2013年・水彩グループ展「かおり・芳彩会」

4月2日から7日までのグループ展のご案内です

先生から28日に此の案内はがきが渡されました。

急いでも29日の投函になるでしょうから
今年は、ブログ掲載だけのお知らせということで・・・。

かおり会

こちらは個人的に印刷し、先週発送した分です
自分だけなので、先日描いた絵を入れました。

毎年グループ展のお知らせを頼まれている方や、
芳名帳に記されてた友人たちなので、
大体50枚余り・・・・
大した数ではありません
でも・・・会期中は、その方たちと会えるんです
それが、グループ展中にある楽しみの一つかも・・・

グループ展

此の2~3日は寒いながらも春めいてきたようで、
明るい日差しになった感じもします。

チョット足を延ばして大通美術館まで
お出かけになりませんか・・・・。

何年も前の花の絵が、再登場

今日はまた、もう何年も前に描いた花の絵です

近頃はなぜか、花の絵は全然描いてませんが、
そろそろ季節も春になり、花屋さんにも
春の花が沢山に並びましょうから、ボツボツ
花も描いてみようかな~

カラフルな薔薇

来月の4月2日(火)から、札幌大通美術館で、
ガンババの所属する水彩グループ「かおり芳彩会」の
2013年のグループ展があります。、
近くまでお出での節は、是非お立ち寄り下さいまして
ご高覧・ご批評など、頂けましたら有り難く思います

なんてん

ガンババも3点ほど出してますが、いずれも
此のブログに最近出したものですが、実際の絵と
映像が、どれほど違うか違わないかを、
確かめてみるのも一興かな~なんて、
思ったりしてます・・・。

オールドローズ

もう3月も終わりますね
いよいよ新年度の4月です・・・今年はまだ道の脇に
雪が沢山融けず、山となっているのに、本格的な
春の訪れは何時になるのでしょう・・・。


東京にて  ④

今回、初めて利用させてもらいましたが
便利な無料バスがあるんです
路線は、わずかな範囲で日本橋周辺と丸の内周辺
だけですけど、三井記念美術館やブリジストン美術館
または、三菱美術館は、ビル前に停車するのです。

メトロリンク日本橋

午前10時から午後8時まで、
10分ごとに回ってますから、
余り待つことも無く、
込み合うこともないようでした。

同じく無料で、丸の内シャトルというのも
あるのですがまだ乗ったことがありません。
次回の経験を楽しみにしてます
どちらも、地元企業が協賛し運行してるとか・・・
無料なんて、本当に有り難い事ですよね、

又、其れにもまして有り難いのは、
乗り換えのため地下鉄階段をグルグル
巡ることなく処によっては、
美術館のビル前に停留所!!なんて
すごく嬉しいですね~

メトロリンク路線

この下の赤いバスは、スカイバスと言って
皇居から、銀座など50分ほどかけ、
ガイド付きで一周してくれるのです。

一周には、料金1.500円程かかると
いう事ですが、少しの時間だけ観光したい等と
云う目的の場合に良いのかも・・・。

此のバスにも機会を作って、
暑くまらない春風のうちに乗ってみたいですね~

スカイバス


東京にて ③

東京は初夏と言っていいほどの気温で、コートはもちろん
上着も要らないくらいで、雪の札幌では考えられない
お天気でした。
桜は満開、歩道脇の植え込みや花壇など、ミニシクラメンや
パンジー・クリスマスローズを主とした色々な花が咲き
今回は、ひと足早く美しい花の春を満喫してきました。

お雛様

もう雛祭りも大分前に終わりましたが、
日本橋の三井記念美術館で、三井家代々の茶器と
雛人形特別展があるのでみてきました。

名称未設定-1

さすが三井家の雛人形・・・代々の女性が初節句の度に
京都の名だたる名人に贅を尽くして作らせたという
豪華な逸品ばかりが並んでいました。、
中でも特に目を奪われたのは京都の名人と言われた
5世大木平蔵という人形師が特別に制作したという、
幅3メートル高さ5段の、豪華絢爛な雛段飾りでした。

漆絵瓶子

沢山続く展示室には、雛人形のほかに色んな
酒器や茶器漆器・陶磁器・金属器・など、
日本独特の多様な器が並んでました。

さすが素人目にも、名品であることが
窺えるような逸品ばかり
揃ってますので、感激しながらしっかり、
目の正月をさせてもらいました。


東京にて ⑵

今回のホテルは帝国ホテルでした。
チョット豪勢にみえますが・・・さにあらず
往復飛行機込み2泊・朝食付き、39.800円



ホテルのバイキング朝食を済ませ(和食の「灘万」より
ボリュームたっぷりの、和・洋のバイキングにしました。

今日は日本橋方面や原宿に出かけます。
同行「アビ」は本来の目的、国際フォーラムでの用事は
昨日の夜に終わり9時過ぎホテル着でしたから、
今日はもうフリーなのです。



現在ポップコーンで有名とか云って…原宿で
長蛇の列で買うと言う店に行きました。
噂に違わず、店の前だけでは間に合わず、
向かいの小さな公園にまで列は延びてました。

さ~あて、どんなポップコーンなんでしょうか???



其の「ギャレット」というところのポップコーンは、
映画館で買うくらいの大きさの・・・紙の容器でなく
缶でしたが、なんと、2800円もしました。
高いコーンなんだとビックリしましたが、
あの長蛇の列の人気はただ事ではありません

若者にだけ判る魅力がきっとあるんでしょう。
末の孫がご所望なので、はるばる来たものの
列に並ぶのは勿論・・・「あび」先生にお任せです。

東京にて…

桜が満開に咲いていた東京に行ってきました

三菱の一号美術館にルノワールなど、印象派作品を
数多く収集していると聞く、クラーク美術館のコレクションが
初めて日本で公開されたので、それを見てきました。




今まで、あまり見たことがなかった絵が沢山あり
ゆっくりゆっくり見てたら三時間もかかってしまいました



三菱一号美術館の貫録ある建物と、その中庭で寛ぐ人たち。

クリスマスローズの一杯咲く花壇や桜の咲く下で
幼児を遊ばす若い両親や椅子に寛ぐ老人の姿など、
其れは穏やかで、平和な公園見たい感じ・・・。



お昼はすごく珍しい食事でした
どこを見ても、あまり変わり映えのしないメニューに
迷い迷い歩いている時、目に入りました。



ご飯のお変りもでき玉子の追加も二個まで自由とか・・・。
卵の黄身はオレンジ色に近く、半円より高い位の盛り上がり
それはもう・・・一級品のたまごでしょう

半熟卵丼の上に生卵・・・というのが、予想外にイケました。

日頃より、生卵は勿論のこと半熟でも固めに火が通ってないと
生臭く感じ全然口にできないのが、生卵をご飯にかけ
美味しく頂けたのは、本当に不思議な事でした




大分前に描いたものですが、再び・・・

これは、大分前にタイ旅行で、道なき道をオート三輪の
荷台に乗り、コタコタになりながら運ばれ、家の中まで
見せてもらった山岳民族の小さな部落の女性です。

素朴な暮らしに感動のまま帰国し、一気に描いた油絵です。
暗い粗末な家で暮らしてましたので、重苦しい雰囲気を
出せたらいいな~などと、思いながら描きましたら
すっかり暗く汚い感じになってしまいました。

母と子(1)        10号F油彩
タイ、山岳民族


母と子(2)        10号F油彩
タイ、山岳部落にて

電気も無く窓もない、真っ暗な一軒家を訪問しました。
部屋の戸がなく、ロープを渡しては、布や敷物みたいな
物をかけて、間仕切りにして寝るそうで、頭が引っ掛かり
そうな位置に無数の綱が張り巡って夜の部屋作りの準備
ということでした。
一戸には平均5家族位が同居し、寝食を共にしてるそうです。

その様な生活様式を見てから、もう十数年たちました
今頃はきっと、ビックリする位、開発されたその部落で
快適な文化的生活の日々を過ごしている事と思います。

九州の名物なんでしょうか…



丸井デパートで沖縄・九州物産展を
してました。
午後からの温泉行き集合時間迄に
少し間があったので、
友人とちょっと覗いて見ました。

初日でもないのに、歩けない位の
大入りでビックリ……

欲しいものも見かけましたが、
出かける前の荷物も嫌で我慢でした。

でも、九州の「いきなりダンゴ」だけは、
同行者の数だけ4個…ずらり連なる列に
辛抱強く並んで買いました。



輪切りになったサツマイモの上に
紫芋の餡、そしてその上に小さな
栗のカケラが一個。
それを包んで蒸したものの様で、
とても素朴な感じです。

定山渓に到着し温泉ホテルの部屋で
食事前のひと時にお喋りしながら
4人で頂きましたが、甘さ控えめでとても
美味しかったです。

(話に夢中で写すの忘れ、大分食べた後
思い出してパチリ・・・・。
歯形がついて不細工画像となりゴメンナサイ!!)


人形

人形          水彩画6号
ジュモー人形


東北の大災害からもう2年過ぎましたが、まだまだ
復興されていないようで、不自由な生活が未だに
続いている方が大勢いられるそうですね。

私も当時は、貧者の一灯でもできるだけ頑張ろう!!
などと郵便局に走ったり、タオルや衣類の
新品ストック品をまとめて、その筋に持ち込んだり
しましたが2年後のいまでは、申し訳ない事に
日常の毎日に、あの頃の記憶も埋没してしまい
表面には余り出て来ないようになってました。

今年も又あの日・・・、3月11日が巡ってきました
もう私たち高齢者には、直接何かをすることは
なくなってしまったようですが、
せめて忘れる事がないよう、亡くなった方々の
ご冥福だけでも祈るようにしたいものだと、
あらためて11日を迎えて思ったことでした。




久しぶりです新中華料理

本当に久しぶり一年位のご無沙汰で
新中華のランチ会でした。
四人の部屋を予約してあったので、
ユックリタップリ、楽しく美味しい時を満喫できました。















中華…と言っても、割合に薄めの味付け
そして、独特の油っこさも匂いもなく、
とても食べ易い此処の中華は案外お気に入りなんです。


~全日空ホテルー25階-新中華「堺」~


こんなにピエロを描いてました

気がつかないうちにこんなにピエロを描いてました。
此れはパソコンに記録してあった油絵の分だけですが、
実際には、もう2~3ポーズ描いた記憶もあります。
これに水彩の分も加わると、結構な数のピエロを
描いたんだな~と、いまさら驚いてます。

でも、キャンバスとして残っているのは一枚も無く、
すべてが処分済みなので、現在はパソコンの中だけに
残る、なが~い思い出の一部なのです。

その上、モチーフとして何度も役に立ってもらった
ピエロもそろそろ飽きたきたので、
先日、絵の友人にあげてしまいましたから、
もう当分ピエロを描くこともないでしょう・・・・。

ピエロ2点


ピエロとドライフラワー


若いピエロ二人


哀愁のピエロ


自宅のピエロ

03月10日(日)

今日の札幌、厚別区は朝から吹雪状態です。
風が強いので、降る雪と積もった雪が、風に飛ばされての
地吹雪状態となって、もうダブルパンチ・・・・。

時折、吹雪が切れ間の一瞬・・・窓辺にさす光は
さすが3月、明るくやわらかい太陽です

早くこのような明るい光を、毎日のように浴びたいな~

啓蟄も過ぎました

すでに啓蟄も過ぎましたが、
まだまだ寒い日が続いてます。
毎週変わるロビーの花は少しづつ
春めいてきた感じもします。
先週の花材は、木瓜.アマリリス.
アオモジ.ドラセナ.ヤツデ。

今週のはエビデンドロだけが、軽やかに活けられてました。



水彩画

回想     水彩画       6号
チャイを飲む男性

水彩画のグループ展が、4月早々にある予定なので
最近はそれを念頭に置き、描いている状態・・・。

日頃は持ち歩きに嵩のない4号ばかりに描いてますが、
近頃は、6号も描くようにしてます。
やっぱり6号は描いていても気持ちに、
伸び伸び感があるとみえ、より楽しく筆が動くようです。

油絵では良く描くような、20号、30号なんて紙に
一度描いてみたいようにも思ったりしますが
一発勝負で描き直しがきかない、水彩では
やっぱり恐ろしくて、その勇気はまだまだありません。

ひな祭り

桃の花どころか、雪の花舞う中で雛の節句です。
天気予報では2日~3日は、大荒れ
猛吹雪となるそうです
これが、今年最後の大暴れだといいんですけどね~。
          

我が家でも今の季節はこの様に、
ささやかなお雛様を飾ってます。



10センチ前後の小さな、内裏様ばかりですが、
かってマンションに移転の時、其れまでの大きな
七段飾りを福祉施設に寄贈したので、友人達が
自分のお得意分野で其々に作ってくれたものです。

小さくても、心のこもる最高のお雛様ばかりです







あちらこちらと目の届くところに置き、
懐かしい友人との思い出を重ね合わせては、
優しい気持ちになっている今日この頃です。

今日から3月!!

いよいよ3月・・・
梅が咲いてる処もあるのでしょうね~

キャプチャ

札幌はまだ雪に囲まれています
2月最後の日、28日もほとんど一日中降ってました。
でも気温はプラスでしたが、3月1日からは
マイナスの寒い日になるそうです。

一日も早く、梅の開花、桜の開花が待たれます。


カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター