思い出しては描いてます

昨年の旅行先、プラハ周辺を最近になって
思い出しながらボツボツ描いたりしてます。

此れは、カレル橋の上ですがグループと歩いていたので
スケッチする暇もなく、会釈してカメラを向けると
ポーズまでしてくれたので、予想した自然の状態が写せず
そのサービス過剰にチョット・・・・。

カレル橋の上で

橋の上には、まだまだ沢山の描く人、作る人
エンターテイメントのグループなど、
それは賑やかでしたから、面白く興味ある時間でした

此れから少しづつ、そんな風景も描いていきたいと
考えたりしています。


ミシンの時間

今年になって始めてミシンの前に座りました。
友人の買ったチュニックベストの
両脇についたポケットが邪魔で不必要
と言う事で、削除してあげる事にしたのです。

ロックミシンの縫い目や、ニットに
食い込んだ縫いを解くのに、生地を
傷めないようにと、意外に神経をつかいましたが、
なんとか無事完了です。



ポケットは両脇、共布で出来てましたので、
ダダお返しても捨てるだけかな~と思い
小さなポーチを作ってみました

両脇なので、二つも出来ましたから、大きさを少し
変えてみました。

伸びないよう綿の裏もしっかり付けましたので、
バック内の小物整理に、きっと重宝するでしょう。



懐かしい一枚の水彩画ですが…

水彩を始めた頃の一枚が出てきました。
大体は気に入った数枚を残し、一年毎に
始末してるのですが、何故かこの一枚は
全然関係のない場所から出て来ました。

始めて水彩教室に入って間もない頃
先生の写真をお借りして描いたもので
忘れていただけに懐かしい気がします。



あれから……数年経ちましたが、悲しいことに
それ程の進歩がない様に思う事です。
何時になったら、満足できる一枚が
描けるんでしょうね。
手も頭も年々老化の坂道を加速しながら
転がっているというのに(^-^)/

またまた焼き肉へ

日曜の夜はまた焼肉でしたが、
その日は冬の逆戻りかと思う程
雪の降る夜でしたから、
いつものシルクロード迄行くのを近くで
間に合わせ様と言うことでした。





久しぶりの「徳寿」に車は到着です。
以前と同じように、店先に米俵が積んであり
懐かしい気もしましたが、
そんな風に思うほど度々来ていたんでしょう。
親子ともまだ若くて、健啖家だったんでしょうか~。

いつもの様に一通りの物を焼いたりビビンバを食べて
一段落ですが、ここのソフトクリームが、美味しかったこと
思い出した息子が、デザートにオーダーしましたが、
残念ながら品切れとの事で、バニラのパフェにしてました。
もう50歳も済んだのに、まだそんなのが好きだなんて~

ガンババは、オレンジの皮に入っている
オレンジシャーベットにしました。

そんなこんなで、楽しい食事も済んで、外に出てビックリ…
車上に積もった雪が20センチ以上もあったんです!!

又これで春が一歩後退した感じかな……。

定山渓ビューホテルも落ち着きを取り戻してました

忘れる頃の昔行っただけで、此処は敬遠してましたが、・・・・





今回は、傍若無人の外国団体が全然見受けられず
とても静かなうちに、入浴も食事も楽しむことができました







随分久し振りに、定山渓ビューホテルに行ってきました。

十年以上前でしたか、偶々行く機会がありその時は、
ロビーなどの置物や調度品が殆ど東南アジア系で飾られ、
加えて、館内を大声で歩き回る人たちの言葉もただ、
喧しいだけで此処は何処?私は誰?な~んて感じで、
それ以来敬遠してたのです。

併し、今回は、スッカリ落ち着きを取り戻して居ました
ウイークデーのせいも有ってか、少し閑散という感じで、
大浴場もロビーも二~三人の人影で寂しい感じではありましたが、
ユックリ落ち着いた時を過ごせました。

2013-02-16 08.35.58

バブルの最盛期に建てられたのでしょうか
ふんだんに大理石が使われている豪華な構造に加えて
洋式の椅子やテーブルの豪華なこと、昔のイメージだった、
木彫りのスクリーンや、仏像、水墨画、香炉の類は
すっかり姿を消してました。

2013-02-16 08.51.23


インド・ゴヤ族の母子

母と子   水彩6号
インド、コヤ族の母子

二月も半ばを過ぎ19日は、「雨水」という事です

雨水とは日差しも春めいて、雪や氷も融けだし
雪が雨に変わり雨水も温みだして、草木の芽吹きを
促し、萌芽の兆しが見える頃・・・・と、
ものの本に書いてありましたが、北国の札幌はまだまだ
その兆しさえ感じられない寒さ続きです。

でもその深い雪の下では、春一番の花の芽達が、
ひそやかに出番の来るのを待っているんでしょうね~。

一時のにぎわいを見せた雪まつりの雪像も、
今はすっかり解体され、その名残さえ見せず
ひっそりした雪山になってしまいました。




多くの人を楽しませ、驚嘆させた大雪像残骸の
この雪山だって、大切な思い出に残る札幌の風物詩でしょう。
そして、この雪の山が融けてなくなる時こそ
北国にとっては、本当の「雨水」と
言える頃なのでしょう。

ロビーの花 二月



雪まつりも終わりましたが相変わらず寒い日が続きます。
今回、東急デパートで恒例の「北の手づくりマーケット」が
13日まで開催されてました。
同居人(あび)が、教室指導で抜けられない時、
ピンチヒッターで、九階の売り場に立ちました。

予想して、一枚少なく着て立ちましたが、
其れでも暑い感じでした。
多勢来てくださったお客様は、皆ダウンやコートを
着てられますので、それはもう暑そうでした。

ガンババも何時もは、お客として出掛けてますので、
デパート歩きの暑さは、よ~く分かります
外歩きのままコートを着て店内に入りますので、
背中の中央は汗がタラ~っと流れる状態です。

店内スタッフも、ショッピングするほうも、心地よい
程々の温度確保って無いものかな~なんて、
今回は売り場に立ってみて、ツクヅク考えたりしてました。


冬の水彩画

雪原の風景         水彩画6号
十勝の雪原

建国記念日も終わり2月も中旬・・・
やっぱり、一月に比べ過ぎ去る日々が早いようです。

近頃、物忘れ甚だしいガンババの思い違いでなかったら
西行法師が、こんな句を詠んだという覚えがありますが・・・、

「願わくは、花の下にて春死なん
    その如月の望月のころ」


ガンババも常にその心境ですが、それにしても
如月と言えば2月のこと・・・花の下といえば桜が
連想されますが、梅だったんでしょうかね~

それとも昔は旧暦で、今の太陽暦・新暦になったのは
明治6年からとか聞くので、それ以前に詠まれたものかな~
それなら、3月下旬のころかと思うので、本州南では
如月の望月に満開の花という望みを託しても大丈夫・・・
な~んて、自分流に解明しホッとしてみたりしてます。

最近は人生の雑用・雑事から一段落したので、
頭がすっかり暇になってしまい、こんな他愛無いこと
考えては、悩んだり満足したりしてる状態です。

雪まつり私的寸景

第64回雪まつりの開催中に、大通公園の
雪像だけ見てきました。
平日のせいもあって程々の観光者で、
一丁目から12丁目まで、
ゆっくり見ることができました。

今年もたくさんの業者やメーカの仮設店舗が犇めき
大きな雪像も影が薄く、主役転倒の感じさえ・・・
でも、ぐっと好意的にみると、
沢山の協賛業者のおかげで、より以上賑やかに
盛り上がる事にもなるのでしょうか。

2013-02-08 13.07.31

7丁目の大雪像は、タイ王国の
「ワット・ベンチャマポピット」という大理石寺院の
雪像でしたが、ちょうどタイから来た踊り子さんが
優雅なタイ踊りをご披露最中でした。
薄ものに見える衣装で、南国育ちの彼女たちは
にこやかに微笑みながら、優雅に舞ってましたが、
この寒風の中でどんなに寒いかと思うと、
プロとは言いながらも、可哀そうで切ない感じ。

2013-02-08 13.03.06

今年初めての、お目見えかと思った
移動映画のスクリーンでしょうか・・・。

大型トラックに設備されたものでした。
観客用の椅子が沢山用意されてましたが、
さすがこの寒さの中では掛けて見る人もないのか、
だれも腰掛けていませんでした。

2013-02-08 13.21.53

5丁目広場の「豊平館」ですが、札幌というより
北海道にとって、歴史ある大切な建物の再現です。


2013-02-08 13.25.46

4丁目の、よみうり広場の雪像は超デラックス

雪まつり関係自衛隊5グループが、
協力し完成した大雪像は、
「伊勢  神話への旅」とのネーミングで、
それは、それは・・・ひときわ目立つ雪像でした。

第62回伊勢神宮式年遷宮が、
平成二十五年に迎えるにあたり、その奉祝のために、
全力をかけて制作されたとか・・・・。

伊勢神宮を背景に、今も語り継がれる
日本神話の題材を配し
力強く優雅に構成された力作は、
さすが感動に値するものでした。





以前の油絵ですが・・・

鳥籠とデコイ(油彩)     6F
  

、鳥かごとデコイ

だいぶ前に描いたものですが、偶々出てきましたので
懐かしい感じがして・・・

さいきん、電波の具合が悪くネットにつながらないのです
アイフォンですと何でもないのですが、小さいので
大変ですから、せめてアイパットなら・・・と思い
アイパットでブログUPしてましたが、やっぱり
いつものパソコンからでないと、アズマシクないのです。

原因がわかり、早く正常に戻ってほしいですよ~

ロビーの花

さくら ドラセナ グズマニア



雪まつり会場付近は、沢山の観光らしいお客様でにぎわってました。
キリッと凍れが強く晴れの天気なので、最高の雪まつり日和でしょう。
此れで、雪まつり関係者もホッとしている事と思います。
先日のように暖気が続き、ボタボタ解けてきたらどうしようか…などと、
全然関係のないガンバばまでが、心配した位ですもの…
良かった~良かった~

冬のカトレア

しばらく雪が降らず、まさか此の儘の状態で春……な~んて事
有るはずないよねーなんて言ってたら、
今日は雪と風の冬日に
なってしまいました。(5日)



氷や雪で道も滑ります
雪の無い処で転んで来た身として、
此れからは、より以上の注意力が
必要だと、深く反省してる現在です。

もう大丈夫になりました

先月末に東京に行ってきましたが、
自分の不注意から転んでしまい
チョットした怪我してしまいました。
でも、もう大丈夫…肉食系女子として
治るのも早いのです。
より完璧に全快する様にと、息子達が焼肉屋に招待してくれました。









焼肉の店はヤッパリお気に入りのシルクロードなので、桑園までの遠征でした。
そして、美味しいお肉をいっぱい食べ元気モリモリで、
傷もほとんど全快しました。

もう立春となりました

暦の上だけと言えども、立春と聞くと
春遠からじ…と感じで嬉しくなります



若い時の様に歳の数だけ節分の豆を食べたら、
一食抜かなければならない位満腹となる程
沢山食べる歳になってしまいました。
オマケに歯だって、硬い豆は無理かも~ そんなこんなで、近年は豆撒き行事を敬遠してますが、
あくる日はちゃんと立春となってますから嬉しいですよね~。
もうひと荒れ二荒れは、来るでしょうが、首を長~くして春を待ちましょう

今日から2月!!

1月は例年のことながら、晴れやかな気持ちと、
改まった気持ちを密やかに感じながらも、
何かと落ち着かない日々ではありましたが、
いよいよ今日から2月になりました。

3日が節分・・・4日から立春です
又今年も春に、一歩近づきました。

5日からは第64回目の札幌雪まつりも開催され
大通会場、すすきの会場、つどーむ会場では
多彩な雪と氷の芸術がご披露されるでしょう

2月

寒さも今すこしの辛抱なので元気を出して
頑張りましょう!!

季節・鬼.豆.節分
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター