

友人達と時々立ち寄るお店ではありますが、
此処の焼きそばの麺は、大体おいしかったと思います。
少し焦げ目が入り、パリットした部分が有りますので、
其れが好きなんです
でも掛かっている中華あんが、濃いめの味でタップリすぎて、
勿体ないけど上だけ半分以上も余してしまいました。
若い人なら丁度良い量なんでしょうけど・・・

fc2blog_20150522142729656.jpg

今回も、友人たちと話が弾み3時間余り粘ってしまいました。
お茶やお水を度々補充に来てくれたり、とても気持ちの良い
お店なので、スタンプカードのマスも案外早く埋まるかも・・・。

       札幌シャンテの地下2F   麻布茶房



ライラック祭りが始まりました

今年も5月20日から「さっぽろライラックまつり」が始まってます
例年は5日間ほどですが、今年は開花が早いので開始を早めて
10日間あるそうです。
400本余りあると云う大通公園が、メイン会場ですが初日には
苗木の無料頒布は恒例の行事となっています。

きょうは、ライラックまつりにチョッピリ協賛??かな~
ライラックの水彩画  6号 など一枚ご披露です



広く・・・サッポロがライラックの街と云われるようになったのは、
昭和35年ころに、ライラックが札幌市の木に認定されてからと
云う事ですが、もともと北海道とは縁の深い木であったようです。

かって明治の初期、開拓指導に訪れた沢山の外国人の中に
アメリカから来たサラ・クララ・スミスと云う女性指導者が始めて
ライラックの木を持ち込んだとされています。
其れが札幌全体に増え続けて、現在に至ったと聞いています。

因みにその女性は、現在の北星学園の祖となったスミス学園を創立
された方なそうで、其の時の木は北大植物園に現存してるそうです。



ライラックには白もピンクも有りますが、一番多いのは
此のバイオレットです
そして一番早く咲くようで、今年のように季節の訪れが早い年は
今日あたりソロソロ盛りも過ぎ、まつり本番を支えるのは
遅咲きの白・ピンク・・・とか聞いています。

何故か此の頃は気温が下がり、肌寒いような日が続くようで
よく「リラ冷えのころ」とか言われ札幌の風物詩の感じも有りますが
早くカラッとした爽やかなお天気に戻ってほしいと思います。


ドクターズバックを作ってみました

愈々寒さの時期も終わり、冬着の整理片付けのとき
何年も着てソロソロお払いにする、キルトの半コートがありました。
指定のごみ袋に入れる前、フト頭をよぎったのが、バックの事・・・

以前から、ドクターズバックをつくろうと思いながら延び延びに。
其れを今回はひと思いに完成です!!自分でも驚きの行動・・・。

まず、両袖でノートパソコンの携帯ケース・・・・完成
後身頃の一番大きなところは、大型エコバック・・・完成
前見頃は、切り替えやポケット切り込みが多く、何か所も接ぎました
       でもキルトなので接いだ部分は判らずドクターズバック完成

口がバネで、がばっと開き、中が丸見えですから凄く使いやすい事発見!!
ファスナーで全開とは全然違うんですね・・・
すっかりファンになりましたので、此の試作品を色々アレンジして作ってみます。

大小のサイズで、幾つか作りたいと、織の帯をほどいたりして気に入った
材料の確保に意欲を燃やしているところです。

新しい生地を買うより、捨てるものを生かしたり思いがけないもので作る方が
完成時の喜びが大きいのです。余程の貧乏性か、戦中の教育が未だに
残っているかでしょうね~



試作品なので少々小ぶりかな・・・高さ25センチ。幅35センチ。マチ幅13センチ



45センチ×40センチ。マチ幅8センチ。肩にも掛ける大型にしました。



ドクターズバックの中は、ポケットいっぱいにして機能的で使いやすさを確保。

fc2blog_20150520212356709.jpg

次を予定して、どうかな~と思っている帯。グレーは厚地一枚もの。
ガンババが子供のころから実家にあった古いもの。
あとの2枚は、赤身柄を表にして、地味な方を裏側にしていた帯を解体。

さて・・・・・思いだけで、完成は何時の事になるのでしょう~ね~。


飴ちゃんポーチ

叉こんなに出来ました
小布で作るポーチ・・・飴チャンポーチと命名してます。
30個・40個と作っておくのですが、
知らず知らずのうちに無くなるのです
コストコからキャンデーの大袋を買って少し入れたりもしますが
丸くて可愛い形に惹かれて喜ばれてます。



小さくても裏布もついてしっかり出来てますので
バックの飴入ればかりでなく色々なことに使う見たいです。



ミシンの置いてある頭の上に、竿を渡して出来たら出来たら
ぶら下げてありますので、厭でも毎日目に入る状態なので、
そんなのを見てると次から次へと増やしたくなるんです。

其のうえ、折に触れては5個・10個とお嫁に行って少なくなると
又俄然・・・意欲が出て、せっせと増やすベくミシンを踏んでいます。

イケアで買ったささやかな物

東京での追記
イケヤには珍しい物や安いものが沢山ありましたが
旅先のことで、ましてその初日と云う事では到底買えません

そんな中でも敢えて買ったものがありました
蛸をデザインした小物干しです
白と黒の2色ありましたので、2個買いました。
たためば、30センチ弱なので何とかなるでしょうから・・・と。






それと、もう一個
犬の尻尾をした、物かけ具です。
後ろ脚だけは見えてますから、壁面のアクセサリにも・・。



増やさない!!を心掛けているのに珍しい・・・でしょうが、
実は、自分のために買ったのではないんです。
大学生の孫が、4月から学校の移転で自炊を始めましたので
そこに運ぶためだったんです。
初めて親元を離れる孫が、些細なものにでもユーモラスな
和みを感じ、癒されたら嬉しいな~と云う婆心の一端なんです


歩きに歩いた・・・東京の三日間(3)

歩き廻った昨日の疲れも持参の薬風呂にユックリ入り
足首から至る所にペテペタ湿布薬を貼ったおかげで、
朝までひと眠りの爆睡・・・。チョット寝坊した今朝は元気爽快!!

さあ~今日は最後の一日なので張り切らなくっちゃ~
開場の時間を見計らって9じ前にチェックアウトしてホテルのバスで
新宿駅まで送ってもらい上野へ…→→→

公園口のコインロッカーに荷物を預け、まずは身軽に水と貴重品だけ
(東京は何でも高いのに駅のロッカーが100円だったのにはビックリ!!)

もうすでに暑く公園は沢山の家族ずれで賑わっている。
賑わいの公園を横切り、国立美術館に直行する
ここは今日の目的 「大英博物館展」 の会場



アフリカで作られた最初期の石器から現代のクレジットカードまでの200万年の間の
歴史の断片が、大体100点ほどのモノにまとめられて今回来日したと聞きました。
ロンドンの現場で見せられた700万点と云う膨大な量に戸惑って、無我夢中の
混乱した思いしか残らない頭には、この位が理解・記憶の適量なのかもしれない



ウルのスタンダード  紀元2500年前  イラクなど貴重な展示品とか
日本の柿右衛門の作った磁器の美術品なども大切に展示してありました。

IMG_2431_convert_20150513121519.png

大英博物館を見た後、丁度開催中の公募団体セレクション2015の
美術を見る。日本の有名団体の大御所がずらりと出品しているので
日展の作品を一部見れた感じがしてラッキーだった。
日展のように大混雑もないし、ユックリ近付いてマチエールの詳細まで
見ることができ凄くうれしかった。
その他の団体の公募展も有り、娘と合流の約束3時近くなるまで
美術館内をウロウロ歩き廻っていた。

fc2blog_20150512165852f52.jpg

気が付いたら昼もまだ・・・朝も軽く食べただけだった~
何しろ飲むも食べるも長い列に並ぶのは厭だな~と思ったら
此の状態になってしまうのが、東京と云うところなのかな・・・。
30分ほど遅れるとメールが入ったので、博物館横のホテルオークラで
してるレストランに直行。・・流石3時過ぎとあって、10人ほどの列で
案外早く席に座れた。
五目中華めん・・・北海道と違い小さな器にサラッと入ってゝ良かった。
でも、サラダもスープもなしにコーヒーともに1,400円とはどうかな~



3時半、ヤット合流して2人で博物館・平成館で開催中の「鳥獣戯画展に入場する。
入場は難なく入れたが、館内は一杯の人・人・人・・・
甲・乙・丙・丁の4巻に分かれているのが、今回全部修復されての公開と云うことだが、
前後に分けて公開なので今は前半分だけしか見れないうえに、
4月28日から始まっているのにまだこの混雑・・・120分待ちだって~。





やむを得ず丙巻・丁巻だけ120分並んで、前半部分を見る。それは、
人々の遊戯の様子や祭礼・儀礼の様子をユーモラスに描かれた
一筆描きの筆達者な勢いのある絵だった。 そのような人物の部分
だけは見ることができたが、甲巻乙巻のさまざまな動物たちの
擬人化した部分は、残念なことに飛行場に行く時間も近付き更に
120分も待つ事が出来なかったのは惜しかったな~。



もう1日あったら・・・なんて、心を残しながら空港行きのモノレールにのり、
疲れたけども凄く充実した満足感一杯だった東京の3日間が終わりました


歩きに歩いた・・・東京の三日間(2)

今日の午後は雨の予報だが、屋外歩きも少ない見込みで
手元が軽くと、用意の傘はホテルに置いて出掛ける

ラッシュも終わった時刻・・・六本木の新国立美術館へ・・・・
乃木坂駅より直結の入館口は未だ新しいからエスカレータも
エレベーターも完備されていて、快適に入場できるのが嬉しい。

10時の開場と同時に入ったが、程ほどの混みようでユックリ
見て歩くことができた。
現地で見たような大きな作品は来ていないし、有名な作品も少ないが
一人だけの行動は時間の制約もなく、気のすむまでゆっくり鑑賞できる

ルーブル展が見終わった後、同時開催の国展やマグリット展も鑑賞したが
此方は、独特の芸術世界なので古い頭にはチョット馴染めない感じかな・・・。

IMG_7614_convert_20150513121822.jpg







ありふれた日常に潜む謎と神秘・・・というマグリット・ワールドでした。
IMG_7613_convert_20150513121718.jpg

お昼までゆっくりしてました広い広い美術館に・・・。

その後は東京駅まで移動し、地下歩道の三菱美術館をグリグリ歩き、
1時間ほど費やした後は、地上の三菱1号館で開催中の
ワシントン・ナショナルギャラリー展に・・・。
緑の大木や花々で一杯の中庭で寛ぐ人たち・・其の緑の中で
コーヒータイムを楽しむ人たち・・・
こんなのが都会のオアシスと云うのかな~と思いながら、
一人で休むのも味気ないと、今日は美術鑑賞だけに・・・。



三菱エリアの丸の内から今度京橋まで移動です
ブリジストン美術館・・・ベスト・オブ・ザ・ベスト展
  モネやルノワールやセザンヌなどお馴染の巨匠たちの作品が
  ズラリ並んで、気持ちがほっとする。
併しこの美術館は18日までで終わり、ビル改修のため5~6年は
休館するとのことで、名残を惜しむフアンで一杯の1時間待ち・・・。
今後は東京での楽しみが一つ減ってしまいガッカリ・・・。


美術館前に乗り場のある三井のメトロリンクで東京駅まで戻る

このバスは限られた区間ではあるが、料金無料の循環バス
料金も有りがたいが、地上を走るので地下をウロウロすることなく
目的地に行けるのが一番ありがたい。
八重洲口の入口に止ったバスを降りた時は4時を回っていたが
予定通り、JR線で日暮里まで頑張ってみる。

(京橋から銀座など、ぐるりと一周する三井エリアの無料バス↓↓↓)



手仕事関係の材料屋が軒を並べる繊維街を一巡したかったが、
朝から歩きずめ・・・すでに15・000歩以上、記録されているのと、
既に買い物を済ませ大荷物で帰途に向かうらしい、老若の女性たちに
沢山すれ違うので、既に目ぼしい物はもう無いだろう・・・と諦める。

fc2blog_20150512170139598.jpg
とりあえず、大型店舗の「トマト」だけを覗いてみる
相変わらず凄い御客で、生地のカット場も、レジも長蛇の列で大混雑

其れを見ただけで諦め隣接する小ぶりの支店で、チョットだけ買った。

日暮里駅まで戻った時は6時もだいぶ過ぎていたが、もう一頑張りで
ホテルのある新宿駅まで電車に乗る。 珍しくラッキーなことで
空席も有りユックリと新宿駅に運ばれることができた。

あ~あ・・今日はよく歩いた。ホテルは都庁のすぐそばだが
迎えの小型バスが駅前から玄関前に着くのであとは楽々ユッタリ~。

驚異的に歩いた今日の記録は?
   16・222歩  421kcal 11・680km  だってさ~。


歩きに歩いた・・・東京の三日間

連休も一段落した8日のお昼少し前に羽田到着です
今日から3日間東京でどれだけ見ることができるでしょう

上着必要の札幌を出て二時間余りで、此方は北海道の真夏日状態です
北欧家具雑貨で有名なイケアが、日本上陸後まだ見たことがないので、
今回は…の意気込みを持ち何度も乗り換えの末、羽田から埼玉まで直行。

埼玉の三郷市に着きました。大きな川があり巨大なショッピングセンターが
軒を連ね、新しく整備された感じの街でした。
イケアにつき洗練された珍しい雑貨や家具を、園芸品・食品などを、
驚き見て歩くこと4時間近く・・・・。  広い店内は、それでも部分しか
見ていない位です。

買いたいな~と思うものや、ビックリするほどの安い補助家具類も
ありましたが、只々旅行者の心境で諦めてみるだけで満足しました。



イケアのコインロッカーですが、キーについているのは何故か
大小の計量スプーンなのです


こんな店も駅から直結で行くことができました。


ユニクロやコストコも有ります。ニトリまであったのにはビックリです


街はきれいで、手入れの行きとどいた花で囲まれた大きな
マンションも有り、マンホールまでカラフルで新しいようです



駅前広場も綺麗で整然としてます。朝夕の通勤時には混むのでしょうが
日中は静かすぎて、余計暑さを感じる駅前広場の佇まいです


暑さも一段落の日没前に、今晩予約のホテルがある新宿まで、
乗継をしながら帰途に着きました。
明日は六本木の新国立美術館でルーブル美術館展です


ソロソロ水芭蕉の時期でしょうか

満開の桜もほとんど終わりましたが
日陰や風の強い過酷な場所に立つ桜は
今やっと満開なようです。
遅ればせながらも、必死で咲いたような感じがして
其の健気さに偉かったね~と、声をかけたい思いです。

もうそろそろ水芭蕉の咲くころでしょうか・・・。
今は車でかなり山間部の湿原に行かないと目にすることはできません

豌エ闃ュ阨峨€∵、咲黄蝨胆convert_20150507092817

水芭蕉400加工
以前湿原に連れて行ってもらった時の写生です
水芭蕉の群生地で、少し離れたところにヤチブキの
可憐な花も見ることができました

豬懃寢繧・■縺カ縺搾シ狙convert_20150507092919


今日は「こどもの日」です

今日は国民の祝日「こどもの日」ですね。 大型連休の中日なので、
街は人出で賑やかなことでしょう

こどもの日は、1948年に
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福を
図るとともに、母に感謝する日」として、
定められたと聞きますが、元来、5月5日は
端午の節句として、男の子の健全な成長を
祝う日でもあったのです。

近頃は住宅事情などで、屋根より高い鯉のぼりは
滅多に見ることはできませんが、室内飾りは
結構、豪華なのが求められているようです。

鯉3

5月5日になると出てくるのが、以前に描いた金太郎や
桃太郎の水彩画ですが、又今年も、出てきました金太郎です。

男の孫はいないので、端午の節句飾りは息子の初節句当時の
鎧一式ですが、それも息子宅の押し入れに何十年か、入った
儘の状態です。  
息子と云っても今では、60歳にソロソロ手の届くような
歳ですから、今更節句飾りでもないのでしょう・・・。

金太郎、5月



四月から工事が始まっています

あっと言う間の10年だったように思いますが、
10年経過で始まるらしいマンションの大型補修が始まってます。

開始から一カ月・・・大体の周りに鉄骨とネットが張り巡らされました。
ベランダにもテラスにも出ることはできません
網戸も回収されました。窓を開けることも駄目なようです
此れからひと夏・・・此の鬱陶しい状態のまま過ごすことを考えると
気持ちが重~くなってきます。
工事は9月いっぱいですから、落ち着くのは10月でしょうか
其のころはもう秋風で寒くなっているのでしょうね・・・。

それにしても、今年の夏が酷暑にならないようにと
このマンション住民全体が一致した、願いを持っているでしょうね。








今日から5月。旧暦では皐月とか早苗月とか言われました

北の国にも、愈々爽やかな風のそよぐ5月になりました。

桃完成

今月は、働く方にとって一番楽しみな月かも知れません
最低でも4日間、多いところなら一週間も連続休暇の
出るところも有るのでしょうから。
私たち、年金層には全然変化がないどころか、ジリジリと
厳しい環境になりつつあるようですが、新聞やテレビでによると
一部、景気も上向いてきてるらしいので、空港や大型遊園地など
大混雑・・・なんてことにならなければいいが・・・なんて、
余計な老婆心(文字通りの老婆ですね)で、心配したりしてます。

近頃は国の内外を問わず色んな災害。 天災も有れば人災も有り
其のたびに悲しい人が沢山出て、いや~な世の中になったと思います。
せめて、人間が起こす災害だけは無くなるような世の中になってほしいですね~
楽しみにしていた折角の休暇ですから、楽しく出かけて英気を養ったあと
楽しく帰宅して又頑張ろう・・・って、元気一杯!!帰ってきてほしいですよ~。

世界の人が5月になったら、今月の風のように爽やかで、大空に泳ぐ鯉のぼりの
吹流しみたいにスッキリ腹臓なく暮らすなんていうのはマンガか夢なんでしょうが、
これは江戸時代からの理想みたいでしたよね。
でも、現代人は理性や科学の成長発達も凄いので、せめて、間接・直接ともに
人智で防げるような人災だけでもゼロになったら良いですよね~。



続きを読む»

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター