プリンターの印刷比べ

エプソンプリンターとキャノンプリンター
染料と顔料の差でしょうか、物によって印刷結果が
大分違うようです

DSC03809.jpg

水彩画の印刷は、エプソンの顔料使用が最高ですが
写真印刷になると、すっかり甘ーくなってしまいがっかり 

それがキャノンで印刷すると、すっきりシャープに
目が覚めた感じに出来あがります

其処で、印刷大好き何でも印刷したいガンババは、
キャノンプリンターも買ってしまいました。
(先月、新種が出た時すぐに買ったのですが・・・)

DSC03814.jpg

写真はキャノンプリンター
水彩画はエプソンプリンター
もう満足満足の印刷結果で出来あがり最高ですが
最低なのが、インクを2組ずつ用意しておくことが
細々財政に強く影響してしまうからです。

DSC04150.jpg

2台を上下において使ってます
エプソンは此れが4代目と成り、大体1年半余りで
不都合になるようですね
それにしてもインク・・・もう少し安く買えないものかしら~

生活・婆さん掃除機

クリスマスツリーがお目見えしました

12月を目の前にしてクリスマスツリーの出番ですね。
近所の大型ストアーでは、昨年に続き今年も此の様な
ツリーがお目見えしました。


DSC04137.jpg

綺麗ですね~明りに映えてピカピカキラキラ美しいこと!!
此れ全~部がペットボトルなんです
フエルトペンで、字やら絵が色々描いてあります

DSC04139.jpg

全部で何本くらい有るのでしょうかねー
そういえば先月あたりから、ペットボトルを入れるための
大きな箱が用意されてましたっけ・・・

去年のツリーの事はスッカリ忘れていたガンババは、
てっきり廃品回収のために用意された箱だとばかり思って
横目で見ながら通り過ぎてましたよ~

其れがこんなに美しく変身するなんて…驚きました


DSC04138.jpg

ツリーの横にはこんな張り紙もありました

集まったペットボトルは、1500本と書いて有りましたけど、
凄く集まるものなんですね
この氏名を書かれたグループは、纏めて大量に持ち込んだ
グループなんでしょうね~

DSC04140.jpg


DSC04141.jpg


間もなく店内はジングルベルの音楽が煩いほど
鳴り響きクリスマスムードに包み込むんでしょう

そして主婦はソワソワと年末の落ち着かない気持ちに
嫌でも追い込まれていくのでしょうね~


季節・サンタ一人

久し振りの水彩画

農試公園の秋(札幌市北区)    水彩画
Stitched_001.jpg

久々の水彩画は、ビックリする程派手派手になりました。

紅葉した木の葉が秋の太陽に映え、其れは美しい
風景ですが、其の感動のまま描くとこんなことに
成ってしまい、秋の渋さどころか春の華やかな空気に
成ってしまいました。  

11月も残り4日間となり、いよいよ12月です
12月は恒例のカレンダー印刷に始まり、覚えきれない位の
雑用が待っています。
色々考えただけで、意欲が湧いてくる・・・と云うか、
気持ちが高まって元気が出てきます。

若い時分から暇だと、気分がだらけるので余計なことまで
引き受けたりして、寝る暇も惜しんで時間を目いっぱい使います
(その中には、友人とのお喋りも、美味しい物を食べ歩く
        事も含んでいますが・・・)

そうして多忙にする事で自分の気持ちが安らぎ、新たな意欲も
出てくる・・・と云う妙な癖がありましたけど、此の年齢になっても
此の癖は未だ全然抜けてないようなのです。

忙しくなり、する事が沢山あるほど気持もルンルン張り切ります
勿論、嫌いなことは始めから目をつぶって手出しはしませんが・・・
これって、単なる我が儘と云う事かしら・・・、

併しその、力みなぎる頑張り程度は年相応のものと成って
きてるんでしょうかね~3~4時間もしたら、
目が痛くなったり腰が痛くなってしまうんですから・・
気持ばかり張り切ってゝも駄目ですよね~


生活・婆さん掃除機

韓国に行ってきました

image (16)

夜のソウルタワーです
途中までバスが入りますが、バスを降りてからの
坂道が大変なのです。
前回は頂上まで行きましたが、今回は途中の展望スポットで
連れの帰るのを待ちました。
かなり急な傾斜のある坂道なので、心臓が破裂するかと思う程
大変に感じた坂を二度と登りたく有りませんでしたから・・・

      

千歳空港からの直行便なので、丸々4日間の滞在となった
今回の韓国も、いよいよ帰国の日が来て、空港です。

空港ロビーでは、旧皇帝衣装なんでしょうか
美しい衣装を付けた一団のパレードがありました。

DSC04127か


DSC04126か



DSC04125か


image_3 (18)

機内食は相変わらず、ビーフでしたが、今度は
シチューの感じで、野菜と幾つかの栗が入ってました。
デザートはパインが少々でしたが、ケーキなど甘物で
なくて良かったです。

DSC04133か


旅・地球儀

韓国に行ってきました

食べる事ばかりで、はなはだ恐縮ですが今日はホテルから
地下鉄駅までの地下街を歩いた時、立ち寄っての試食?です

因みにホテルは、インターコンチネンタルでした。
前回のようにロッテホテルが希望でしたけど、2か月も
前に満室・・・隣りのウエスティンホテルも満室で駄目
L・5☆クラスで余裕のあるのは江南地区(カンナム)にある
インターコンチネンタル位しかありませんでした。

そんなことで、地下鉄乗り場まで続く広くて大賑わいの
地下ショッピング街の散策もタップリ出来ました

DSC04118そ

今回予定していた明洞にある、有名ソルロンタンの店に
行く時間がなかったので、まあまあと今日は、地下街で
どうってことないソルロンタンをたべます

予定のアワビ等、実沢山入ったソルロンタンは次回のお楽しみ~

DSC04120ぱ

ありました!!!パピンス
時期的なものであちらこちらを物色してましたが
なかなかお目にかかれません
9月の時はまだありましたが前回の3月には駄目でしたから
今回も10月・・・ほとんど諦めてましたが有りましたよ~

パピンス・・と云うのは日本の氷水で、
最近は、フラッペなどとハイカラな名前がついたようですけど。
兎に角そのパピンスがありましたので、
4人は吸い込まれるようにお店に入りました。

凄く大きい容器なので、とりあえず2個だけオーダー
取り分けてそれぞれの味を楽しみました。
下はカキ氷なので、冷たくサッパリしてますが、
初めてインサドンのパラーで食べた物より、個性がなく
・・と云うかワールド嗜好にしてあるんでしょうね。
楽しみにしていた分、少しだけガッカリしました

DSC04122ぱ

旅・地球儀

韓国に行ってきました

韓国のスーパーと、大賑わいしてる夜店の屋台なども
歩いて、食べて、買って、みました。

広い広いスーパーの一角に温室と云うか、光栽培の様な施設があり
膨大な量の葉物が栽培されていました。
何年か前札幌駅で、デモンストレーションしてたのと
同じ設備のようですが、其の何百倍も有りそうでした。

新鮮で柔らかそうで・・・カルビーのお肉などを
巻いて食べたら美味しいんだろうな~

DSC03999.jpg


DSC04000.jpg

明洞(ミョンドン)夜の賑わい

DSC04018.jpg

DSC04022.jpg

沢山ある屋台の中でも此の店が一番お客さんが多かったので
此の屋台で食べてみました
繁盛していたのが納得される美味しさです。
特に、サービスのスープの美味しさと云ったら最高です
もう・・・一流ホテルも顔負けするほどの味でした。


DSC04023.jpg

大きくて広いスーパーは、カートも押せない位の人々々々
みんな東洋人の顔なので観光客か、地元の人なのか
全然わかりませんけど・・・

DSC04019.jpg

DSC04024.jpg


DSC04025.jpg

まだ宵の口でしたから、其れ程の混雑も有りませんが
9時~10時にもなると、歩くのも儘ならない位となりますので
程々の処で切り上げてきました。


旅・地球儀

韓国に行ってきました

三清洞(サムチョンドン)北村韓村ですが、
坂の多い住宅街でしたから、余り広範囲に歩くことも
ままならず、残念ですがほんの一部分だけの見学です

昔から、富裕層が多く居を構えていたという事で
今もそのまま残る住宅は、何れもどっしりと貫禄ある
家ばかり並んでいました。
現在も生活しているという其のあたりは
煩い観光客を拒むかのように、固く門を閉ざし
道を歩く人影もない様な静かでひっそりした空気でした。

DSC04060あ


DSC04059あ


DSC04057あ


DSC04051あ


DSC04065あ


DSC04064あ

DSC04046あ



DSC04061あ


DSC04063あ

本来の韓国を知る上においても貴重な街で有るらしく
保存区域に指定されているそうです
又、早朝や夕日のころは有名・無名のカメラマニアが訪れる
最高のエリアと云う事です。
今度は、一日かけてゆっくり歩いてみたいですね~

旅・地球儀

韓国に行ってきました

今日はイルミネーションのまとめです

12月にはまだ少し間があるかな~と思いつつも
こんな光景を見ると、もうクリスマスも目の前かと
感じてしまい、心急く年末の気持ちが、つい甦ります
この国は、省エネなんてことは関係ないのかな・・・・?

DSC04043.jpg


DSC04032.jpg


DSC04035.jpg


DSC04038.jpg


DSC04039.jpg


DSC04040.jpg


DSC04026.jpg


DSC04028.jpg


DSC04031.jpg

まだまだ派手に輝いていた処も有りましたが
バスの中とか、急いでる歩行中とかで写せませんで
少し残念な思いをしました。
今からこの調子ですから、12月に入ったら、
もっともっと美しく輝いた街に変貌するのでしょう
此の次は是非とも12月に来てみたいな・・・。

旅・地球儀

韓国に行ってきました

今回の韓国旅行スナップは日程に関系なく場所毎に
一回分ずつ纏めてUPしてみました

仁寺洞(インサドン)の散策ですが、お天気も良く
此方の10月頃でしょうか、秋日和と云える陽気なので
観光客か地元人なのか、かなり人出多くて賑わってました。

DSC04093う


DSC04091う


DSC04090う


DSC04089う


DSC04088う

戦前の古い家を改造し、韓国茶のお店にしているそうで
お茶の種類も味も定評のあるメジャーなお店と聞いて・・・

DSC04094う


DSC04095う

韓国のお茶をそれぞれ違えてオーダーしました
匂いや味がかなりきついのも有り、辛いものまでありました
ガンババは、無難なところ柚子茶にしてあったので
全然抵抗なく戴くことが出来ました
ベコ餅の様な渦巻の餅と、韓国特有棒状のカサカサ菓子は、
サービスと云うかお茶代に含まれているようです

柿は何か加工してあるのかと、好奇心からのオーダーですが
ただ2つに切って、並べただけの事でした。

DSC04097う

帰りがけトイレをお借りした時、トイレのまえで、
お菓子を作っていました。団子材の様なものを
木の型に一個ずつ詰めて形取ってます、
そんなのを見たら好奇心旺盛なガンババの事・・・
黙って見過ごす訳には行きません
言葉もわからないのに身振り手振りで質問です
少し乾燥させて、其のお店で売っているらしい事が
判りました。そして味見をすれという様に一個くれたので、
同行者の分も欲しいと云って追加して貰いました。

追加までしたうえ、貰いっ放しでは余りにも図々しいので、
持っていたキャンー飴を数個あげたら、とても嬉しい顔を
して喜んでいました。
これだって小さな小さな日韓友好の一場面だったかな~

因みに、其のお菓子は昔懐かしいコーセンの味がしました
今の若い子はコーセンと云っても判らないことでしょうが・・・


DSC04099う



旅・地球儀

韓国に行ってきました

キムチ作りの体験プランです。
何となく、鄙びた田舎風の建物の中で漬けもの歴
何十年のベテラン小母さんが指導してくれるような
イメージだったんで此れは予想外でした。

案内されたのは、新しいビルの一室でピカピカのステンレス
厨房で、孫のような若い子が指導です。
もうスッカリ洗練されビジネス化した観光事業なんですね~

なんたって、キムチワールド・・なんですから

DSC04070い

みんなお揃いのエプロンに使い捨て手袋で、塩漬けされてる
白菜にキムチの素を塗って、容器に入れるだけの作業・・・

DSC04072い

そのあとはフライパンでトッポギと、千切りにしてある
野菜やニラを炒めたものを作りマッコリで終了乾杯!!
ほんの短時間だったが、チョッと楽しく美味しい癒しの時間。

DSC04073い

キムチづくり参加の集合写真・みんな楽しそう・・・。

DSC04076.jpg

帰国後、一週間くらいで食べられるそうです
それぞれが自筆のサイン入りキムチの完成です。

DSC04087い


名称未設定-1


旅・地球儀

韓国に行ってきました(1)

今回の韓国旅行は千歳直行便で3泊4日でした

DSC03985.jpg

近距離といえども機内食は出てきます
ビーフとパスタの2種ありましたが、ガンババは
齢に似合わず即、ビーフをチョイスしました。

DSC03986.jpg

韓国の空港でスーツケースを受け取ったらこんな大きな
タグがぶら下がってました。
初めてのことですが、チョッと心当たりがあります。
リンゴと柿を2~3個、ホテルに着いてから早速食べようと
入れてますので、其れがチェックされたのかもしれません・・・

係官に誘導され別室に行きスーツケースのオープンチェック
ヤッパリ予想通りのリンゴでした。柿はOKなそうです
リンゴ3個入っていたのを没収され無事入国・・・・

DSC03989.jpg

入国してすぐに行ったわけではありませんが、今回の旅行で
一番ヒットだった焼き肉店を最初にUPです

すでに有名ではありますが、「ノビチブ」に行ってきました。
早いうちに日本から予約しておいたので、待つこともなく
すぐに案内されて着席し、焼き肉の宴?開始です。

DSC04015.jpg


DSC04006.jpg

副菜の数は特に多いわけで有りませんが、どれも美味しく
吟味された食材であることが判ります

image_4 (5)


DSC04011.jpg

ロースもカルビーも美味しくて、息つく暇もない感じで
4人とも黙々と食べるのに専念です
ほど良く焼いて、食べやすく切り分けてくれるので
安心して食べることに集中してられます。

「ミノ」大好きな同行者がミノをオーダーしましたら、
30㎝程の長いままで網に載せ良い塩梅のころ切り分けてくれます。

ガンババはミノが苦手なので食べませんが、同行3人とも
今迄食べたのと別物のように美味しいと、それは感激してました。

DSC04010.jpg

DSC04009.jpg

DSC04008.jpg

DSC04012.jpg

DSC04007.jpg

どれくらい食べたのでしょうか・・・・
それでも冷麺やビビンバも食べてみたいし・・・と云う事で
一個ずつだけオーダーしてみます
其れを4人で分けあって試食し、胃の隙間に押し込みます

お腹も気分も満足・・満杯・・至福の瞬間です

網の上も綺麗さっぱり、焦げ目だけがタップリ残ってました

DSC04014.jpg

サア~此れから腹ごなしにロッテ免税店に行って
目の保養をした後、お迎えの車で石蔵サウナのエステまで直行だ~。

旅・地球儀

ペピーノと云うものです

野菜の様な果物の様なニューフェイス
絵のモチーフとして用意されたのを一個戴きました。

DSC03981.jpg

早速、割ってみました。
堅い種はなくトマトの様で茄子のようで
甘くないメロンの様で、余りパッとしないものです。
大きなリンゴくらいのものですが、
買ってまで食べようとは思えない味でした。

たまたま運が悪いのかもしれませんが
トロ~っとして不確かな味は苦手でした。

パピーノ③

パピーノ4

パピーノ2

ペピーノ1

パピーノ②

パピーノ鉢

季節・柿、栗

久し振りの油絵です

ポーランドの女性         油彩10F
DSC03983.jpg

ポーランドの女性がモデルに座ってくれました
北大の留学生とのことですが、東洋人と違い
年齢は全然わかりませんが、見た感じより
案外若いのかもしれません。

大柄で、とても落ち着いた感じでした。
外国人は滅多に描く機会がなく特に、ヨーロッパ系は
初めての事なので、ツイ日本人の顔になってしまいます

絵・油を搾り出す

ススキノ、ラフィラまで足を延ばしました

大体の時は大通り周辺か札幌駅前が、集合食事場所になってますが
今日はススキノでした。
6人の友人とランチですが、ゆっくりお喋りできるところは
案外少ないものです。
まして、耳の遠くなったガンババには騒がしい場所が苦手と
成ってきました。
使用中の補聴器が周囲の喧騒を全部集音してしまいますので
肝心の話声が埋没し、判らなくなるのです。

人間の耳は教えなくても、ちゃ~んと必要なことだけを
選択し脳に伝える能力があるんだと云う事を、最近難聴になって
始めて知りましたが、人体って本当に精巧なんですね~

余談はさておき、今回はラフィラの7F「うさぎや」でした。

うさぎや1

其れ程珍しい内容ではありませんが、ゆっくり静かな
雰囲気が取り柄でしょうか・・・
少しずつですが量もかなり多い様で、お蕎麦までは
ぜんぜん手が出ず、そっくり残してしまいました。


うさぎや2

デザートもちゃんと付きました。焼きプリンとでも
云うのでしょうか、先日の日航ホテルと同じような
ものでした。

兎や2

季節・柿、栗

高速道路の延長開通

道央圏の高速道路と道東圏の高速道路が今回の
夕張~占冠間の開通で遂につながりました

高速

夕張

そこで・・・・、お祝いなのでしょうか、それとも
スピードを出し過ぎない為にでしょうか・・・
新規開通のインターチェンジでは、パトカーの警察官が
キャンペーンをしてるらしくて、この様な物を戴きました。

警察から物をもらうなんて、凄くビックリダわ~


DSC03971.jpgDSC03972.jpg

眠ッちゃイカンと云うダジャレみたいです。

DSC03970.jpg

缶の中にはこんなものが入ってました
寝むけ予防のガム・飴・チョコ・ウエットテイッシュ等が・・・

DSC03977.jpg

其のほかシールやガムやパンフレット・ロードマップなど
何だか沢山ありました。

DSC03975.jpg

DSC03979.jpg

DSC03973.jpg

DSC03974.jpg

生活・ドライブ1

送迎バスで、由仁ガーデンへ

由仁ガーデン     水彩画

Stitched_001.jpg

余り寒くならない初秋の頃、由仁ガーデンまで
行った時の絵が、今頃になってUPではチョッと
時期的に外れてますが、カレンダー用にと思い
描いてみましたので・・・

今はもう、時期的に咲く花もなく閉館してるでしょうが
来年は、春先にもう一度訪れてみたいと思っています。

広大な面積のガーデンは、園内周遊カーで一巡り・・・
乗るのも降りるのも停留所ごとに自由なので
気楽にゆっくり楽しめる感じなのです。
来春は、スケッチブックでも持って、行こうかな~
其の時は、単独行動のほうが気楽でいいのかも~

・・・・今からもう来年の事考えていたら、どこぞの鬼に
高笑いされてしまいますねよね~


季節・柿、栗

与 勇輝展を見ました

10月26日から11月7日まで大丸7階で開催です

名称未設定-1

あいかわらずウットリするほどすごい作品ばかりです

今回は昭和の初期から戦後にかけて
日本が、まだ貧しかったけど暖かい触れ合いの沢山あった
時代をテーマに、発表されてました

新旧作品全体で、110点以上と有りましたが
本当に見ごたえのある、どの作品一つでも
懐かしい時代の雰囲気が胸に迫る感じです


会場では撮影厳禁ですが此の写真は販売中の
絵はがきなので、許されるでしょう。
兎に角、なつかしさと、あたたかさと、其の表情の
一つ一つが顔・体・指先にまで溢れ健気さ、あどけなさ
すべてが余すところなく表現された作品を
胸が熱くなる思いで見てきました。

其れにつけても、あの会場内に溢れるばかりの凄い
鑑賞者にはうんざりでした。
もっと静かにゆっくり、じっくり見たかったわ~

今度機会を作って、河口湖に有ると云う「ミューズ館」に
行きたいと常々思っていた感情がますます強くなりました
そこには初期からの作品が全部、
保存されているそうなのです。  

名称未設定-2


名称未設定-3


名称未設定-4


季節・柿、栗

又珍しいお土産です

友人が又一人、台湾旅行から帰りました。
別の友人は、函館までコーラス出演のため遠征しました。


DSC03807.jpg

ハスの実の砂糖煮と云うか、甘納豆みたいなものです
以前にも、知人からお土産に戴いたことがありますが、
漢方の薬にもなるらしく、あちらでは案外高級品らしいです
それと、あちらのお茶です。


函館の「イカせんべい」2種
DSC03886.jpg

上下とも、イカせんべいですが、上は麩菓子の様に軽い
韓国のドン煎餅と同じ感じでイカの形になっている。
乾したイカも微塵状態で入ってるので、イカの香り100%


下の煎餅は丸い薄型で堅焼き、イカもだいぶ入っているが
ナンバンも大分入っている様で、とにかく辛い・・・。
辛味に弱いガンババは、一枚やっとで2枚目には手が出ない
 
其れでも口の中は、アツアツひりひりで丁度火事でもあった状態
煎餅もお菓子の内に入るかと思っていたが、此の煎餅は
子供には絶対無理!!
でも・・・ビールの相手には最高かも・・・・・

DSC03891.jpg

五島軒のカレー
明治の頃にでき今も3代目が引き継ぎ、益々繁盛
してると云う伝統有る名物カレー

レトルトながらも、未だ賞味してないのは、
合鴨肉使用と記入してあるのが、かなり気になって
食べてみる勇気がまだ出ないガンババなのです。

DSC03889.jpg


生活・婆さん掃除機

北海道美術協会展(道展)見てきました

北海道としては名門ともいえる今年で86回目の道展が
10月19日より開催されてます

名称未設定-1

先月のうちに、ゆっくり一人で観賞して来てましたが
今日は数人のお絵描き仲間と再度鑑賞してきました。

先月に来たのは初日より一週間程、過ぎた頃でしたが、
思いのほか鑑賞者が少なくてビックリしながらも
其の分、静かにゆっくり見る事ができて良かったのです。

其れが、今日はまあ~、沢山の鑑賞者で会場内は熱気と気温の
相乗効果作用となるんでしょうか、もう暑い暑いで背筋を汗が
たら~っと流れっぱなし状態。
展示会場入室前に、コートもストールも、ロビーで預けて入っても
この調子なのに、厚手のコート着たまま平然とした顔の人も
沢山みかけましたけど・・・どちらの感覚が正常なんでしょうか?

DSC03860.jpg

本年度の最高賞ともいえる「協会賞」の作品です
数年、油彩が続いたので今年は工芸作品なのでしょうか・・
でも、どこがどう評価されたのか、なんだかさっぱり判りません・・
ヤッパリ油彩とか彫刻とかが、最高賞になったほうが、
判りやすくて良いかな~と思いながら見てきました。

DSC03861.jpg

今年は東日本大震災のチャリティ募金のため会員・会友の
小作品、100点余りがロビーに展示され後日、希望者に
即売されるとか・・・
そして、売上金は全額募金とのことでした。

普段は見る機会のない諸先生たちの小作品がずらりと陳列され、
何時もの100号以上の作品とは又趣もグッと変わり、
描く者としては、それなりに実のある学習をさせてもらいました。

野次馬としては、総額で如何ほど集まったか知りたいところですが
完全の部外者では知る由も有りませんけど・・・
             ヤッパリ知りたいわ~

絵・個展イラスト

今年も終わりのマイガーデン

小さな小さなマイガーデンでは今年最後の花々が
寒さに負けず頑張ってます。

DSC03880.jpg

日暮れの早い晩秋の事、白菊の周辺だけが明るく見える感じ。

成長のまま伸ばすと、50センチ以上にもなりますが、
余り丈が高くなり過ぎも困るので、初夏のころ30㎝程に
なった時10センチくらい残して全部剪定してみました

其れでも30㎝余りにもなりましたが、頃合でしょう

DSC03876.jpg

バラも頑張ってます・・・健気と云うか、必死というか、
ショボショボの木に震えながらしがみ付いて
居るように見えますが、本当に偉いバラです。

DSC03878.jpg

DSC03877.jpg

ベコニアとゼラニュームは元気ですね~
未だ盛りかと思うほど元気一杯の余裕で開花中です
随分昔からあるようですが、丈夫で長持ちの代表格として
現在まで長~く愛し続けられて居るのでしょう。

この調子でいくと、雪の顔を見る頃まで周りを
美しく華やかにしていてくれそうなので、
秘かにエールを送っているところです。


DSC03879.jpg

◎、ジョーロ










11月・・・霜月ですね~

11月の水彩画カレンダー

ハガキカレンダー

もう11月です

齢を重ねるごとに時間の経過がスピードアップすると
云われてますが、本当に其れを実感している昨今です。

もう年賀はがきも予約したので、近いうちに届くでしょう

店頭には、日記・手帳・家計簿の類から、カレンダーも
ありとあらゆる分野の写真や絵が印刷され、可愛いのから
豪華絢爛のまで、溢れるほどの量が並んでます
そして、デパートの家庭用品フロアには、来年の干支
辰のグッツが随分並ぶようになりました。
おせち料理のダイレクトメールも気の早い店からボツボツ
届いて、目を楽しませてもらってますが、もう世間では
暮れに向かって助走を始めてるんでしょうね。

さあ~ガンババも、来年のカレンダーづくりに本腰を
入れようかな~。

ミシンの前にばかり、へばり付いていたらアッと言う間に
12月になってしまい、又、慌てなければならないから・・・・

           季節・冬散歩、犬と
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター