明日からいよいよ8月ですね

毎日暑い日が続く7月も終わりの日となりました。

8月も暑くなるんでしょうが、本州と違い夕方から朝にかけては
涼しいというより、肌寒い風も吹くのでクーラーも入れずに
ゆっくり安眠できるようで助かります。

スイスにも、こんなゴチャゴチャしてる処があるのですね。
でも日本のそんな場所とはヤッパリ大分違うようです

スイス裏町400
スイスの裏町       水彩画


久しぶりの友人会

暑い日が続いていたので、友人とも合う回数を減らし
用事がすむとなるべく早く帰宅する日々でした。

今日は、市民ギャラリーで開催中の新道展ですが、
出品中の友人からチケットを貰いましたので拝見です。

その後の4人は、お決まりの食事となります
タクシーも4人で丁度バッチリで、「うさぎや」まで直行



ゆっくりできていいんだけど、前回より値上げだね~

メニューや、店頭サンプルには、卵焼きのブロック状のが
生寿司についていたけど、なあ~んだ・・・これは普通の
卵のっかったすしだよ~玉子ブロックに惹かれて、高値我慢で
オーダーしたのに、全然ウソでしょ!!
看板に偽りあり…だよね~とか、わいわい言いながらの
2時間余り・・・。
遠慮がなくて他愛のないお喋りが続きました。

その後は、暑さのストレスもスッキリ解消のうえ帰宅したのです。



此れはその前日に頂いたおそばですが
烏賊の丸揚げが、そっくり乗っかってるんです
厚身のイカは思いがけなく柔らかいので、大丈夫食べれました
揚げたて、アツアツなので柔らかかったのでしょう
大根おろしもたっぷり添えてあり、思いがけなく
美味しいと思いました。


南1条西4でしょうか大通公園に面した銀行・・・商工中金の地下でした


ヒマワリの花瓶

花瓶のひまわり
ヒマワリ花瓶400

露地植えのヒマワリが咲くにはもう少し先のことですが
花屋さんの店頭には、ほとんど一年中といってもよいほど
ヒマワリは出てるようです
太陽に向かって力強く咲いているような、超大輪はありませんが
色々な大きさで、花瓶に挿したらぴったりのサイズいろいろです。
あれは、品種改良による純正ヒマワリなんでしょうか?
それとも、ヒマワリに似た別の花なんでしょうか?。
コスモスみたいに小さなヒマワリを店頭で見るたび悩んでいます


北広島のガラス工房

今回初めて知りました。北広島のガラス工房を・・・。
北広島と云っても札幌寄りではないかと思います
車で連れて行かれたので、アッという間に着いた感じでした












素朴な手作りガラス製品の数々が沢山並ぶ中に、東南アジアの
民芸品なども混じり、個性的な感じの陳列でした。

陳列品のわきには、テーブルが2~3卓あり軽い食事・喫茶なども・・・。
お昼も近かった事で、カレーライスやアイスコーヒーで一休みするが、
以外にカレーライスも本格的なもので、ガンババは当然米飯党だが
息子家族は、ナンの焼き立てが美味しく大満足の面持ちだった。



地下のように見える一階が広い工房らしい感じの作り。
時々体験作業も募集してるらしいが徒歩ではチョット無理な場所かも・・・。

其の日の工房には、白髪の婦人が、自宅玄関の目隠し用の物を作成中。、
沢山ある色ガラスの端材をジグソーパズルのようにして
色と形を選び所定の枠に合わせるらしいが、四苦八苦の苦戦中の感じ

ガラス工房



モデルさんが来ました(其の1)

モデルさんを見て描くのは難しいです。
油絵では、裸婦をはじめとして人物が多いのですが
水彩では何故か、勝手が全然違う感じでした。

ハマナスモデル1


卓上の花

卓上の花   6号ですがいつもとチョット違う風に
描いてみましたら、少し暑苦しい調子になりました

卓上の花


カレル橋の上で

プラハのカレル橋の上では、今頃の時期ですと、両脇に
隙間もないほど、老若男女のアーチストたちが発表の場と
してるようです。
カレル橋完

チェコの首都、プラハを流れている大きなヴルタヴァ川に
架かってるんですが、初めて見たときは橋の上だと思いませんでした
外国でも欄干というのか判りませんが、両脇の欄干に15人ずつ
30体の聖者や英雄の等身大?以上かも・・・の像が立っていました。
その中の一つに「聖ヤン・ネポムツキー像」でしたかの、台座銅板に
触ると幸運が訪れると云われていると、ガイドさんの説明がありましたが
そこは黒山の人だかりで、近付くことも出来ませんでした。
でも・・何年か後で再訪問した時に、しっかり撫で回して幸運が
タップリ廻って来るようお願いしました。

カレル400
橋上のアーチスト         水彩6号
此の3人は、大分年輩でしたから昔の有名グループかもしれません


また、一人で陶酔したように弾いている姿も見られました。
橋の上。完


札幌の資料館前のバラは毎年、毎年、見事です

資料館のバラ        6号水彩
資料館

毎年見事な資料館のバラも、雨で全滅…なんて、
残念な年もありましたが、今年はその前に降り続いた
雨のおかげで、丁度お天気の良い日ばかりに当たり
タップリゆっくり、楽しませてもらえました。


写真も何枚か写してきました
其のうちの一部ですが、いつかまた描いた見たいと思います。

ばら2

バラ1


晴れの日には似合いませんが・・・

雨の日には良く似合う花のような気がします

雨水を含み重たくなった花のこうべを垂れ、じっと
耐えているかに見えるアジサイは、あんがい
頭からグッショリの水浸しを歓迎してるようにも
思えてきます。

紫陽花

晴天続きになると、我が家のアジサイは、生気をなくして
色あせたアジサイに変化してしまうようなのです。

ところが、観賞してるだけなら、風情のあるアジサイも
少しばかり小さな花壇にあると云うことで、もう増えるは
伸びるはで、その逞しさに往生してしまいました。
そして、去年は思いきって花のあとで全体を30センチほどに
刈り込んでおいたのです。
そしたら、今年は意地になったようで蕾もないのに、大きな
葉っぱばかりが育ち、全体に1メートル近く伸びてきたんです。

どんなに青々した葉でもサラダにもお浸しにも出来ないでしょうから、
またまた、植物ゴミ回収の前日にでも短く切らなければ…と思い、
今年も、がっくりして居るところです。

ゴーヤも茄子も、ただ今成育中で~す

土にかかわり、初めて植えてみた茄子の苗、
「親の意見とナスビの花は万に一つの無駄もない」と、
子供のころから聞かされてきた諺を信じて、苗2本・・・。

小さなプランターでも沢山の花がつきました
でも、何故かダントツに一個だけが早く成長してます。
2~3㎝の予備軍は沢山控えてますが、其のままでいいのかな?



ゴーヤの赤ちゃんも頑張ってます
いまのところ、5センチほどのが一個だけですが
まだ2カ月もあるので、これからが楽しみです。

なぜか今年は雄花が多くて、なかなか結実してくれません
気温の関係で、此れから暑くなると雌花も咲くのでしょうか?

プランター2個に苗が6本ですから、せめて10センチ以上のが
5~6本位収穫できたら嬉しいな~なんて、案外消極的な望みしか
持ってないんですけど・・・。
そもそも、目的は窓から入ってくる強い西日対策なのですから、
本来の目的は十分達成されているのに、そのうえ沢山の実まで
期待するのは欲張りかな~

北区にある川

北区にはこのような川があるらしいです
そちらに住む友人から、その近辺の写真を何枚か貰い
描いてみたものです。
水が沢山、轟々と流れている川より、川底を加工してあっても
浅くサラサラ流れる川のほうが、涼しく快い風が川面を
滑ってくるように思います。
此の周辺はきっと涼しいのでしょうね~

水源地
北区の川          6号水彩画




ドレスデンの思いで

以前のことですが、ドレスデンに宿泊した日が生憎日曜日
ショッピング街はほとんど休日でヒッソリしてたこともありました。
そのころを思い出して一枚描いてみましたが・・・
「100塔の街」ともいわれる、重厚な街にも若い人好みの
軽やかなモダンショップが案外目に入りました。

ドレスデン400
ドレスデンの朝          6号水彩

ドレスデンは、ドイツのプラハから2時間ほどのせいか、
立ち寄ることも3度くらいでしょうか・・・・。
此の時は、ドイツでベルリンの壁の崩壊後を見たりポツダム。
マイセン。などの見て回った後を経由し、ドレスデンに入ったのでした。
そして、ドレスデンのマイセンタイルの壁を見たりしたのです。

マイセン陶器
マイセン陶器のタイル25.000枚で出来ている壁「君主の行列」は
102メートルもある壁画で・・・と、説明があったのも 第2次大戦で、
ほとんど壊滅したのに此の壁画は残り、オリジナルで超貴重品・・・とも
聞いたように 思いだされてきます。
「100塔の街」といわれるドレスデンは何度でも行ってみたいたい所でした。


今年はサクランボの当たり年

今日もサクランボが届きました。
其れがびっくりするほど、大つぶの立派なサクランボ!!
一見・・・ミニトマトかと思うくらいの大粒です。

2

ちょうど、佐藤錦とかいう種類のサクランボを別件で
頂いたのがありましたので、並べてみましたら・・・。
余りの違いに、またまたビックリです。
大きいのに味も濃くて甘く、その美味しさは今年の一番・・・

青森や山形県からのサクランボですが、きっと今が
最盛期なんでしょうね~、
年々改良されるたびに立派な品質と、立派な価格に
なって行くのでしょうかね~。

1



もう2週間くらい暑い夏空が続きます

6月初めは2週間余りの雨で、蝦夷梅雨と言われましたが
その時期が終わると、晴天ばかりの夏日が続いてます。

本州や九州では雨量が多く災害さえ発生してるのに・・・。

天気をつかさどる神様に、狭い日本、コントロールの程
宜しくお願いしますと言上したいところです。

スイレン

北大構内の大野池には、今年もハスが一杯咲いてます。
そして、国の内外から見えた観光者と感じる方々も一杯です。

全国各地…今が観光真っ盛り!!というところでしょうか・・・。




7月になりました

先日、写生してきた札幌市内です

・7月

今年も半分終わり、ちょうど折り返し地点ですから、
残りの半分は、今まで以上に気を入れて過ごしたいとは
思っていますが・・・。



カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター