静内・・・花より団子で行って来ました。

29日、昭和の日  快晴

息子家族と、好天の中を高速で静内方面に向かiいました。
桜で有名な静内のこと、この時期にはソロソロ渋滞かと
思いながらの出発でしたが、進行も快調に予定の11時には
まだまだという頃、静内に到着。


この時期の桜並木には到底、乗車のままでは近付くことなど
無理と予想していましたが、桜まつりが2日からということで
現在は、臨時駐車場・飲食屋台・トイレ・救急施設、その他、
花見イベントに向かて色々な仮小屋を設置中でした。 
 気の早いお花見宴会中のグループもチラホラあったとは
云うものの、道路閉鎖もまだされてなくて、車の往来も大丈夫でした。

爛漫の桜にはちょっと間がある8分咲きかな~の感じでしたが
思いがけないお花見ができたので、とても満足・・嬉しい気持ち。
其の後、静内名所?のレコード館で、ユックリ休んだり買い物をし
時間の調節をしてから、いよいよ今日の最大目的に向かいました。



今日の目的は静内で「春ウニ」を食べることだったんです

毎年4月15日のランチから始まるという日高の春ウニ丼は
知る人ぞ知る有名なウニということなんで・・・。
寒い間、日高昆布をタップリ食べて育ったバフンウニの産卵前という
一番実が詰まった時期を狙い、手捕りしたとか云うもので、
プリプリ・トロトロ・・ウニ好きには堪らない絶品とか。
しかも5月末までの限定販売とあっては・・・・。


「春ウニ・ホッキ丼
ウニが70グラムという春ウニ堪能の名物品
肉厚の新鮮ホッキ貝もタップリです。
ウニ大好きの息子家族は此の丼で舌鼓。


「春ウニ・三食丼」
ウニが70グラムもちょっと・・・と思う私はウニ50グラムに
真ツブ・ズワイガニの三色です
流石ウニは甘くてとろとろ・・・
ツブは新鮮そのもの・・・固くてガンババの歯では到底
太刀打ちできずビクともしません
仕方なく惜しいけど若い歯にゆずり、食べてもらいました。

その後、もう一度20間道路の桜並木を往復し見事な桜を
堪能した後、あま屋さんと云うところの有名ソフトクリームを
皆で楽しんでから、静内を後にしました。

途中、シシャモで有名な鵡川に寄って野菜や魚介を買い
昨年は、シシャモ寿司を食べに来たことなどを思い出したり、
相変わらず混んでいた道の駅と市民温泉が一緒になった
大きな施設を覗いたりしながら、ゆるゆるの帰途です。

千歳のアウトレットショップ・レラにも寄りました。
丁度、春物セールの真っ最中!!
定価の70パーセント引きなんて品もゾロゾロ・・・。
しかもそれを5点纏めて買うと、合計の半額に・・・。
もう、考えられない金額です。仕入れ値なんて度外視って感じ・・・
もう・・買わずにいられない・・・7~8点買っても1点分だもの。
其のうえ、デパートの特売場のようにテンション上がった
小母さんたちもいないので、ユックリ見て買えたし最高!!

やがて高速道路の左手に、大きく真っ赤な太陽が沈み行くのと
並行して帰途に就くガンババ家族全員は、美味しく嬉しく充実して
濃~い時間を過ごせた今日の一日は、満足と疲と満腹やらで
楽しい思い出に残るかな~と思う2015年・昭和の日でした。


最近の大通り公園

もう4月も後半ですが、冷たい風の日も多いような
今年の春です。
久しぶりで今日は、大通公園の中を通り抜けてみました
ビオラかパンジーの植え付けをしてる業者がいました
殆んどの花壇は過日、植え付けも終わり綺麗に
なってますのに、今頃どうしたんでしょう・・・・。



チューリップの花壇は毎年同じような場所にありますが、
作物と違い連作ということは無いんでしょうかね~
雪解けの早かった今年なのに、去年の今ころより
成長が遅れているように思います。
蕾もまだ固く背丈も20㎝ほどしかありません
早くコートのいらない気温になってほしいで~す。



今日は、毎月楽しみな、「アスナロ会」でした。

毎月一度のアスナロ会です。国内旅行、海外旅行、温泉旅行と、
其の時の年齢・体力・家族状況に応じて、色々歩きましたが
近頃は、もっぱら食事とお喋りの会になってしまいました。
お互い80歳も過ぎると、海外旅行は自然と敬遠のようで、
せいぜい温泉程度になってしまいました。

今月は、ガンババの当番ということで、予約したのは
「リストランテ  イル・モメント」でした。


ホタルイカの魚醤マリネ 春の芽吹き


本日のシェフおすすめズッパ


こだわり野菜のココット


道産小麦のタリオリーニ  白いボロネーゼ


プリプリ海老とアイナメノシチリア風


北海道産,仔牛のクリームソース さわやかなグリンペッパーの風味


厳選素材プリン  イル・モメント風」&ドルチェ小さなお菓子
食後の飲み物はコーヒーにしました。

何だか少量そうに見えましたが、終わったころは満腹で
2種類のパンも一個は残りデザート内のプリンも手つかず・・・。

11時ころ、東急デパート前からファクトリー行きのバスで着いた
11時半、レストランのオープンまでホテルクラビーサッポロの
ロビーで寛ぎました。その後3時近くまで座った食事の後は、
またまたロビーでゆっくりお喋りもでき、今日はとても
楽しい一日でした。
         
        リストランテ   イル・モメント 
    中央区北2条東3丁目サッポロファクトリー西館
    ホテルクラビーサッポロ1F  ℡ 011-242-5081


そろそろこんな時期に・・・

近頃はこんな場所も少なくなってしまいました

車でかなり奥の方まで行かないと、駄目なようです
ヤチブキの自然群生とか、水芭蕉の自然群生などは
めったに見られません
したがって、現地での写生など到底無理になりました。

バスや車で何時間も山間部に入ることは、年齢的にも
家族に止められてしまいますので、行ってきた友人達から
頂く写真で描くより すべがなくなってしまいました 。

早いころは、あちらこちら案外近くに自然群生地も有りましたが、
開発が進むと同時に 姿を消してしまい今の都市では
大型公園とか、植物園などで見かけるだけになったようです

水芭蕉などは全国的に、尾瀬の水芭蕉が有名なようですが、
札幌にも星置公園や平岡公園・西岡公園・野幌の森林公園など
その他多くの施設で群生管理されているようです。
でも、ヤチブキは余り聞いたことないようですが、どこかで
管理された群生地があるのでしょうかね・・・。


谷地蕗40
浜益村の群生地            水彩画




花の季節をを待ちかねて

春とはいえ、未だ未だ寒い日も有り花の季節には
間がありそうなので、春を待ちかね今日は、ささやかな
小花の鉢を一個買いました。
ディアスキア コーラルローズという長い名前です
原産地は南アフリカとのことで、ゴマノハグサ科に
属しているみたいです
日光が大好きな花らしく、雨には滅法弱いという事でした。

多年草とはいえ、寒いこの地ではおそらく一年きりのものと
なるのでしょうね~。

花3


名前が変わった和食の「結」

和食割烹の「結」で、集まりがあり久しぶりで行きました。

今迄の「結」が「庄や」という店名に変わっていました
・・・ということは予約の段階で知り、内容等がどんな状態に
変化してるかと秘かな楽しみでもありました。

ここは、ぶっ掛けずしの大もりでも有名な大庄水産の隣にあり
同じ系列なので生ものの新鮮さと、豊富さに定評があるのです。
部屋もこじんまりとした個室で、掘り炬燵式の和室と椅子式の
個室の両方があるんです。

結~庄や1

私たちは何時も和室のほうでユックリと会話を?楽しみ11時から
3時ころまで根が生えたように落ち着いてしまうのです。

嬉しいことに、持ち込みOKなので果物や甘いものは、それぞれが
家にあったものを用意したりして、交換試食会も始まったりします。

若いころは、そんな他愛のない非生産的なことは時間の浪費では・・と
屯してるお喋りグループを見ては、勿体ない時間を無駄にして・・・なんて
思ってましたが、自分がその年齢になって初めてわかりました。

多くの友人を持ち良く喋りよく笑い、沢山の刺激を受けることが
呆けずに元気で楽しい老後を過ごせるのだ・・・ということをです。

どんな事でも自分がその立場になってみて、初めて理解できることって
今までも沢山ありましたが、ヤッパリ無駄なことって一つも無いのかもね~

結2

今日は生ものを止めて、かき上げ揚げ定食にしました。
厚焼き卵と大根おろしタップリに惹かれたせいでしょうか。
友人は、マーボ豆腐定食です。サラダやお刺身、小鉢まで
ついてます。でもランチタイム・・1.000円でお釣りが来ました。


          札幌駅前(大丸い)読売ビル2F
                 「 庄や 」   旧名(結) 
                    ℡ 011-251-3805



健康志向のメニューかも・・・

今までも何度か看板を目にしたことはありましたが、
入ることは初めての、百均ダイソーの地下にある「大戸や」でした。
つい最近まで、看板の字をしっかり見ることもなく「江戸や」だと
錯覚していた位です。

処が入ってビックリ店内はゆったりと明るいんです
初めてのオーダーも何がいいのかと迷いましたが、
「アマ鯛の塩麹漬焼魚定食」という無難なものにしてみました

御飯も少なめと云うのがあり、ほんの少し割引もされますが
なにより食べ残すというストレスから解放されるのが嬉しい事です。

大戸屋

好みの指定で御飯は五穀米です。
もろみ醤油も付いた大根おろしがタップリ小鉢についてます
そして、ひじき・大豆・生わかめの和えものは、営業店に珍しく薄味で
プリプリ・・美味しいと思ってるうちに完食してしまいました。

メインの塩麹漬の鯛魚も好みの通り、こんがり焼けて美味しい!!

兎に角、この手の店では珍しいほど全体に塩分控えめのうえ、
同行者それぞれ違うメニューにも大根おろしが付いてるんで
何だか嬉しくホッとして食事が終わりました。

・・・・すると、お箸を置いて絶妙のタイミングで、熱いほうじ茶が
運ばれました。店内は満席近くに入ってましたが、其の心づかいの
サービスは初めての経験かもしれません。

因みに、偶然ではないことは廻りを注意してると、お箸や器を置いて、
2~3呼吸の間には、ほうじ茶が運ばれているようでしたから、
店内への目配りが充分行き届いているという事なのでしょうね。


              中央区南2条西2丁目 富樫ビルB1F
                 大戸屋    ℡011-231-0221

こんな店を見つけました

札幌狸小路にこんなお店ができました。

小さな食堂などの材料屋さんと云ったところでしょうか
今までもこの手の大型店はありましたが、徒歩では行くことができず
1~2度誰かの車で覗いただけでした。
でもここなら、大丈夫一人でユックリ来ることもできます

ス-パー2

狭いフロアーで、お客と商品が混みあって一杯・・・という
感じですが、値段は確かに安いようです。
1~2個売りのものも有りますが、大体のものは1キロ2キロの
大量販売です
玉ねぎの微塵切りとか、ニンジンの花型切など1キロ買うのも
考えますが、意外なものまである冷凍物は品数豊富のようで、
ほうれんそうや、厚焼き卵の冷凍までもありました。

狸小路の2丁目あたりですから、とても行きやすい場所で
この次はカート引っ張って、覗いてみたいと思います。

だだし、中国製品やその他の外国工場の物も沢山
混じっているので、それらの記入箇所はシッカリ確認の上
買うことも肝要かとは思いましたが・・・。

スーパー1


久しぶりのロイトンホテル

久しぶり…去年の秋ごろに来てから今年初めてでした。
地下には、中華も有りますがヤッパリ和食で何時もの大和です。

珍しく今回は4人そろって生チラシになってしまいました
生チラシの茶わん蒸しがお目当てだったのはみな同じ心境・・・。

ここでのお目当ては、11時過ぎに入っても広い御座敷で
3時半までゆっくりタップリ、大声で誰に気兼ねなくお喋りできることです。

最近はそれぞれが加齢のためか、少し声が高くなってるようでもあり、
加えて私ガンババは現在完全な難聴になってますので、
4人の会話にも漏れなく付いていけるようにと、意識的に大声で話す様に
して呉れてるという暖かい友人たちの配慮も有るんです。

兎に角、お座敷で3時半に昼の部一時閉店まで、腰を落ち着けた後
未だ喋り足りなかったり、名残惜しいときは其の店の前に10セットも
有る懇談ロビーでユックリ話の二次会でもできるんです。

・…というわけで、ロイトンホテルは知る人ぞ知る穴場として
話の尽きない中高年女性には大人気なのです。

fc2blog_20150403182527c7d.jpg

手づくりマーケット

久しぶり…本当に2~3年ぶりでフアクトリーに行ってきました

家族の友人が今回フアクトリーで開催の手づくりマーケットに
出店してるということで、その陣中見舞に出かける後ろについて行ったんです。

春の陽が燦々と当たるイベント広場一杯に手づくり大好きの人達が作った
いろいろな作品というか商品が、溢れるように並べられてました
一人一人のスペースは小さなものですが、みんな楽しそうに満足げな表情で
接客してました。

地下歩道空間でも時々手づくりマーケットを目にする事もありますが、
それとはまた違って、楽しんでいるげに見える人たちの明るい笑顔には
サンルーム状態の暑い会場のせいと沢山のお客さんに上気してキラキラ
額に汗まで浮かべて……。

そんな様子を見て思いました。太陽の当たる所と、地下で電気だけの
明るさとでは、同じ状態の様でも受ける感じには随分違い有るものだと言う事を。


珍しいおまんじゅう

お馴染の政界まんじゅう東京から家族が買ってきました。 まんじゅうそのものは、ドオッテことのないものですが パッケージの面白さで勝負してるという感じです                         まんじゅう400 箱の裏面 ウら400              、

油絵教室の着衣モデル

極厚カーデガンの2月          油彩8号


もう春の気配なのに極寒のころ描いた女性の一枚ですが、
近頃はスッカリ油彩から遠のいてしまいましたので、
珍しく此れは、今年の最近作なのです。

以前は毎日、キャンバスに向かわない日がないという位
毎日描いてましたが、其れもすでに昔の思い出程度に
遠のいてしまいました。

描き始めると時間を忘れる位、面白く熱中するんですが、
始めるまでが手軽くないのでツイ敬遠してしまうのです。


4月・・・・2015年・新年度となりました

春がいよいよまじかになりました
テレビでからは東京のお花見風景が再々流れてきます
でもこの辺りは、未だ一カ月も先のことでしょう

菜の花正

今月は学校にも会社にも新しいピカピカの新人が、胸いっぱいの
希望とやる気をもって入ってくるでしょうから、そんな気持ちを
大事に育てていくような、素晴らしい指導者や先輩達で
有ってほしいと思うのは、もう古い時代の願いなんでしょうか・・・。

毎年、秋口になると発生すると聞く登校拒否や、
出勤ノイローゼなどが皆無の時代に早くなってほしいと
いつも、この時期に思うことです。

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター