今年もいろいろ有難うございました

2011年もついに終わりました。

ウサギ歳の一年は優しく過ぎる歳かと思ってましたが、
予想に反し未曽有の大災害が起きると云うような
激しく大変なことがおきました。
そして、国民のみんなが忘れてはいけない様な悲しく辛い
日々を送る方々が沢山でてしまいました。

来年は、優しそうなウサギに反し勢いのありそうな辰年です
きっと、佳い歳になることを信じ期待したいものです。

今年もガンババが発信する独り善がりのボヤキと、水彩画の
コーナーに来ていただき有難うございました。
まだこの様子では、ボケには少し間があるかとも思いますから
来年も引き続き元気で発信したいと楽しみに予定していますので、
たまには覘いてみてくださいね。よろしくお願い申し上げます。

有難うございました。佳いお年をお迎えください


キャプチャ

今年の干支、セレブなウサギから来年の干支の辰にバトンタッチです。
来年一年・・・しっかり頼みまっせ!!

辰1


行事・おせち重箱

干支のドアー飾りも完成

クリスマスのドアー飾りを外して5日過ぎました
今度は、お正月の番です

DSC04348.jpg

来年の干支、辰のドアー飾りが、昨夜完成しました。

ガンババではなく「あび」が作ったのですが
お正月なので派手、派手にモリモリのデコレーションに
してもらいました

来年は勢いのある辰年と云う事も有り、今年の様に悲しい
災害などが起る事も無く、豊かで楽しい歳になりますようにと
願いを込めタップリ付けてもらったデコレーションです。

早速、玄関のドアーに付けましょう・・・・。

鏡餅の傍にはこんな飾りもしてみました。
友人から先日いただいた木目込みの辰です
此れは金の宝珠でなく巻物を咥えてますが、小さくて
チョッと見えませんね

DSC04351.jpg

新年を迎える準備が着々と進んでいます。

こんな、お婆ちゃんになっても、お正月が来ると云う事は
ヤッパリ嬉しいことで、今日も又張り切っています。

行事・おせち重箱

新年を待つ来年のカレンダー

7回目を迎える手づくりカレンダーも、全部それぞれの
お宅に届き、後は一枚目のカバーがめくられるのを
待つばかりとなりました。
2001年も、あと残り2日です

今日は昨夜からウロカシてあった黒豆を煮て、大根なますを
つくりました。豆もナマスも少し早めに仕込んだ方が
味の浸透がいい様ですから、掃除をしながらの豆煮です。

明日はキンピラ牛蒡や、筑前煮、蒟蒻煮かな~
来年はやめよう・・来年こそは・・と思いながら暮れになると
ヤッパリ作ってしまうのです。長年の習慣と云うか・・・

それに今年は、カレンダーも遂に50部もの印刷となりました。

此れも来年はやめよう・・・今年が最後・・と思いながら
楽しみに待ってるよ~なんて声が、彼方此方の友人・知人から
聞こえてくると、ヤッパリ嬉しくなって印刷インクの高いのを
ボヤキながらもイソイソ作って、送ったり届けたりして満足
してる歳の暮れの行事でしょうか・・


2012年のカバー


2012年挿入水彩画、インデックス


行事・おせち重箱

久し振りの水彩画

花      水彩画6号
花②

今年も残り少なくなり段々気持も忙しくなってきました

気持ちが落ち着かないと、画を描くのも疎かになってきます
きっと今年最後の絵かもしれません

来年も一月は例年通り何や、かにやで、落ち着かないことでしょう
でも、それは新年会をはじめとした、愉しい事ばかりなので
スッカリ気持ちも緩み、今以上怠惰になったらもう大変なので、
此の年末のうちから、自分自身を戒めていかなければ・・・。

来年はもっとたくさんの絵を描けるよう(水彩も油絵も)時間を
有効に使う事にしよう・・かな~。

  何処かで鬼の笑う声が聞こえてくるかもね


季・子鬼⑥

オーダーのガマ口完成!!

以前、お店に収めたものと同じものと云う注文がありましたが
中々、作る暇がなく其のままになってましたが、
今年のものは、今年完成し宿題なしの新年を・・・と云う事で
仕上げました。かかれば短時間ですが、其れがね~

DSC04345.jpg

下段の3個は少し大ぶりのものですが、ガマ口は現在
静かなブームになっているらしいですね~。

DSC04346.jpg

季節・雪だるま作り

一夜明ければ意外なことに

クリスマス・・・25日札幌の空は、太陽の明るい光と
冬空に珍しい位、暖かで優しく穏やかな一日でした。

JR駅周辺のデパートは、お天気に誘われたのか、
凄い人出で食堂階など歩くのも儘ならぬほど、
人気の回転すしの順番待つ人達なども30人余りが
並んでいたのでビックリです。
お天気がいいと、皆がやっぱり外に出たくなるんですね

25日の天気予報は荒れると報じてましたが、お天気で
よかったね~と、家族と感謝しながら就寝しましたが、
今朝、窓外を見てビックリ!!!
猛吹雪ではありませんか・・・
しかも夜中にかなり降ったのか、大分積もってます。
全然雪のなかったテラスもかなり雪があります
降り積もるのと、吹き込むのとで、大変なことに・・・
冷蔵庫から、はみ出して箱に積んである食品の色々が
雪まみれ・・・今年は油断して、例年の様な掛布を
覆ってなかったのは大失敗でした・・・・。

神宮2

お天気の良かった23日天皇誕生日の北海道神宮
かなりの参拝者で賑わっていました。

神宮①


DSC04277.jpg

歩道には雪が全然ありませんが、大通公園の7丁目付近です
もう雪まつりの準備段階らしく大きな工事の基礎と見える
作業が始まっています。
今年のテーマーは何に決まったんでしょうかね・・・?

DSC04276.jpg

26日の朝はこの通りです
吹雪いていたのも午前中で静かな空になりましたので、
この調子で2~3日もすると融けてしまうかもしれません

いや、そうあって欲しいという願望なのですが・・・

DSC04344.jpg


DSC04343.jpg

季節・雪だるま作り
















クリスマスはとっておきのワイン

知る人ぞ知ると云った感じで、なんだかとても良いワインが
メインになった今年のクリスマスでした。
息子のワインクーラーに保存してある沢山のワインの中で
ベスト5に入る程のレベルらしいのです。

そこで、あんまり飲めないガンババも自宅でバテても
安心とばかり色々試飲してみました。

そちらの知識は全然ないガンババの口には只々
まろやかな口当たりと、香りの豊潤さだけが
せいぜい判る程度で、取って置き!!と云うほどの
価値はサッパリ判らずじまい・・・

こんなのが「猫に小判」と云うのでしょうか、
勿体ないことかもしれませんね・・・
でも顔だけはシッカリ真っ赤になりましたよ~

DSC04281.jpg

沢山の料理も出ましたので、家族6人・・・大いに食べ
大いに飲みました。ワインだけでなくアルコール抜きの
シャンパンなども卓上に出てたりして・・・でも・・
スッカリワインに酔ったガンババは、パエリヤなど
色々出された料理などを写すの、すっかり忘れてしまう程
グロッキーになってしまいました。
そしてクリスマスケーキも、みんなから貰った沢山の
プレゼントさえ写すの忘れ、早々に寝てしまったと云う
クリスマス・イブでした。

DSC04284.jpg


                       季節・鐘と柊




グランドホテルのフリーブルプラン

グランドホテルの「オールドサルーン1934」では、
毎月テーマーが替わるフリーブルプランと云う
オードブル食べ放題、飲み放題のセットプランがあります。
少しずつしゃれた感じで10品以上運ばれますので
案外気にいって、いまやリピーターかも・・・

今月のテーマーは、エビとカニでした。
一巡目のコースをこなしてから、気にいったものを
何回でもフリーオーダーできますが、せいぜい2~3品も
追加したら、満腹・満足になってしまいます。

でも、若い人などのグループは、時間一杯エンドレスに
オーダーしている様子です。
カクテルなどのドリンクも随分バリエーションがあるみたい。
リングで綴じられたメニューのカクテルの数を今回チョッと
数えてみたら180種余りあってビックリしました。
キャプチャ


DSC04271.jpg


キャプチャ3


キャプチャ2


キャプチャ1

一月のテーマーは和風テイストなそうです。
お正月の月だからでしょうね。
又行きたいな~
でも、ガンババは飲めないので
せいぜいジンジャエールの1杯位・・・かな
飲み物で満腹になってしまい、追加どころか一通りのものも
食べられなくなったら悲しいもんね・・・・。

本当は、この際に色んなカクテルを飲んでみたいと云う
好奇心は凄くあるんだけど残念だわ~

一月


DSC04275.jpg


DSC04272.jpg

グランドホテルのロビーはクリスマスの飾りで、華やかな
雰囲気に彩られていました。

そして大通り周辺もクリスマス・・・そんな中に
焼き芋屋さんの屋台が混じって、ピーピーと独特の
音を出していたのも、日本的で面白い感じでした。

DSC04268.jpg


DSC04270.jpg


季節・サンタ一人

クリスマスですね~

街やデパートもいよいよ賑わしくなってきました。
もう今年も一週間余りを残すだけですから
みんな頑張っているのでしょうね・・・

ガンババも名前に負け無いよう頑張らなければ 

ところで、我が家のクリスマスコーナーです
子供もいないので、大きなツリーも捨ててしまった後
こんなのを飾ってクリスマスムードです

クリスマス

木製の汽車も其れなりに大きいため90センチあまりある
サイドテーブル一杯に広がります。
一年に一度の事でも時期が来たら、ヤッパリ広げたくなり
椅子でもやっと手の届く押し入れの天袋から、ヤットコサと
大きな箱を取り出し、玄関ドアーリースと共に飾って
満足~満足~。

今年は、フト・・・思いました。何時まで足腰達者でこんな
高い処のものを出し入れできるのかな~なんて・・・。


季節・サンタ一人

カレンダーも完成しそれぞれの許に

来年のカレンダーも先日完成し、友人知人の元に
送ったりお届けするのも、ほぼ完了しました。

過ぎ去ってみれば早いもので、もう7回・・・
7年も過ぎたようなのでビックリです。
・・・と、云う事はパソコンを始めて7年・・・
水彩を始めて・・・何年でしょう???
サッパリ思う様なものが描けずまだ五里霧中
でも、やっと今年も12枚、カバーを入れて13枚
悩み迷いのうちにピックアップして印刷です。

毎年、楽しみにしてくれてると云うお便りが
届くと、ついその気になって張り切ってしまう
単純なガンババなのです。

カレンダー

水彩画の印刷はエプソンの顔料インクが最適ですし
写真印刷はキャノンの染料印刷が最もきれいなので
最近は2台を使い分けていましたが、カレンダーとなると
A4インクヂエット紙で、600枚程も印刷ですから、
今年は両方のプリンターで半々ずつ使ってみました。

結果的にはヤッパリ失敗でしたが、印刷の途中は
左程感じず「まあ、いいっか~」と寛大な気分で印刷終了

完成して比べてみたら、色の出方やシャープさが違ってました。

でも比べなければ、其れなりの・・・と云うより、好みの違い
と言えるかもしれない微妙なところです。
今年は少々不本意ながら、そして、どなたにどちらが
届くのかな~なんて思ったりするのも、スリルのス位は
感じられ楽しいな~なんて思い全部、贈ってしまいました。

来年は、顔料インクだけで印刷しますから、
         今年は、ゴメンナサイ~


季節・鐘と柊

こんな手提げも作りました

毎日のように出歩いているようでしたが、
頼まれた仕事はいつの間にか完成です。

好きなことはチョッとの時間でも無駄にすることなく
有効に使っているんでしょうかね~

子供のころ童話で読んだことがある
「村の小さな靴屋さん」・・・って云う題だったかな?
寝ている間に小人がたくさん仕事場に来て、
朝までに、靴を完成させて何処かに消えてしまう・・・とか
云ったストーリーの記憶が微かに残ってますが、
あんな小人が、たま~に出現して助力してくれたのかな???

兎に角、現在の完成品は次の3点です。

ヘリ、2


ヘリ、3

シッカリした裏もチャンと付けました
携帯ポケットも、ファスナーの貴重品入れも
小物ポケットから、、キーやカードケースを
止めるループも・・・
ガンババが何時も使って、必要なと感じる
内部仕様はすべて完備しました

此の中袋の色は黒に見えてますが明るい紺で
しっかりした、バック裏専門のシャンタンです。

ヘリ、1


ヘリ、4


生活・クラシックミシン

久々で花を描く

花の集い         水彩画6号

花①

本当に久し振りで花を描きました・・・・

一年位描いてなかったように思います

花は大好きなので買ったり植えたりして、
何時も身近に花のある暮らしが大好きです。

そして、なるべく花とは疎遠になりたくないとは
思ってますが此れからの時期は、切り花も
かなりお高くなり、花屋のまえでは一思案もふた思案も
しなければ買えない位の値段になって来てるようです

何日か分の食費の中からピンはねして、切り花を
買ったとしても、日持ちの悪いことと云ったら・・・

現在は室内暖房もかなり高温度と成っていますので
空気が凄く乾燥すると見えて、花の日持ちがすこぶる
落ちてしまうのです。
勿論、花壇は雪で埋まっていることですし、来春まで
花のある毎日は、まあ無理と云う事でしょう。

元来、画に描いた餅?とか、花は敬遠したいと云う事で
滅多に描かないんですが、来年から心を入れ替えて
花も少し描くようにしようかな~なんて考え
その手始めに、今回2~3枚描いてみたと云う事です。

でもやっぱり難しいわ~


季節・鐘と柊

12月・恒例のお楽しみ会

毎年の事ですが12月には「瑞穂大学(老人大学)」の
同窓生による「お楽しみ会」が、開催されました。
今年も、元気いっぱい熟年パワーの数々がご披露されました。

次は、沢山見せてもらった演目の中からほんの一部ですが・・・

ガンババのグループ16期生は、例年通り合唱ですが
ヤッパリ例年通り「トリ」を務めているんです
そして、最後は会場全体が一体となって大合唱なんですが、
其の時の先導役となるんです。

瑞穂7-7



瑞穂7


瑞穂6-6


瑞穂6


瑞穂5-2

ガンババのグループ16期生で、合唱サークルに入っているのは
二十数名ですが、このほかパークゴルフ・カラオケ・ジョギング
マジック・その他、多岐にわたってグループが結成されてます。

その殆んど全部に所属していると云う、ツワモノもいるんです。

処で、私たちの合唱ですが今年は
「ピクニック」「ローレライ」「青い山脈」でした
昔懐かしいものばかり・・・遥か昔の霞んでしまった
青春のころを思い出し、楽しく力一杯声を出します。

なにしろ、指揮の先生と伴奏のグランドピアノの先生付と
云うのはこのグループだけですから、ピーピーガーガーと
雑音の多いテープ伴奏より、数倍気持よく声も出るんです

瑞穂8-8


瑞穂5

最後の最後は、やっぱりビンゴ大会です。
あと一つの数字が出てこない・・・・と、聞こえの悪い耳を
集中させて、読み上げる数字をドキドキしながら待つ・・・

リーチ!!と声が聞こえたり、賞品をもらいに出てくる人が
段々多くなってくると、残り一つ出ない数字が恨めしい・・・

瑞穂2

ヤッパリ今年も・・・最後の最後の残念賞だった~

瑞穂3

生活・カラオケ

小樽築港駅までJRで・・・

寒い中チョッとばかり小樽まで・・・
小樽と云っても、小樽築港駅まででしたが
この近辺には、冬でも何か見る施設が有るんでしょうか

今回も、大きな観覧車のみえる、ウイングベイと
云う処に行きました
そこは、大きな大きな、ショッピングセンターですが、
其処だけは何度か行ってますが、まだ、店内を隈なく見たことは
一度も有りません。
広くて広くて、自転車で回りたいくらいですし、うっかりすると
迷ってしまうかも・・・と心配になるほどです
それでも、駅から通路続きで暑い時も、寒い時も外気に
当たることなく行けるのでとても便利なのです。

小樽4

小樽では、この美園のソフトクリームが「知る人ぞ知る・・」と
云うほど有名だと聞いてましたから、さっそく・・・。

小樽5


DSC04171.jpg

そのあとは、店内にある回転すしやの長蛇の列に加わり
番号を呼ばれるまで順番待ちで、気を長~く辛抱・・・。
こんなに繁盛してるってことは、結構期待できるかも・・・
な~んて秘かに話しながら番号札を握りしめて待つ

小樽1

小樽2

随分長いこと待ってた割りには、どうってことない普通の
ネタと料金だった様に思い、小樽ではやっぱり動かない寿司
でないと、駄目なのかな~なんて話ながら帰途に就いた
冬の午後でした

季節・雪降り男性

久し振りで描いた人物画

ネパールの子          水彩画
ネパールの子


油絵ではモデルさんが来てくれたりして、着衣・裸婦など
毎月描いてますが、水彩では一年ぶりかな~

水彩の場合、古い写真を見て描くのですが、
写真は参考程度となり服の色はもちろん、
バックや表情などは、其の時の気分次第で変化させたり、
別の写真のモチーフとドッキングしたりしてますが、
そんなのって案外楽しく描けちゃうんです。
此の絵も、服や顔を大分変化させてしまいました

抽象画のように、大きな変化や展開は想像能力がなく
全然無理なのですから、次元の低い低いところで
楽しむには、まあそんなところかと思って、人物の場合は
自由画のつもりで楽しんでます。

其の点風景画は、山や川を増やす訳にもいかず、無いところに
木を生やしたり家を建てたりもできないので、詰まりません
せいぜい、電柱を少しずらしたり、立木を構図の塩梅で少し
移動させる程度ですものね
でないと、何処の風景だか判らなくなってしまいますから~

そういえば、以前に青葉のころの写真を元に、紅葉の頃と
雪の頃を描いた事がありましたけど、空想しながら結構楽しく
ルンルン気分で筆が進みましたっけ 

プロの人ならこんなインチキ許されないんでしょうね-

まあ、楽しく描くだけの下手な小母さんで良かったわ~

定山渓温泉・ふる川

紅葉も終わった12月の定山渓は、美しさを探して歩くと云う
散歩の楽しみも終わり、ただ寒さで竦む風の冷たさだけのようで・・・。
まずは、朝ぶろでゆっくり今日の鋭気を蓄積しました。

つぎは、食事のことですね。朝はバイキングなので、全種類
全部征服するわけにいかず、又、昨夜の満腹後遺症も有って
ほんの少し・・そして、其の分ヨーグルト・果物を
沢山戴いた特色のない朝食でしたから省きましょう。


昨夜の夕食は、熱い物は熱く冷たいものは冷たくと、
一品ずつ運んでくれました。これは当たり前のことですが
温泉宿ではなかなか、そうもいきません。
(我々庶民が泊まる程度のリーズナブルクラスの場合ですけど・・・)

DSC04152.jpg

食前酒~マスカット酒
先付~道産牛肉ジャガイモ蒸し(百合根・栗・木耳・銀なん)

DSC04154.jpg

造里~帆立・赤鰈・甘エビ・鮪(醤油パウダー・土佐醤油)

DSC04156.jpg


DSC04158.jpg

中皿~名物「丸ごと玉ねぎの南瓜クリーム」帆立・銀鱈・栗・さつま芋

DSC04160.jpg

焼き物~ラム肉パイ包み焼き(シイタケ・玉葱・蕪・トマト)

DSC04159.jpg

酢替~蕪とカリフラワーのすり流し
           (つぶ貝・ミニトマト・エビゼリー・イタバセ)


DSC04161.jpg


鍋~ハーブ豚と鱈のみぞれ鍋(真狩のポロネギ・つみれ・
              水菜・えのき・舞茸・柚子)

食事~いとこご飯(南瓜・小豆)
漬けもの~昆布胡麻・野沢菜

DSC04162.jpg

デザート~栗プリン・さつまいもクリーム

以上の夕食でしたが、鍋のころは満腹になってしまい
鍋はもちろん、ご飯もデザートも、味見にひと箸だけ・・・・
勿体ない感じでしたが、「腹も身の内」な~んて言葉も
有りますからね~。

あっと言う間の一泊でしたが、今回のふる川旅館は
満足・満足で過ごす事ができました。

同行のKさんが、会員証を持っていたので、チョッピリ割引になり
其れを4人でプールしてくれたので、もっとお安くなりました。

会員証があれば、同行者は5人まで有効とか云う処も有りますが
此処は本人だけなので、又の来る日を予想して早速こんかいは
会員手続きを「あび」の分と二人バッチリお願いしてきました。

さ~て、今度は何時頃に来れるでしょうね・・・・。

生活・温泉

札幌の奥座敷と云われる定山渓温泉

何時ものメンバーと違う画の仲間でもある友人4人と
定山渓温泉に行ってきました。

再三、定山渓には行く機会の多いガンババですが、
なぜか、まだ「ふる川」には一度も行く機会がありませんでした。

それが今回は其の未踏の「ふるかわ」初泊まりでしたから、
今迄にない位楽しみと期待で当日が待たれました。
何年か前より、風のうわさやネットの噂で、
心安らぐもてなし経営の数々を聞かされていたので・・・

自他共に許す好奇心旺盛なガンババが、今まで一度も
話題の「ふる川」に行った事なかった・・・と云う事が自分でも
不思議なことでしたが今回、じっくり隅から隅まで
見せてもらい宿泊してきましたよ~
そこで、今日は其の団欒のおもてなしが数々設備されてあった
沢山の中からほんの一部を住・食との2回に分けてUPしてみます。

ふる川 1

田舎家風に炉が仕切ってある、フロントロビー

DSC04166.jpg


DSC04164.jpg


ふる川3


フル川2


DSC04165.jpg


生活・温泉

道庁の木々も雪囲いしました

   冬の道庁前庭            水彩画
道庁

道庁の正面ポーチから東方面を見た景色です
正面玄関のポーチは、数段の石段があるので
高くなっています
見下ろすような感じで、ずいぶん遠くまで見渡せ
とても良い風景です。

1888年に建てられた此の庁舎は、現在北海道の古文書館として
一般開放されていますので、たまに思いだしては覘いてみてます。

当時の北海道として、超ハイカラなアメリカ風ネオ・バロック様式で
建築されており現在では、国指定重要文化財として道民からも
観光客からも、赤れんが庁舎と云われ親しまれているそうです。
入館無料で入れる館内は、シッカリとした室内装飾と調度品で、
なかなか興味深いものがあります

道庁①
内部、正面エントランスホール

道庁②
一階ホール

道庁③
二階ホール

道庁玄関
描いたのと同じ場所で夏の風景

道庁5

冬の正門前  描いた場所の真向かいから見た風景

道庁4
雪の時期に南側の玄関を見る

春夏秋冬、何時の時期も道庁は描く題材に溢れています。

雪のないころは、何時も何人かが写生しているらしい姿を
見かけますが、さすが雪の今頃は観光客も描く人も全然
姿を見かけなくなりました

雪になったばかりですが、もう今から来春が待たれます

季節・鐘と柊



何年ぶりの暖中でしょう

随分久しぶりの暖中です。三越横から消えて以来なので
4~5年にもなるのでしょうか
車では、あちらこちらで看板は見かけてましたが
なかなか、入る機会もありませんでした。
今回は思いがけず、苫小牧の暖中です
大きな広い店舗でしたが相変わらず混んでいて
待合室に座り20分ほど待ちました。

DSC04149.jpg

懐かしい蟹玉チャーハンがまだ健在でした!!
勿論、同行者共々それのオーダーには意見が一致です。
そして、パリパリのフチが大きく付いた独特の
ギョーザも忘れてはいません・・・

DSC04146.jpg

何年かご無沙汰の間に、以前の蟹玉チャーハンより
今回は大分進歩してました
以前はリング状のライスの中に野菜餡がトロリと
入ってましたのが、今回は眼の前に運んで来てから
アツアツの鉄鍋にはいった、リング状の蟹玉チャーハンライスの上に
トロトロ餡を一気にかけるのです。
極度に熱い鉄鍋の事、ジャ~とすさまじい音で沸騰・・泡ブクブク
もう・・その強力な演出で食欲倍増です。

DSC04147.jpg

パリパリ縁のギョーザと共に、ホイコーロも頼みました。
全部食べられないうちに、身動き出来ないほど満腹です
ガンババが運転するわけでないから、いいですけど
若し運転する立場だったら、ハンドルに手が届かなかったかも・・・

DSC04148.jpg

ホテルなどの中華より、郊外に有るこの手のような店が
リーズナブルでガンババは大好きです・・・・でもでも、
車の運転をやめてから数年の今は、誰かに乗せてもらう
時しか、来れないのが悲しいわ~

季節・鐘と柊

12月!!

いよいよ今年も最後の月になりました

サイロ12月

例年のことながら今月は、身体も財布も忙しくなります
昔から12月は「師走」と云うほどですもの・・・
最近の師(お坊さん)は、車で走っているようですが・・・

今年の12月も雪のないまま迎えられそうな札幌ですが
少しばかり離れた市町村では、大分量の積雪も
あるとか聞いてます。  

雪は一日でも遅いほうが嬉しいです


カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター