京極の名水の里をもう一枚・・・

京極町の吹き出し公園にある名水汲み場付近を
もう一枚描いてみましたので・・・・。
京極

先日のより少し明るく描いてみました
木などは、紫陽花ペンに黒インクですが
紫陽花ペンに不慣れで、勢いのある木々の感じが
全然出てないので自分ながら、がっかりしてます。
               

8月は、油絵グループで、屋外写生があります
去年は朝里海岸でしたが、電車の往復に大荷物も嫌で、
水彩用具持参でしたが、今年はしっかり油で描いてきます

    永山武四郎記念館と公園。
    ファクトリーのレンガ館。

きっと暑いでしょうから、熱中症にならないように
飲み水もタップリ用意したうえで、頑張るつもりです

広々とした由仁ガーデン


お天気も良く余り暑くない最高の日でした
広々としたお花畑で涼やかに憩い元気を沢山貰ってきました。

由仁②


由仁ガーデン


由仁6


由仁①


由仁バイキング


由仁デザート


由仁ガーデン3


由仁ガーデン2


由仁ガーデン4


由仁④

今日の夕食

久々ですが夕食などUPしてみました。
こんなときはブログネタ切れの時なのですけど・・・。

DSC03450.jpg

○豚角煮、残り汁で煮卵と、青菜
○トマトとセロリの、柚子ドレッシング
○カボチャ、エビはんぺん、ズッキーニー、昆布の煮物
○キュウリ、生姜、大根のもろみ漬け
○夢ピリカ白飯

いずれも薄味の、野菜が主になっての老人食でしょうね~

何時かの「試してがってん」で見たように、野菜とか副菜を
先に食べるようにしたら、ご飯やみそ汁に行きつくまでに
満腹してしまい、ご飯を食べれないことが再々有るようになりました。

ご飯大好き人間としては、とても物足りない感じなので、
ご飯から食べ始めたら、全部食べられるので不思議です・・・
そうすることが太る原因なのだと、テレビで云ってましたが
此の齢で太ると、血圧や糖にも関係してくるでしょうし迷いますね~

工場見学

今週は近くの工場見学でした。
グループはバス3台で移動するほど大人数です
しかも、爺さん婆さんばかりの御一行様ですから、
キャピキャピではないものの、かなり存在感アリです

①コカコーラー工場見学
 9

 広い広い操業中の工場内には、全然と云うほど
 人影はなく、機械だけ動き箱詰めされ出荷車へです。
 その後、専用室で映像を見て、製品の各種飲み物を
 好みに応じ振る舞われました。

4

②北海道新聞・札幌工場
 エレベーターで3Fに着くなり目に入ったのは、
 大きな画面の歓迎・・・でのお迎えにビックリです

8

此処でも機械ばかりが働いている光景を見学しました。
又、新聞の出来る迄をお話や映像で判り易く説明を受けている間に、
今回の団体写真を挿入した新聞を印刷し、記念に各自戴きました。
さらに、メモ帳やファイル、出来立てホヤホヤの夕刊紙なども・・。

3新聞

2

③三井アウトレットパーク
見学と昼食ですが、すでに何度も訪れて見る処もないので
2Fのフードコートに直行です
今日は帯広の豚丼にしました。3枚の友人もいましたが
ガンババは頑張り4枚肉です・・・・しかも完食

6

7

④最後はアサヒビール北海道工場
相変わらず機械だけ動く、広い操業室の見学です
余り機械が多くて製品は見えず、何をしているのか判らない感じ
機械オンリーはストもせず休む間もなく清潔で良いとは思うけど、
何だか淋しい様な、不安な様な感じもチョッピリ・・・

此処でも最後に、生ビール3倍までの振る舞いがあり、
下戸には、サイダーやバヤリースオレンジ等々が

5

1

                       生活・バス、沢山人







旭川美術館の見学

北海道立旭川美術館に行ってきました
緑が豊富な常盤公園内にある美術館は今迄にも
数回訪れてますが、静かで広々と気持が休まる空間です
16日。旭川美術館

今回は、「巨匠たちの饗宴--日本近代絵画」と云う
特別展があり、ヴットワン美術館の珠玉のコレクションと云われる
近代絵画と日本画が90点ほど展示されているのです。

広島県の建材メーカーである「株式会社ヴットワン」は、
1000点余りも所蔵しているそうで、その膨大な中から
厳選されたという日本を代表する巨匠たちの名品・優品は、
もう・・・素晴らしい物ばかりで~只々うっとり~

会場は勿論、撮影厳禁なので以下パンフレットより

佐伯裕三
パリの裏町     佐伯 祐三


名称未設定-3
麗子象       岸田 劉生

麗子像
木かげ       黒田 清輝


             名称未設定-5

雨の写生会 ②

恒例二泊三日の写生会も、今年は遂に雨のうちに終わりました。

完成とまでいかなくても、2枚ほど手がけた人もいますが、
水彩用具だけ持参のガンババは、少しの雨でも紙が相手の
作業では、広げるだけ無駄かと思い始めからあきらめムード。

でも…描くより楽しかった温泉とお喋りの三日間
普段、時間帯や教室が違ってゆっくり交流のできない
人たちとも、色々な部屋に集まってお喋り大会・・・
喋りつかれた末は、源泉露天風呂で裸の付き合い・・・
本当に極楽の三日間だったかも。

でも極楽でなかったことが・・・。
始めから承知のことではありますけど、宿泊代が異常に高い!!!
一泊・・なんと18、000円!!二泊で36、000円

(帰宅後インターネットで同じホテルの料金表を見てみたら、
7~8000円から、最高が12,000だったので、どう云うこっちゃ~
30名近い団体で、割り引くんなら判るけど・・・。
因みに3人部屋は13,800円で少し割安とは云うものの
やっぱり高いよね~。

白金温泉14日夕食

夕食のお膳がまたお粗末で、ちょっとびっくり
そう思ったら定山渓や登別温泉は、サービス価格なんだな~
なんて、意外なところで見直しちゃった感じも・・・。

DSC03417.jpg

部屋は案外広くゆったりして、さすが18,000円と思ったら、
一人も、二人も、三人も、和室、洋室の違いこそあれ、同じ
感じの部屋みたいで、一人用の個室は無いみたい・・・

写真ではあまり分からないけど、カーペットに始まり他備品も
かなり年期の入った物を、シッカリした掃除、手入れで
補っているもようで、不潔感はなく気持のいい感じがしました

白金温泉、2泊の部屋

ホテル、パンフ

                    生活・雨と傘

雨の写生会 ①

木曜日の朝は大雨でした。
特に、家を出た9時過ぎは豪雨ともいえる凄さで
まえも見えないほど・・・・。
札幌駅よりスーパーカムイの指定席に、グループのみんなと
座った頃は少し小雨になってました。
雨の中を出掛ける写生旅行は本当にガッカリです。
30名近いグループの中に平素の行いが悪い人でもいるのかな?

名称未設定-2

白金温泉・・・此処が今回の写生地なのです
美瑛方面の行き止まりの温泉郷・・十勝岳と白樺の山麓とか・・
        

「しら髭の滝」と云うのが見ものとしてパンフレットに
出てましたので、小雨の中を出掛けました
其れは上の写真ですが、かなり壮大な滝のように見えてます
実際は↓の写真の様に、民家の建つ道路沿いの土手の中間に
有る滝で、下を流れる美瑛川に流れ込んでました。
幸いに昨日からの雨で水量が多く、勢いはありましたが、
好天続きのときは、どんな事なのでしょう・・・。

しら髭3


温泉標識


白金温泉、

小雨の時を選んで描いているまじめな仲間もいます
橋の上から、眼下に見える「しら髭の滝」を描いていました

青い池。

ガンババはあまり熱心でなく、雨を口実に画材を出すこともなく
3日間を過ごしてしまいましたが、車で来た友人に
近頃売り出し中の「青い池」まで、連れて行ってもらいました

連日の雨のせいと、太陽が出ていないせいでしょうか
青い筈の水面は、濁った薄茶グリーンのような色で青色などは
想像もできない程、澱んだ水の色でガッカリでした。

青い池。03

此れは「青い池」の宣伝パンフレットの写真ですが
晴天の日は実際にこんな色なんでしょうね~
是非もう一度来て、此の美しい色と出会ってみたいものです。

青い池

ホテルのことなど続きは次回・・・・。
                    生活・雨と傘

圧倒した水彩画個展

先週、知り合いの先生が大通り美術館で個展をなさいました。

坂本てん4

水彩画の個展でしたが、個展そのものは毎週替わりで
色々な方がなさり特に珍しいとは思いませんですが、
今回は、会場に入るなりビックリ!!圧倒されました

坂本展


坂本展2

大体同じタッチの様な絵が、ずらりと額なしで展示されてます
ほとんどが北海道の四季風景で、特に札幌周辺が多いようでした
季節ごと、同じ場所ごとに纏めてありましたので大変見やすいと
思いました。

~因みに全部で何枚ほどかと思いお聞きしましたら、
 ビックリ・・・330枚とのことでした。

坂本展3

京極町は名水で有名です

名水の里        水彩画
京極の沢

以前、京極町の名水が出るという沢に寄った時は
何もない藪道を入り足場の悪い沢を下った処に
小川が流れ、その上をお粗末な木やトタンで組んだ
トヨがあり水は其処から流れ出てました。

其れから何度か寄る度ごとに、開発整備されてました
現在は、立派で美しい公園になって公衆トイレも完備・・
名水も整備された水場で、蛇口から貰う様になってました

お土産屋さんや野菜即売店、レストランまであり、今では
完全な観光スポットになりました

今年も此の季節が来ました

三菱

今年も来ました此の時期が・・・・
もう何年続いていることでしょう

毎年、ソロソロ暑くなる時期に案内状が届きます
去年はグランドホテル地下が改修中のため、
ファクトリー前のギャラリーだったため随分遠い感じが
しましたが、やっぱり出掛け戴いてきました

今年は例年通りグランドホテルの地下・・・・
しかも、地下道完成で大通駅からすぐになりました。
あっと言う間に会場のクリスタルホールで
例年に増して広々とした空間でのジュエリーフェアーでした。

ゼロが5個も6個もならんだ値札が付く、宝石類のキラキラ
輝くなかを通り抜け、今年もプレゼントだけを頂いてきました。

本物を買うようなお客さんは、このようなジルコニア石など
問題外でしょうに、顧客見込みゼロのお客に何故毎年・・・
広く交換葉書が来るんでしょうね・・・・・。

さすが三菱!!です・・・有難う~

お神輿わっしょい!!

土曜日の午後、ススキの付近を通りかかった時でした
四番街のお祭りだったんですね
お揃いの法被姿で、ワッショイ~ワッショイのお神輿担ぎの最中
男性も女性も、小父さんも元気一杯ワッショイ、ワッショイです
ガンババも此の齢になってからでは、もう無理ですが
せめて一度くらい、お神輿を担ぐ機会が欲しかったな~

祭り5

途中から10歳位の女の子が、お御輿台の上に立って
扇を振りながら、調子をとっていたのにはビックリ
大揺れに揺れる動きに合わせ、立ち姿でワッショイですから、
其の可愛さと平衡感覚の凄さに、目が点になりました。

祭り7
祭り6

祭り4

祭り3


祭り8


祭り1


祭り2

今日は思いがけなく楽しいお祭りに出会い嬉しい時間を
チョッピリ持つことが出来ました
小さな興行テント、射的屋台、金魚すくいなど長蛇の列と
云えるほど親子ずれや子供たちで一杯でした。

忘れなかったら来年は、もっとゆっくり歩行者天国に
成っている場所などで、寛いでみたいなーと思ってます 


                    行事・まつり団扇

本格的な夏が来ました

乙部海岸      水彩画
011.乙部海岸

7月に入り、いよいよ夏本番という暑さが来ました
とは言っても、本州の気温に比べたら全然ですが・・・・。

朝夕は気温の変化で風邪をひかないように・・・なんて
云うくらいですから、高齢者の熱中症が続出してるという
テレビニュースを見ても実感が未だ出てきません
去年の様に猛暑が続いたら其れはそれで凄く嫌ですが、
本州の30度を超す暑さも、熱中症の辛さも実際的に
判るんでしょうけどね~。

                      日射病

近代美術館のガラス展

ガラス展

ロシアのエルミタージュ美術館所蔵のガラスコレクションが
近代美術館に来ました。
6/2日の開催が、東日本の震災影響で一週間遅れて
9日からの開催でした。
開催間際の早い時期は大体混雑して、ゆっくり鑑賞できない
事が多いので、終わり近くに行ってきました

程々の入館者で、ゆっくり鑑賞し解説のDVDも、椅子に
掛けてみることが出来ました

名称未設定-2

同時開催のコレクションギャラリーは、余りにも
鑑賞者が少なく広い広いホールに、ひとりの時も有り
ビックリしました。
65歳以上は無料とのことで、何だか申し訳ないような
思いで見せてもらいましたが、有名作家が子供の姿を
モチーフにして描いたり、造形した作品が沢山
展示してありました。

名称未設定-3

子供とか、母と子等の絵を描く事が好きなガンババには、
うっとりするような子供の姿をとらえた大家の作品を
見せてもらう事は、本当に至福の時間と云うものですから、
ゆっくり丁寧に、心おきなく見せてもらいました。

名称未設定-5

今回のガラス展は友人から頂いたチケットで入場して無料
同時開催中のコレクションギャラリー迄、シルバー優待で無料
更に、往復の交通費までバスも電車もシルバーカードで無料

何だか申し訳ない思いがして、募金箱にチョッピリ何度目かの浄財を・・・


ぱっと (6)

続きを読む»

海の町、銭函のギャラリー・ムーン

今日はJRで銭函のギャラリームーンまで・・・。

国道5号線沿いと云えるほど、車で行けば簡単ですが
今日は電車に乗って、沿線の街並みを楽しみながら、
トコトコ運ばれ初めて下車した銭函駅へ

その後、10分ほど歩きギャラリームーン到着。

トベックス①

ログハウスのメーカー「トベックス」の敷地内に有るギャラリーは、
タップリの緑に囲まれた、今時珍しい感じの鄙びたムード


トベックス3


トベックス2


トベック4


トベックス6

丸太で囲った橋や細い小道の先に葦で囲まれた、ギャラリームーンの
小さな建物がありました。
今回は、「エンジュリーフ」さん率いるグループの作品展示即売会を
されてましたが、時折展示内容が変わるようです。

3~40㎡余も有るのでしょうか、石造りの様な狭くても
しっかりした小屋タイプ。
ギャラリーと云うより、工房として使ったらピッタリの面積と、
周りの空気・雰囲気

池をめぐった葦の上からも、幾つかの小さな屋根が頭を
見せていました。

トベックス5

帰りがけ同じ「トベックス」敷地内に建つレストランで、
知る人ぞ知る・・・と云う「シーフード焼きカレー」を賞味。

カレーライスのドリアみたいで、タップリのシーフードと共に
焦げ目の付いたアツアツのカレーは、予想外に美味しく今後も
2度3度と機会があったら是非食べたい・・という感じの絶品・
・(ちょっとオーバー)    でも美味しかったよ~

カレー

                  季節・夏サイロと蝶


















7月になりました

7月

今日から7月です。

もう今年も半分が終わったのかと信じられない感じも・・・。

此の7月は草木の葉も強烈に緑を深め、元気いっぱい成長
する季節かと思います。

もう成長の終わった年代のガンババは、此の時期元気な
草木の様に、力強い成長は望めませんが、せめて、せめて、
冬に向かって風邪をひかないための、抵抗力なりとも
成長中の緑の木から沢山戴きたいと思っています。


生活・婆さん掃除機
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター