秋の風景 。サイロ

水彩、油絵
09 /30 2013
秋草のサイロ(江別近郊) 水彩画


日ごとに秋を感じるようになりました。

八日の昨日は旧暦で言えば寒露にあたります
秋が深まり、野草に冷たい露が残る季節。収穫の時を迎え、
晩秋の気配の濃い山野は一面に紅葉し、野生の動物たちは
冬籠りの準備をする頃でしょうか・・・。
朝晩の寒さも徐々に強くなることでしょう

今しばらくの間は紅葉した木々の美しさに見惚れ
空の青さと深さに眼をとどめるだけの余裕をもって
毎日の日々を送りたいものです。


札幌大通公園のトウキビやさん

水彩、油絵
09 /29 2013
大通り公園の風物詩       水彩画


大通り公園には欠かせないトウモロコシのワゴンを描いてみました

このワゴンも随分進化してモダンになったので、いつ頃から
大通り公園のトウキビがあるのかと調べてみたところ、
ビックリするくらい歴史があるんですね・・・

それは古く…明治の後半から屋台形式で有ったのだが、
人口の増加、市の繁栄に伴う交通量の増加などを理由に
昭和40年ころ屋台全面排除の市令が出たそうなのです。
ちょうど、サッポロオリンピックが決まった頃のようです

ところがその撤去令は、内外の市民から猛反対・・・

「札幌の風物詩をなくしてはならない」という大半の声に負け
市は撤廃を取りやめ、全面管理をその時以来、観光協会に
依頼したという事でした。そして、その時以来
トウモロコシ・ワゴン車が誕生したようです(1967年頃)

それ以来・・幾星霜のあいだ、観光協会の管理のもとで、
発展してきたところ、昨年2012年より今度はキヨスクの
会社に業務委託されたという事なのです。

今年あたりはトウキビのほか、販売する品も増えたようで
随分ワゴンも大きくなったように見えます。

例年、ワゴン出店は4/26~10/14迄と決められていて、
もう半月ほどすると目にしなくなりますが、そうしたら
いよいよ本格的に木枯らしの季節… 寒くなりますね~



明治のころからあった大通り公園のトウモロコシ
その昔、石川啄木も食べたのか立ち寄っただけなのか
このような句も残されています。

「しんとして幅広き街の秋の夜の 
        トウモロコシの焼くるにおいよ  啄木」


国立西洋美術館でダビンチ展

小さい旅、大きい旅
09 /27 2013
上野公園にある国立西洋美術館では、9月6日より
ミケランジェロ展が、開催中なので観てきました。

「神のごとき」と称されたミケランジェロの作品が
部屋ごとに区別され、初期作品から晩年まで
彼の作品30点余りに加え、関連作品60点など
門外不出と言われたものなど・・・それは見甲斐ある
展覧会でした。







彫刻・絵画・建築・と幅広く活躍したミケランジェロの
今迄知られていなかった創造的プロセスや、その秘密なども
本展を通じて明らかになる・・・・と、記載されてましたが、
何が判るのか、サッパリ判らないままのがんばばでしたが、
システィーナ礼拝堂の天井・壁画の膨大な原稿、下絵などを
見たときそれは深く感銘しました。
天才といわれるほどの才人でも、こんなに膨大な影の努力を
費やしていたのかと、深い感銘とともに反省しました。

fc2blog_201309230736047d2.jpg







新橋演舞場で昼の部を観る

小さい旅、大きい旅
09 /25 2013
昨夜の歌舞伎座に続き、今日は新橋演舞場での歌舞伎観賞です
10時半開場なのでホテルは9時ころ出たが、もう陽は高く
空気はジワッと暑くなっている。

会場の前はすでに、小母さんたちの長い列ができ
若々しいその熱気たるや、年齢には関係ないことをしる。


開演前の緞帳と、天井のライトが美しい



9月の舞台は忠臣蔵の御浜御殿と、踊りが最高の男女道成寺
そして、幸四郎の河内山宗俊だった。



昨日と同じように幕間休憩では弁当が配られたので、
自分の席でゆっくり昼食をすますことができた。
昨日の歌舞伎座より大分格落ちの内容ではあったが・・・。



有名な演舞場名物が小豆ソフト!!と聞いていたので
売り子が回ってきたとき即・ゲット
程良い甘さで、パリパリの香ばしい皮が特に美味
座席を廻り、目の前で最中の皮に盛ってくれるので
パリパリ度は最高なのだ・・・。



歌舞伎座が新しくなったせいか、この演舞場の古さが目につく。
道成寺のときなど、白拍子に扮した橋之助が華麗に踊る時など
舞台が少し狭い感じで、もう少し広かったら・・・などと
思いながら観ていたものだが・・・・。
今度,新装の歌舞伎座で踊る橋之助を是非観たいものである








新歌舞伎座に行ってきました

小さい旅、大きい旅
09 /23 2013
歌舞伎座の前景ですが,大きな車のきれることのない位
激しい交通量の道路でした。
こんな一枚の全景写真といえども、ガンババの腕では
その瞬間のシャッターチャンスはチョット大変でした。



新しい歌舞伎座天井付近ですが、ホンの一部



9月の舞台は新作歌舞伎で夜の部は「陰陽師」でした。

染五郎と海老蔵など若手が総出演と云う、
こけら落とし記念の16:30~20:30までの舞台でした。。



途中の幕間休憩時間には歌舞伎弁当が配られました。
これは参加旅行社の手配によるものですが・・・良い弁当でした。



入場前にエスカレーターで下がった地下のお土産コーナーです。
全国から来たお客であふれている感じ・・・
歌舞伎っぽいパッケージに入ったさまざまのお菓子や食品を
群がって買い集めています
きっと、知人友人へのお土産なんでしょうね~~



スッカリ暗くなった空も、歌舞伎座終演のころは
一面賑やかに明るく、華やかな空気に囲まれた感じでした。
さすが、この暑い時期でも着物姿の女性が多かったのには、
少々ビックリしました。さすが伝統ある歌舞伎座ですよね~



終演後は迎えのバスで、赤坂見附にあるホテルまで直行です
途中、たくさんの繁華街を通り抜け夜の観光もできました。

でも、残念だったのは、この日が十五夜で仲秋の名月だったと
云うことです。
ビルの谷間を走るバスの窓からでは、名月も拝めません
おまけにホテルの窓からも駄目でした。

折角のお天気というのに、これだけは本当に残念でした。

油彩で裸婦の写生しました

水彩、油絵
09 /19 2013
裸婦 油彩


今迄、裸婦の写生は椅子に座るポーズと
立ちポーズばかりでしたが、今回はじめて
横たわるポーズで描くことになりました。
些細なことでも始めてというのは、新鮮な感じです
でも、モデルさんが疲れて居たのかウトウトと
時々、眠りの園に行ってしまうことでポーズが変化するのです
あら~困ったわ…という気持ちと、プロでしょ‼
という気持ちを交互に心の中で呟きながらの
思いである一枚になりました。

見てビックリしました

身辺日記
09 /17 2013
先日、糖分含有のこんな写真を見ました



「00パーセントの糖分が入ってるんだって~
ヤッパリ甘いと思ったよ…また太るよね~」なんて、
言いながら冷えた自販機の飲料を度々飲んでませんか?
上の写真を見た時今更ながら、ビックリしました。

糖分量を角砂糖にして積まれた表示は凄く解りやすいですね~、

無意識で飲んでいたのが、こんなに砂糖を採っていたのかと
恐怖さえ覚えました。

何かで読んだのですが現在、糖尿病予備軍が増加しつつ
あると云うことです。
一本のジュースでさえ此んなですから全ての食品を角砂糖で
表示してみたら、もう驚きでしょうね・・・

食事や間食などで無意識に摂っている角砂糖の量ははたして
いくつ位になっているのでしょうか~

ヤッパリ太るという原因もこんな処にもあったんです。

秋です美味しい物が一杯‼

札幌周辺・季節の便り
09 /15 2013
夏も終わり、いよいよ実りの秋が訪れました



大通公園では13日からオータムフェアが開かれてます。

併しこのお天気では、ユックリ美味しいものを食べ歩きする
事も無理なようです。
初日はお天気でしたが、すごい混みようでしたから少し
一段落してから・・・なんて、思ってましたらこの雨です
ご執心の店がある方は雨にも負けず・・・と、出掛けられた
ことでしょうが、特にお目当てもなく好奇心だけ有るという
一般人であるガンババは、当然この大雨のなかでは一歩も
出たくありませんから、そんな人たちも多いかな~と、
思ったりしてました。

期間中、仮設テントで腕に自信のメニューや収穫物の
ご披露などするため頑張って出店された方達には、
本当にお気の毒なことだと思います。

せめて、残っている10日間余りだけでも、良いお天気で、
食欲をそそる様な澄みきった秋空になってほしいと思います。


ずいぶん長いことブログをお休みしてしまいました。

ネタ切れもありましたが、パソコンの調子が悪くなり
根本から調整して貰ったことで、内容がバラバラになったり
消えてしまったりしたのです。

そのバラバラ事件の後始末に大変だったりで、すっかり
時間を取られブログまで手が回らなかった感じでした。

……でもやっと一段落しましたのでご無沙汰中のブログも、
またボチボチとUP出来るかな~と、今は思ってる処です。

ヒマワリとダリアの花瓶

水彩、油絵
09 /06 2013
ヒマワリとダリアの花瓶     水彩画

ひまわり

9月になって朝夕はすっかり涼しくなりました
そして、毎日一度は雨が降るという天気が
続いて梅雨のような気分です。
例年のようなカラッとした秋空が早く訪れて
ほしいですね
間もなく寒風の吹く季節がくることを思うと
この季節特有のカラッとした空の高さがとても
なつかしく愛しい思いがします

ナナカマドの実もすっかり赤くなってます
夏の花のヒマワリもほとんど終わり、たまに
季節を外れた天邪鬼の小花を見るくらいです。

9月のカレンダー

水彩、油絵
09 /01 2013
水彩カレンダー    9月
キャプチャ

つい先日までの暑さが信じられない位、
冷えた風と雨模様の朝ですが今日は
二百十日・・・そして防災の日。

90年前には関東大震災があった大変な日とあっては、
悪天候も仕方ないか~なんて納得。

近頃はブログの記入もすっかり怠けてご無沙汰でしたが
加齢とともに行動範囲がだんだんせまくなり
毎日の変化に乏しくなったり、怠けて描かなくなったりで
ブログネタの欠乏状態なのです。

其れに加え簡単に投稿できるせいか、
現在凝っていたのはFacebookでした、
投稿後の反応手ごたえも即座に戻ってくるので
張合いも有り、簡単処理につい興味が移ってました。


ガンババ

FC2ブログへようこそ!