今夏一番の失敗でした

今年の夏も暑かった~
そして、東京ほどではないにしても省エネの夏!!
そこで・・・日本古来から夏の定番 扇子デス!!・・・。

DSC03576.jpg

ガンババは張り切りましたよ~、此の夏はプレゼント用に
何本か扇子ケースを作ろう  と・・・。

寸法は、先年友人から貰い、毎年使っていた名画の印刷されてる
扇子を基本サイズにして、色々な布で何本か作りました。

出来あがって見ると、プレゼントするにはケースだけでは
何だかクタクタして貧相で、嬉しくなさそうな感じがします

其処で扇子を一本、「芯」のために入れようかな~と思いましたら
扇子って高いんですね~
デパートで見たらチョットしたのが2~3.000円もして、
千円位のなどあんまり無いんですから・・・
勿論、千円だって買えませんけど(本命はケースなので)

丸めた紙芯でも入れようようかな~

そうだ!!・・・100均ショップだ!!オマケなんだからいいよネ!!

有りました、ありました・・・10本も買ってきました

DSC03577.jpg

早速ケースに入れてみました
アレっ・・・入らない 
見本の扇子が小さかったのか、100均のが粗雑で大きいのか、
かなりゆとりを持たせて作ったのに全然、口が閉じられない・・・・

今更、作り直しするだけのエネルギーもないし
高い扇子は変えないし・・・今は扇子共々、八方塞のまま
引き出しの中で扇子のいらなくなる季節を迎えつつあります。

一人で使って減るものではないし、此れからどうしようかな~

シンデレラ姫のガラスの靴みたいに、手持ちの扇子が入れば・・・と、
サイズの合う扇子探しに友人知人の間を行脚しようかな~。

                   季節・夏サイロと蝶












伸び続けるゴーヤ

DSC03575.jpg

3本のゴーヤはますます伸び続けて隣家の塀内にも
蔓の触手を襲いつつあります
余り進出しないように、伸びたら切るようにしてるので
殊更、枝と云うか脇芽が伸びてくるのかもしれません

黄色い花も次から次から随分咲いてます
一番花が咲いてから、一ヶ月にもなるでしょうか・・・・

でも・・・いまだに実らしいものは全然見えず
花が咲き花が散ると、其れで終わりなのです

初めての今年は、実まで期待してなかったとはいえ、
こんなに勢いよくそして、沢山の花が咲いたんだから
せめて・・・せめて・・・小指ほどでもいいから
ゴーヤの実がぶらさがるのを見たかったわ~


                        ◎、ジョーロ

ヤッパリ油絵もボツボツ描いてます

野菜と木箱       油絵10F
木箱と野菜

最近は、グループ展の出品作品で20号~30号を
描くとき以外、10号さえ描くのが少なくなりました。

6号・8号の小さい物ばかりで、描く分には全然面白みが
ありませんが、それは悲しい事に描いた作品の始末に大変だからです。
マンションに入って以来、20枚以上は手元に置かないことを
自分に誓いその都度始末するようにしてますが、
心残りで始末のできないものも、偶々出てくるのです
描いた作品だけでなしに、ガラス入りの額も号数、S・p・Fに
合わせて、かなりの量になってますし、地塗り済みの
未使用キャンバスも常時各号何枚か用意しなけれがならないし
本当に狭い空間の居住スペースを保つためには、段々小さな
キャンバスになっても描けるだけラッキーなのでしょう。

此の野菜と木箱は、はじめ6Fにデッサンしたところ
かなり小さくか、箱の半分程かなので途中から10号に
描き直したものです。
どうせ始末するので、描き直しなど、どうでもいいかと
思えないところが描くものの慾なんでしょうか・・・・

今迄、何の未練もなく当然の気持ちで枠と画布をバラし
ゴミ袋に直行できているのは、毎年三回程、裸婦を
描いている10号作品だけかも知れませんね~

                 季節・夏サイロと蝶

永山記念公園写生②

永山記念公園②        水彩画
永山武四郎公園

今月、何度か通った永山記念公園

道具ガラガラ引っ張って、油絵で描いた後
水彩で3枚も描きました
今日はその水彩の2枚目で、永山邸の南横に広がる
芝生のほうから見える建物の横部分です

毎回、朝早く出かけ9時前には、現場で描いているという
状態にしましたので、午後からの暑くなる時間には
もう既に一段落し帰り仕度です。
ヤッパリ早く来ていた友人達と、予想より近かった
隣接のファクトリーで、お喋りも楽しい軽いランチの後、
ゆったり帰宅できました。

残りの一枚は、同じ方向からですが少し正面に近い方向です
何れも朝日が燦々の日でしたが、木立の多い芝生上では
光も暑さも柔らかいうえ、涼やかな風と緑の匂いが一杯で
其れは其れは気持ちのいい写生地でした。

                  季節・青空向日葵

近代美術館で故宮博物院展を見る

道立近代美術館に、7/15日から8/21日まで
「北京・故宮博物院展」が開催されてます
そろそろ、終盤に入ったので混雑も一段落のころかと
出掛けてきました。
生憎の雨ではありましたが、殊更ゆっくり鑑賞できるかも・・
な~んて思ったのも、美術館に着くまでのこと・・・

玄関の前からロビーから、余りの人出にビックリ
中国のお宝には、随分人気があるんだな~と再認識です。
(ガンババは、招待券があったから来たんだけど~)

チケット


中国展5


DSC03564中国展


中国展4

もう10年も20年も前に、北京の紫禁城や
台湾の故宮博物館で見た物がほんの一部、運ばれて
展示されてましたが、中も外も従来の有名絵画展でみる
初日の様な込み具合でしょうか。

ロビーに特設されてた売店も、そばになかなか近寄れないほど
中高年の小母さん達で盛り上がっていました。
そうなるとガンババもヤッパリ小母さんですから、
其の人ごみに交じって、シッカリこの様なもの買ってきました

中国展②

扇子は少し小型ですが、房の代わりにギョクのような、
飾りの下がっているのが気にいったのです。

メノウで作られた、美顔ローラーと携帯ケースにする為の
中国服のミニポーチは、同居人の「あび」が買ったのですが、
メノウのローラーで、顔をクルクルすると冷たくツルツルと
とても気持ちが良いのです。

中国展1

                           生活・雨と傘

水彩と、油絵と、2枚描きました

永山武四郎公園        水彩画
永山武四郎邸公園

先週と先々週の暑い日、油絵の道具を引っ張って
写生に行ってきましたが、現場で描いた油絵と
帰宅後、メモ写真を見て描いた水彩画です。

よく、写真は臨場感が無いから駄目だ!!とか、
邪道の様に云われる先生方もいますが、私は
写真大好きのほうなのです。
外で描くと、通りかかりの人に覘かれたり、
蟻や虫が這いあがってきたり、やぶ蚊に刺されたりで
さっぱり落ち着いて描けないのです。
今回も、虫除けのスプレーを全身に吹き付けての
写生でしたがヤッパリ、シャツの上から刺されてました。

だから、ゆっくり安心して描く事が出来る写真大好き・・・
でも、全然知らない処の風景写真や、
実際に見たこともない物などは、ヤッパリ描けませんけど。

上が水彩画で、下が油絵ですが、現場で描いた油絵のほうが
ヤッパリ勢いがあるのでしょうか???

持ち運びの都合上、6号Fで少し小さいキャンバスでしたが・・

油絵

                      ◎ひまわり

増毛町のぶらぶら歩き

増毛町の観光は,国稀酒造の酒蔵拝見と
重要文化財指定の本間家を拝見する事ぐらいでしょうか

名称未設定-1

2011,8月。本間邸前
明治の初期、ニシンで沸く増毛町で成功した
佐渡出身の青年が、約20年の歳月をかけて
建築した町屋様式の豪壮な建築物で、
明治30年に完成したという。

名称未設定-2

当時、天塩地方随一の豪商と云われたようだが、
今も残る国稀酒造から、呉服、漁場、回船、その他
全てを幅広く扱い、今でいう総合商社の様であったらしい。
                   
延べ床面積が1.237.83㎡も有るその商家は
一世紀以上の歳月が経過しているとも思えないほど
傷みもなく、随所にビックリする程、生活の知恵を
盛り込んだ其の建築物は見るに十分、値したと思う。

本間家

本間家2

2011,8月。増毛。

2011,8月。増毛日帰り

店頭で注文したかまぼこを、即、油で揚げてくれるのだ。
アツアツの火傷しそうな其の蒲鉾は、
イカありエビあり帆立ありで、其れは美味しかった。

そのほか、試食沢山してる漬物専門の店や、新鮮野菜の店など
楽しく美味しい店が何軒もあったし、
今日はとても楽しく美味しい一日となった。

かまぼこ

店頭で焼いてくれる帆立も大きくて、直径6センチ位も
あったようで、此れにも満足出来た

焼きホタテ¥200

                        墓参

増毛町のウニ丼

今年の墓参も、里塚霊園から滝川市の霊園まで
お墓参りの梯子でした。
そのあと、実家で両親の仏前にお参りして・・・・
因みに、婚家の先祖は我が家でお預かりしてるので
墓参だけなのです。

全てを午前中に終え、息子夫婦の運転による
2台の車に分乗し、お昼を食べに増毛町まで
足をのばしました。

雨の予報も出てましたが、大した雨にあう事もなく
其れは美味しい、海鮮どんぶりを満喫してきました

増毛ウニ丼。
なまチラシは、ウニからアワビから、17種類も入ってると
云うので、食べてみましたが本当にご飯よりネタのほうが
多い様な感じで、其れは美味しかったです。

ウニ丼も美味しい馬糞ウニがタップリとでしたし、
アワビ丼も其れはイキのいいのが、タップリ・・・・。


2011,8月。増毛日帰り。生チラシ17種盛り


ウニ丼、アワビ丼

家族6人が、それぞれの好みをオーダーしたものです。

ガイドブックに出ている有名寿司店も有りましたが、
其処は、店頭に何人も並んで待ってましたので、
海産物を買ったお店の人に、土地の人に好評な処を・・・・と
聞いたうえ、紹介してもらったお店でした。

メイン通りから、少し入ったところに有りましたが
知る人ぞ知る・・・と云った案外観光客は知らない
穴場だったのかもしれません。
とにかく今年はラッキーで、満足々の美味しい口のまま
帰宅する事が出来ました。


増毛日帰り。福よしメニュー


                                墓参

ゴーヤの花

7月になったばかりの日、ゴーヤの苗を3本植えました

風が強い地区なので、蔓物は難しいかと我慢してましたが
大通り地下にある沖縄物産店を通りかかった時、
時期外れのせいか、苗1本100円で売られてました。

春ころは3倍もの値段でしたが、100円なら駄目になっても
まあ、いっか~と、試しに3本だけ植えてみました。
18℃から、30℃くらいの気温で育成と書いてありましたので
7月なら絶対大丈夫と云う気も有りましたけど・・・・。

8月現在、こんなに伸び花もボツボツ咲き始めてます。

ゴーや3

今は、小さく可愛い花を見られただけでも植えて良かった心境

この頃やっと咲いた花ですから、実の収穫などはあまり
期待できませんが、元気に青々した葉の成長を見るだけでも
嬉しく楽しみな気持ちで一杯です・・・。

今年は3本の試作で、こんな強風地区でも大丈夫と、
やや自信も出来たので来年はもっと早く植え、
数も数本に増やし収穫の方もアテにして見るつもり。

そして、西日の当る窓辺の日陰つくり等にもしてみたいな~
なんて事考え、もういまから来年の計画など
心積もりしているガンババです。
どこかで、鬼が笑っていることでしょうね~。

ゴーや②


ごーや4


ゴーや①


                      ◎、ジョーロ

ガマ口財布

此のところガマ口財布を作るのに凝ってます

さいふ

古くから脈々と続くガマ口のポーチです
財布にしても、化粧小物を入れても重宝するようです。

其のガマ口を色々の残り布で作るのに、
今、ハマってしまいました。

どうも試用に一個作ると、面白くなって次々と
作りたくなる癖があるようです
手元に有る端布れ応用で作るため、地味目のものばかり
出来てしまいますが、カラフルな布なら
どんなに楽しいでしょうね~

ウエットテイッシュ・ボックス

こんな可愛いテイッシュボックス見つけました。
ウエッとテイッシュは乾燥するので、ケースに入っていた方が
長持ちするように思います。

テイッシュ2


テイッシュ1

小さな子供のいなくなった家庭は、段々可愛い物が少なくなり
色彩もカラフルなものが姿を消してから何年たつでしょう・・・。

何処か部屋の隅にでも、こんなユーモラスな小物があったら
和むのではないでしょうか
其んなこと思いながら、こんなものを買ってみました。
あまり乙女チックなものは、若いころから敬遠タイプでしたから、
ヤッパリ、漫画チックになってしまいます。

その上嬉しいことに、一個テイッシュ入で(284円)とは・・・
10個くらい買って部屋の四隅にでも、置いておこうかしら・・・

残念!!そんなに沢山の部屋は無かったんだ~~~~

季節・蚊取り線香

中島公園の紫陽花

中島公園の紫陽花          水彩画

07.中島公園

暑い日が毎日続いて夏・夏・夏・・・・
もうそろそろ、一雨ほしい感じもしますが、
夏はやっぱり此のくらい暑いほうが安心できるかも・・・

雨に日によく似合う紫陽花は、毎夕の水やりにも関わらず
我が家の小さな花壇では、何だか元気がなく大きな花の塊が
俯いているように見えてます。
其れに比べて、中島公園の紫陽花は今年も例年の様に、
見事に咲いていました。
池の周りに植えられているからでしょうか、水分補給も
タップリ万全・・・なのでしょう、生き生きとして
花弁の艶まで違うように見受けられました。

8月8日、きのうが二十四節季で云う立秋ですもね
もう昨日で暑中見舞いの時期も終わり、立秋の翌日からは
残暑見舞いになる・・・とか云われてますが、
未だ未だ暑く、気分としては充分暑中見舞いを書いたり
云ったり、したいですよね~
でも、北海道はウンと暑いのも残りわずかでしょうから、
今のうちに暑さで汗をいっぱい流し、スイカを沢山食べて
嬉しい夏を充分満喫しておきたいです。
                

何年か前に同じ公園の場所で描いた絵が一枚ありました
思い出し比べてみましたところ、残念ながらほとんど成長の跡が
見られません・・・我ながらガックリして力なくしました。

2006,7月中島公園・紫陽花

もう若くないから、成長も止まってしまったんでしょうか??
其れとも一か月に3~4枚描く位で、成長を望むと云う事が、
図々しいのでしょうか??
幾つになっても悩みは尽きません・・・頑張ります!!

季節・・太陽とソフトクリーム

コストコのパスタ

コストコパスタ

どうってことないパスタですが、意外においしいようです
何種類かの形がありましたが、此れが色々なソースで和えた時
螺旋形なので、味が馴染みやすいかと思い選びましたが・・・。

生パスタとでも言うんでしょうか、半生状態なので茹であがりも
早く、そして口触り良く、とても気に入りました
シーフードのホワイトルーを作り絡めたんですが、
何だか病み付きになりそうなくらい美味しかったです

2袋連結で売られてますが、茹であがり一袋は4皿が適量
みたいです。
始めの時、一袋全部茹でて二皿に盛りつけたところ、
大皿に溢れんばかりで、一時に食べられなかったと云う
失敗などもしましたが・・・・。

うどん屋さん

初めてのうどん屋さんに行きました

うどん2

何時のころにできたのか南郷通りのうどん屋さんです

麺が太く鉛筆ほども有るでしょうか、
こしも有りシコシコと、美味しかったです

カウンターに並べられた色々の天麩羅を選び
レジで精算しました。

全て、セルフサービスなので食後の容器も所定の場所に
片づけてからお帰りです。
したがって、料金の方もきっと割安なんでしょうか・・・

だって、珍しいことに今回は、息子のポケットマネーからの
支払いで、料金も知らず皆でご馳走になったんですから・・・・。

うどん1

暑いので、とろろ掛けの冷ウドンに、イモ天一個をチョイス
ネギも海苔もタップリかけました。

ウドンも美味しかったけど、厚切りサツマイモ天ぷらの
美味しかったこと、お持ち帰り用なんてないのかな~

カキ揚げなんかもカリッと揚がり、最高美味しそうだったけど、
あれを使って天丼などにして見たら、超ウマかも~




うどん4

ピーマンとナンバン

今年も、その季節が来ました
ピーマンとナンバンの佃煮ですが、
正式名称は、何と云うものなんでしょうか?

初めてSさんから、レシピを戴いたとき書いてなかったので
「ピーナンバン」と勝手に命名して、毎年作るようになりました

ナンバン3

① ピーマン~13個・青ナンバン13本をミジンに切る
   (私は今回、フードプロセッサーを使いました)

② 麹(200グラム入り)一袋を微温で戻しておく
③ 醤油500㏄・砂糖200g

* ②.③を鍋に入れて、半分量になるまで煮詰める
  大体半分くらいになった頃に、①を加えて煮る
  青味が取れ、全体が馴染む感じになったら完成

凄く簡単で日持ちがよく、炒め物の調味に使ったり
ご飯に添えたら、あっと言う間にお変わりがしたくなります。

ナンバン1

今年は、激辛ナンバンと云うのを買ってみましたら
超辛い味となり、激辛派は最高に美味しいと絶賛してくれますが
辛味に弱いガンババには、とても、とても・・・・

今年は辛いので専ら、奴豆腐や野菜炒めの味付けに使用してますが
やっぱり、他の調味料で味付けするより美味しくなります。

今年も分量の倍、2単位も作ってしまいましたが
自家用の分は、せいぜい小さい瓶が2個くらいでしょうかね~


ナンバン②

8月で~す

いよいよ8月です・・・楽しいことも一杯の8月!!

8月

8月は葉月とも言いますように、緑が一番たくましい色で
周りを包みこんでいるようです。
明日から週1回ですが屋外の写生です

写生地は、永山武四郎邸・記念公園です(北2・東6)
昨日、下見に行ってきましたが緑の多い静かな公園で
其の緑の中に、明治10年頃建築された永山邸が、ひっそり
と云うか、木立の一部の様に存在してました。

永山邸記念館02

描きたい位置のあたりを付けて、入館無料の邸内を見せて貰い
開拓使の手がけた当時の和洋住宅様式をゆっくり見学した後、
公園に隣接するファクトリーで、ゆっくりランチしてから
来週の写生構図に思いを馳せながら、楽しい気分で帰宅しました。


季節・スイカ




カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター