札幌時計台ギャラリーでのグループ展も終盤です

身辺日記
06 /29 2012
25日から始まったグループ展も最終日近くになりました。

今週は、毎日暑い日が続いてお出かけ戴くのも恐縮の中
毎日大勢のお客様に来ていただく事が出来て、グループ全員が
本当にうれしく有難く、感謝の日々です。

そしてガンババも、友人や、懐かしい画の旧友たちともタップリ
話す事が出来て、当番の日こそ嬉しい嬉しい至福の一日なんです。

2012-06-26 10.18.36

会場には16人がそれぞれ力作、2点~3点の油彩画と、
先生の賛助作品が展示され、個性を競っております

それぞれの作品は、差しさわりがあるのでUPは控え
ガンババが展示中の2点だけUPしてみました。
油彩のボリュームも、微妙な色も出ないため
似て非なるものではありますが・・・・。

ハマナス展1
トルコの花市        20号F(72.7×60.6) 油彩


ハマナス展2
早春のプラハ        15号F(65.1×53) 油彩


トルコの花市は以前、水彩で描いたことがあります。

油と水彩では、大分雰囲気も違いますので、今一度
水彩画もUPして見ましょうね。

外国の花市



                  絵・個展イラスト

初めて行きました

食の色々
06 /27 2012
随分前から看板を見たり前を通りかかったりしてましたが、
入ったのは今回が初めてでした。

2012-06-17 14.58.28

4人のうち、二人が同じものですから3種類でした。

野菜と鶏の黒酢あん・エビの和風あんかけ・チキンの竜田揚げなどと
云ったところです
ご飯は、ヒジキ・じゃこ・五穀ご飯などを選べました。
値段の方もまあまあと云ったところでしょうし、この手のお店には
珍しい位、おみそ汁がサッパリと美味しかったのは印象的でした。

2012-06-17 14.57.47

野菜とエビの和風あんかけを頂きましたが、器ごと火にかけるのか
とても熱く、焦げる寸前の感じでしたから、美味しかったです。

食後、友人たちとお喋りなどで何時までもゆっくりできる雰囲気では
ありませんが、何かの折にもう一度来てみたい感じではありました。

             bn252-4.jpg

夏用ショルダーバックですが

手作りの楽しみ
06 /25 2012
だんだん暑くなり服装も軽やかに薄着になって来ますので
バックも軽やかな薄地のものを使いたくなりました。

2012-06-21 19.58.14

薄地の軽い布で、ポシェットより少し大きめに作ってみました。
有り合わせの布が「B4」より少し大きい位しかなかったので、
此れが精一杯の大きさです
別に端布が7センチほどの細長いもの一枚有ったのですが、
細いので、重宝な後ろ側の大きなポケットには全然足りません
仕方ないので、二等分し幅いっぱいの細いポケットを前に付けました。

2012-06-21 22.49.33

内部には裏と、幾つものポケットも作り、使い勝手抜群に配慮です。

更に表のポケットに蓋が欲しいですけど、布はなく残念かな~

そこで思い出しましたこれまでにも色々な事に利用していた
 革ジャンバーの古くなった切れっ端のあることを・・・・・。
此れで大体、予定通りの線で完成です。

ファスナー2本は勿論、捨てるバックから外したもので
今回は一円の出費もなくやや思い通りに出来たので、
自分ながら満足満足でした。


今日の外出に早速使ってみました・・・
軽くて軽くて・・・タップリ入り最高でしたから、別の色を見つけ
もう一つ作ってみようかな~なんて、今思ってます。

                       bn252-4.jpg

余りの違いにビックリです!!

身辺日記
06 /23 2012
此の2本のバナナ・・・やや大きさも太さも同じようですが、
其れは大きな違いがあるんです!!

2012-06-18 22.34.45

どちらも、産地は同じフィリピン・ミンダナオです。

2012-06-18 22.34.17

↑のは、今回家人が有名な東京、千疋屋から買ってきたバナナです
一本ずつ袋に入ってましたが、なんと・・・1本200円

2012-06-18 22.34.30

↑此れは此れで、又ビックリ価格の 8本で198円!!
コストコのバナナですが、何時もこの価格で安定しています。
見た処本当に同じようで、袋から出すとどちらか判らない感じ・・・


早速、食べ比べてみました・・・一口ずつの比較です。
自分ながら物好きだな~と、呆れながらの行動ですが・・・

う~ん・・庶民の味覚では、あんまり違いはわかりませんね~
糖度計でもあれば正確な食味もわかるんでしょうが・・・
一本200円と以前から聞いていたので、どんなに素晴らしい
味かと、凄く期待していたのに、チョッとガッカリですね。

でも、その超高級品も、コストコの8本で198円のバナナも、
そう違わないと云う事が今回わかった事は、ガンババの好奇心を
チョッピリ満たしてくれる材料になったようで、愉しかったです。

              bn252-4.jpg

プラハのカレル橋の上で

水彩、油絵
06 /21 2012
カレル橋(プラハ)の橋上には、様々な職種の人が
営業と云うのか、デモンストレーションをしていますが、
お国芸のマリオネットをする男性も、当然おりました。

川から吹きあがる風も冷たい4月でしたから、コートに
手袋と云う完全武装でしたが、人形を操る手さばきは
さぞかし年期の入った腕と見え流暢なものでした。

マリオネット
カレル橋のマリオネット          水彩6号


街を歩くとマリオネット人形の専門店がずらりと軒を並べ
天井から足元までビッシリの様子は、流石に本場だと感激・・・。

プラハの人形3


プラハの人形4


プラハの人形5


プラハの人形2


                          漫画・チビ王女

札幌祭りも終わり、本格的に夏となります

札幌周辺・季節の便り
06 /19 2012
6月14日の宵宮祭に始まり15~16日が、
年に一度の札幌祭りでした。
ことしも、其の3日間は暑い位に晴れ、最高の天気に恵まれて
祭り気分も大いに盛り上がったようです。

神社祭が終わった途端、17日は朝からの雨となりました。

祭後も暫らく、中島公園や神社の杜等にテントを張って
興業や商売を続けている方たちには、迷惑な雨でしょうが
草や木や花など植物にとっては、慈雨とも云える
有りがたい雨の様に思います。

お天気だった本祭りの15日、円山まで足を延ばし
新年より2度目になる神社参拝をしてきました。

2012-06-15 12.11.53


2012-06-15 11.55.56

2012-06-15 12.10.37

札幌能楽会の奉納による能楽舞台
陽射しカンカンの中、和服で舞うのは大変なことでしょう

2012-06-15 11.59.35


2012-06-15 12.41.27

お祭りのたび境内で芸を披露する猿まわしモンキープロダクション
静岡の伊東市から毎年来てるそうですが、年々芸のレパートリーも
増え、高度になっているようです。
今年は見物人の椅子まで用意されてましたので、じっくりと
30分ほどのショウタイムを楽しませてもらいました。

2012-06-15 12.21.28


2012-06-15 16.28.12


2012-06-15 12.47.10


2012-06-15 12.47.00

神社の杜にも沢山の出店があり、芝生の上や特設ペンチで
おでんや、クレープなど屋台独特のB級グルメを楽しむ
アベックや家族で大にぎわいでした。

2012-06-15 12.45.30


名称未設定

16日は、お神輿の渡御で、大通りなど凄い人出になりますが
今年は、2日続きで外出するのを控えて、お御輿見物は諦めました

名称未設定-2

子供みこし

恒例、ハマナス会の油彩展が又めぐってきました

水彩、油絵
06 /17 2012
今年も6月の爽やかな季節と共に、27回目を迎える
ハマナス油彩展が、25日から始まります。

去年も搬出の時は、来年こそは少し早目に計画して、
アッと云う作品を描こう・・・・と、決意したものの
うかうかしてたら又また一年が、アッと言う間に来てしまいました

同じアッと云う言葉でも、其の意味は大分違ってしまいました。
そして、同じことの繰り返しを何年続けているのでしょう・・・
反省はするものの、全然学習してない自分が情けな~い。

今回も、時計台ギャラリーの3F全フロアーに、
仲間16人の作品が、各自2~3点ずつ展示されます。
結構、見ごたえのある作品も沢山展示されますので、
御高覧戴き、ご感想など頂戴出来たら嬉しく思います。

ハマナス

因みに、ガンババの当番は26日(火)・29日(金)で、
終日、会場にいますので、お声をかけて戴けたら嬉しいです。

           絵・個展、向日葵額

ポーランドの女性を描く

水彩、油絵
06 /15 2012
ポーランドの女性        油彩画 6号F
ポーランド女性

外国人の顔って描きにくいです
特に我が身うちは、鼻が低く顔が丸くて、西洋人とは
程遠い顔立ち・・・
何十年もそんな顔ばかり見ているのに、彫りの深い顔を
描こうと思っても・・・・
モデルを見て頭で指令しても、手が思うように動きません

うっかりすると目が離れすぎ、平坦な東洋人の顔になるし、
鼻梁を高くと意識すると、男性の顔になってしまうし・・・

西洋人のモデルは余り描いたことないので、むつかしいわ~

            絵・油を搾り出す

瑞穂大学、工場見学バス旅行

小さい旅、大きい旅
06 /13 2012
キッコーマン工場の次に訪れたのは、岩塚製菓でした。
大きな工業団地の隣組とも云える近くですが、お互いに
広い構内なので、距離としては大分あるのでしょうね
全員そろってバス移動です。

iwatsuka.jpg

DSC05431.jpg

岩塚製菓では、出来立てほやほやの製品を色々試食しながら
製品のできるまでの画像を見せてもらいました。
そして黒豆の入った煎餅が完成間際にベルト・コンベヤーで
流れていく様をガラス越しで見た後、お土産をもらい次の目的地
苫小牧まで直行です。

名称未設定-1


DSC05434.jpg
苫小牧みなと市場で昼食の予定です
ほとんどのお目当ては、ホッキ貝の入った海鮮ラーメンらしく
ラーメン屋めがけて直進してましたが、ラーメンもどうかな~と云う
何人かで、お寿司屋さんに向かいました。

たまたま行ったところは、店内に有名人の色紙が天井まで
余地のないほど貼ってある店でした。
案外、有名なお寿司屋さんだったのかもしれません。

DSC05433.jpg

昼食後市場で、干魚や海産物を買ったりして帰途につきます

帰り道では、キリンビール工場見学の予定が残っていますが、
其れを忘れて昼食時、すでにビールを飲んで愉しい気分になっている
男性諸氏もいたりして、帰途は結構賑やかになりました。

キリンビール

ビール工場の見学は以前と違い、広い広い工場です。
専任の女性の案内で巨大なタンクが林立する
発芽・仕込み・発酵・貯蔵・ろ過・缶樽詰め・函ケース詰めなどの
行程を見学しましたが、此処も相変わらず人影はありません。
全てが機械で済んでしまうようで整然とした無情空間・・・・。

その後、バスで別棟のホールに移動し、生ビール・ノンアルコールビール
ジュース・サイダー・ボトル茶などグラスに3杯と、
スモークチーズ・プリッツなどおつまみのサービスを受けました。
3杯のビールで、ほろ酔い気分になった上戸70%の人達と、
雰囲気だけに酔った 残念なジュース派の下戸30%は、
いずれも愉しく今日の一日に満足し賑やかに帰途に就きました。


今日はずい分回った様でも、かなり日も長くなりまだまだ明るいうちに
帰宅することもでき、愉しい楽しい一日でした。

そして、お土産もこんなに戴きました。
試食させて戴いたうえお土産まで・・・申し訳ないみたいです。

DSC05438.jpg


DSC05439.jpg


DSC05441.jpg


                  生活・バス、沢山人

第21回YASAKOIソーラン祭も遂に終わりました

札幌周辺の話題
06 /11 2012
何故か「YOSAKOI」ソーラン祭のときは雨になるんです。

21回目の今年も遂に雨となり、ファイナルの舞台もかなりの雨で
結構すべる状態らしく、踊り子さんが気の毒でした。

今年はエネルギー溢れる、笑顔の写真ばかり、集めてみました。

コカコーラ・札幌国際大学のグループ
3

4

夢想漣えさしのグループ (今年の準優勝チーム)
5

6

花昇舞のグループ
7

8

井原水産&北星学園
9

平岸天神の子供のグループ
10

コンサフリーク武蔵女子短大チーム
11


12

江別まっことええ&北海道情報大学グループ (今年の準優勝チーム)
14

北海道大学「縁」
2

1

第21回大賞に輝く 平岸天神グループ

北、平1

北、平3

北、平4

北、大賞1

喜びに沸く平岸天神チーム

今年で21回目を迎えた此のYOSAKOIソーランの大賞の常連で、
準大賞も入れると7~8回と云う大ベテラン・グループ

さすが今年の演舞も、群を抜いていた感じで賞の発表が有る前から
今年の大賞は、平岸天神に決まったな~と、予想が出来たほどだった。

因みに今年の準優勝は、 
○江別まっことええ&北海道情報大学
○夢想漣えさし

            

ついにYOSAKOIソーラン祭も終わり、本格的夏の訪れも
いよいよ目の前になりました
そして、北海道神宮の大祭も目前ですし、そのあとは園芸市などと、
札幌も当分は忙しいことですが、愉しいことが続き嬉しいことです。

           子供みこし

瑞穂大学同期会。工場見学のバス旅行

小さい旅、大きい旅
06 /09 2012
瑞穂大学・・・と云えば、聞こえがいいですが、元気いっぱい
お馴染の老人大学です。
昨夜の雨も晴れ、しっとりと涼しい朝のうちに出発です。

先ずは千歳のキッコーマン工場見学でした。

キッコーマン


キッコーマン工場

広い工場の作業室にも、人影は全然見えず
機械だけが動いている様子に、異様な冷たさを感じたのは、
昭和一ケタ人間の、ノスタルジーでしょう

DSC05427.jpg


DSC05425.jpg

工場内、博物展示コーナーに創業当時からの資料・器具・看板
その他いろいろ興味あるものが沢山陳列されてました。

なかでも、歴史上有名人の食事標本が数人分、展示されてたのには
足が止まりました。
良くある写真と違い、食材も実物そっくりの蝋細工で出来た御膳なので、
リアル感もあり、判り易く印象的でした。

DSC05429.jpg


DSC05428.jpg
ステーキの厚さはタップリ5センチも有りビックリしました

DSC05430.jpg
昔なら、目の下八寸とでも云ったのでしょうか・・お皿から
はみ出るほど立派な鯛で、ご飯も白米なのか真っ白です。

このほか、西郷隆盛や、武田信玄など、戦国武将など・・・何を
基準に選んだのか各分野の偉人達が名を連ねていましたよ。

その後、大塚製菓・キリンビール等にも回りましたが、続きは明日に・・・。

                           略・女児2人

6号の油絵

水彩、油絵
06 /07 2012
DSC05401.jpg
洋人形        油彩6号


久し振り描いた人形です
黒いビロードの洋服を着ておすまししてます、

近頃は、簡便な水彩画を描く機会が増え
なかなか油絵のほうは、捗らないようです。

描き始めると油絵のほうが面白くて、熱中してしまいますが、
取り掛かるまでが・・・・
絵・油を搾り出す

滝川市の菜の花まつり

札幌周辺・季節の便り
06 /05 2012
滝川市で開催されている菜の花まつりです。

滝川市
         
今年も、滝川に住む妹夫妻の案内で、その夫の運転により
黄色いじゅうたんの広がる中をぐるっと一周してもらい
幸せの色を体いっぱい満喫して、至福の時を過ごしてきました。

DSC05423.jpg


DSC05413.jpg

今年の場所は、
「道の駅たきかわ」付近・江部乙東14丁目・丸加高原伝習館付近で、
会場は毎年変わるので、其のたび観光スポットを公開してるようです。
と、云うのも菜の花は連作できないので、約20戸ほどある
菜種栽培農家は、毎年違う畑を使ってタネを植えると云う事なので、
観光場所も当然変わる事になるようです。

DSC05415.jpg


DSC05418.jpg

聞くところによると、1994年ころに菜の花栽培がはじまり、
其の作付面積は2000年頃には、70ヘクタール程だったのが、
2008年頃になると、3倍もある210ヘクタールにも広がっており
2000年には、菜の花フェスタを開催するまでに成長発展したそうで、
2006年以降は、「たきかわ菜種ブランド」の確立計画を推進中と聞きました。

車で案内された3日は好天の日曜日とあって、凄い人と車の渋滞で
細い田舎道も藪の中も大にぎわい。
臨時の駐車場や特設テントが張られ、野菜や苗物、「ジンムス」とかが、
販売されていたようですけど、敢えて混雑を避けた時間に行ったので
残念ながら完売ポスターのみが下がってました。
因みにジンムスとは、オムスビの中にジンギスカンの肉が入ってるそうで
未だ見たことも、食べたことも有りませんけど・・・・。

DSC05421.jpg
常日頃、人影も見ないような農道も、期間中である今週一杯は、
大変な騒ぎになり、付近の農家は辟易してる事でしょう

聞けば、横綱の白鵬もこの菜の花まつりPRに訪れて、
コメント出したり、たきかわ市のブランド米「白鵬米」を食べたうえ、
田植え作業などのパフォーマンスまでして見せたと云う事です

なんだか滝川市の観光に対する力の入れようが、窺い知れるようです

久し振りでミシンを踏みました

手作りの楽しみ
06 /03 2012
6月は4週目から油絵のグループ展があるので、現在
15号と20号の絵を描いていますが、描くことに疲れた時の
気分転換には、ミシンの作業が一番なのです。

DSC05375.jpg

携帯用椅子のカバーを縫いました。ついでに持ち歩き様の袋も・・・

最近の告別式は葬儀場は勿論お寺で行われる際も、椅子になり
ましたが、法事など身近な者たち小規模で行われるときは
大体自宅と云う事も案外ある様なのです。
そして、たまに田舎の方では未だ、座布団のお寺もあるのです

近頃、長時間の正座はかなりきつくなり、膝関節がすぐ伸びず
見苦しい立ちあがりになってしまいました
そこで、腰の下に椅子を入れ膝を完全に曲げないようにする事で
立ちあがりがスムースにいくようなのです。

そんなとき、赤いチェックのカバーが掛った腰椅子のあった事を
思い出し物入れの奥から引っ張り出してみました、
早速、有り合わせの黒で不祝儀用の携帯椅子に変身させました。

持ち歩きやすい様、共布で袋も縫い、濃いグリーンで裏と
ポケットも付けました。  此れでイザ・・・と云う時でも、
サッと持って出られる用意・・・OK!!

でも・・此れはあまり使いたくないと云うか、
使う機会のない様にと願っておりますけど・・・・。


DSC05376.jpg


DSC05373.jpg

ミシンの使いついでに、廃物利用のエプロンも・・・・。

東南アジアからのお土産だったか、蝋けつ染めのワンピースで
油絵用の足首まであるロングエプロンが2枚も出来ました。
油絵を描くとき、衣服を汚さないよう足首まであるエプロンを
使ってますが、そんな長いのは市販されていません

其れが、今回2枚も出来てしまいました。
紐を別布にしたことで、前と後ろの分です。ポケットは
両脇についてましたので、右側に一個ずつ分けました。

綿なのでモッタリして皺になるのがチョッと気になりますが
夏になったら案外涼しく重宝することと思います。


生活・クラシックミシン

6月です!!札幌もヤッと初夏になりました

札幌周辺・季節の便り
06 /01 2012
札幌のライラック祭りも終わり本格的に初夏の訪れです

キャプチャ

ライラックの事をリラとも云いますが、「リラ冷え」と云う
言葉がある通り、リラの咲くころに一度、気温が下がるようです
そして、そのあとの6月から本格的に爽やかな日々が続く例年です。

此の時期を待ちかねたように、草も木も花もすべてぐんぐん成長し
緑がいっぱいの街となり、一年の内で最高の季節です。
嬉しいですね~花の咲く路肩を見ながら歩くのは、最高の幸せかも・・・。

◎チューリップ花車生活・メタボ歩く


ガンババ

FC2ブログへようこそ!