グループ展の昼食会

水彩グループの昼食会でした。
近くのグランドホテルの「ビッグジョッキ」でした。

別館の1Fですが広くてビヤホールの感じも・・・・
何回か行ったこと有りますが、とてもゆったりしてます。
今回の様に大ぜいの時は、まとまって座れるので
又何かあるときまで、忘れないで覚えておきたい感じ・・・。

食事は、それぞれのオーダーで、ぐっと地味な懇親会かな

DSC02998.jpg

女性6人が、炊き込みご飯に、けんちん汁・・・・を、
オーダーしましたが、ホッキ貝の炊き込みご飯でしたし、
けんちん汁も野菜がたっぷり入り、サトイモもタップリで
値段の割に美味しくボリュームがあったね・・・・と、
食後に出たコーヒーを飲みながらの感想でした。

DSC02997.jpg

炊き込みご飯の上には、シーフードが色々乗っかって
其れを食べるのも楽しみで、満足感がプラスしたようです。

此のお店が、ラーメンサラダ発祥の店であることは、
余りにも有名ですが、今でもお店の自信メニューらしく、
ぴか一商品の感じでした。
今度来た時は、もっと気温も上がってるだろうから
ラーメンサラダにしよう!!!

DSC02999.jpg

国民の祭日、昭和の日

     

今日は「昭和の日」で学校も、会社も、お休み・・・

昔は、「天長節」と云って、普段より良い服を着せられて
学校に行き、君が代や天長節のうたを歌って校長先生の
長~いお話を寒い運動場で聞いて帰るという特別の日でしたが
今は全面休日で、しかも大型連休の初日と云う事なのですから
別な意味で、楽しい特別な日かもしれませんよね~。

処で、昨日「ipad2]が、やっと発売されました。

其れとは全然関係ないのですが、昨日28日はガンババの
誕生日でした。遥か昔のことでも誕生日は、忘れないで
覚えているものですね。
忘れそうでも電話が来たり、プレゼント貰ったりして
ヤッパリ嬉しいので、近くなると思いだすようです。

処で、またipadの話に戻りますが、
今度の(2)は、ずいぶん薄くて、かるいそうです。
延びて延びて、28日の誕生日に発売!!と云うのも、
何かの縁ですから、ヤッパリ買う事にしました・・・。

とか言うのは、後付理由で本当は欲しかったので、
早く発売にならないかと、待っていたのです。
そろそろ、混雑も一段落したでしょうから、明日あたり
出掛けてみようかと予定してるところです

お風呂の蓋の様にパタパタと折れるカバーが別売り
されてますが、ハテ…どの色にしようかと今、思案中です。

a.jpg

来週は端午の節句があります

端午の男雛         水彩画6号
端午

今年は三越の端午節句パンフレットは、金太郎でも
桃太郎でもありませんでした。
弓矢を持った麻呂の様な人形でした。
従来の様に金太郎や、ショウキ大臣の5月人形など
元気さや力強さをイメージするものは人気がなく
なったのでしょうか・・・。
大体、鐘馗と云う字さえ一度の変換では全然出て
こないのですから、知らない若者だっているかも・・・

「子供の日」と改名され国民の祝日になってから、
徐々に古来の端午の節句という風習が薄くなって
来たように感じられます。
昔は邪気をはらうため、菖蒲やヨモギを軒先に下げたり
お風呂に入れたりして、柏餅や粽を食べたもので、
当時は結構楽しみなことの一つでしたが、そんな行事も
だんだん少なくなって、昔人間には寂しいことです。

最も、マンションのドアーにヨモギや菖蒲を下げることも
鯉のぼりを立てる事もできませんから、生活様式の変化で其れも
仕方のないことですが・・・。

今年もまた、三越のパンフレットを参照して水彩で一枚
節句人形を描いてみました。

御馳走になってしまいました

グループ展を見に来てくれた友人3人にランチを
御馳走になってしまいました。

わざわざ見に来てくれたので、当方が御馳走するところ、
何だか反対になってしまいスッカリ恐縮でした。
その上、口紅やらのお土産まで戴いてしまい
今日は、うれしい~うれしい、有難うの日でした。

otowa②

何処でもいいから好きなところえ・・・と、云われましたが、
ニッセイビルの「をとわ」等が近いので、其処にしたのです。
極、ふつうのお総菜が少しずつ盛り合わさっているので、
案外、老人向きの食事かもしれません。
デザートは出ませんが、コーヒーとか好みで色々な
飲み物は付いてます。

おとわ1

大通り美術館のグループ展、初日!!

今回のグループ展には、今迄に描いていたものから
3点、選んで出しましたが、やっぱり最近作が
目につくようで、次の作品でした。

母と子


ga-deningu


野菜売り


                                    絵・個展イラスト

グループ展の搬入でした

マロニエの下        水彩画6号
マロニエの下で

月曜日の今日も小雨がときどき降り、カラッとしない
寒い日でした。
其れでも、地熱があるのかチューリップの葉など、ぐんぐん
成長してきました。蕾はまだ見えませんが、其れも近日中に
見えてくる事でしょう

今日は午後から、水彩展の搬入・飾り付けがあり夕方帰宅・・・

いよいよ明日が初日ですが大通り美術館の全フロアーが、
130点余りの水彩画で占められるのですからチョッと壮観!!

特に当番はないのですが友人たちが見に来てくれると云う度に
会場まで出かけたりして、今週はバタバタと落ち着かない
日々を過ごす事になるでしょう・・・・。

                        絵・個展イラスト

朝から小雨で寒い土曜です

木箱とデコイ             油絵10F
、木箱とデコイ

春はそこまで来てるのに、中々あたたかくなりません
昨夜から気温も下がり今日は終日小雨が降り寒いです。

ヤッパリ連休が過ぎないと、駄目なんでしょうか・・・

もう大分前ですが、5月5日の子供の日・・・朝起きたら、
10センチも雪が積もっていたので、ビックリ仰天な~んて
事も有りますから、5月中旬までは油断はできません

大通公園の花壇は、春らしくパンジーで一杯になりました
噴水は未だ始動せず、冬囲いをはずしただけの状態です
きっと、連休からでも放水されるのでしょうか

沢山の鳩は元気に遊んでますが、芝生は未だショボショボですし
風も冷たいので、さすが芝生で憩うグループは全然いません。

きっと来月の今頃は、大通公園も芝生がスッカリ生えそろい、
ポカポカした春の日差しの気持ちよさを求める人たちで
にぎやかな声が、公園一杯に響くことでしょう・・・・。

カオリ会、芳彩グループ展

名称未設定-5

ガンババの所属してるカオリ会・芳彩グループの
1年に一度の作品展が始まります。

一人3点ですが、それぞれに力作ぞろい・・・
26日(火)からですが、もし近くにおいでの時は
是非、会場まで足を延ばして戴けたら嬉しいです。

特に当番はありませんが、会場には誰かがいると
思いますので、何か声をかけてくださるのを
それぞれに、お待ちしてます。


           絵・個展イラスト

「インカ帝国のシカン展」見てきました

ペルーの北海岸。
インカ帝国滅亡より500年も前に栄えた黄金の都
「パタングランデ」より発掘された黄金の埋葬品展!!

シカン展

1978年から調査にあたったイリノイ大学教授で
島田泉・考古学者は従来インカのものと考えられてきた
金製品はこの地にルーツがあると確信し発掘をはじめた。
その結果、この地の支配者と思われる男性遺体や
1,2tに及ぶ黄金製品や副葬品が発見され、世界的に
話題になったという事です。
「シカン文化」と云うのは、それを発見した教授が
先住民の言葉で「月の神殿」と云う意味で名付けたと、
会場にパネルや、映像で詳しく説明がありました。

名称未設定-2

名称未設定-1


ついでに…と云っては申し訳ないようですが
コレクションギャラリーの方も見てきました
此処は、65歳以上が無料になってました。

顔を見たら65歳など遥か昔のことと判りそうなのに
証明になるものを・・・と、形式通りのことを
云われてしまい、「ハテ~何もないし困ったわ・・・」
窮余の一策・・地下鉄の敬老カードを見せOK通過 

でも全然・・・魅力ある作品はなく、いつもと同じような
見あきた作品ばかりでがっかりでした。
そのせいか知れませんが、広い場内は誰ひとりの
鑑賞者も有りません。ひっそりガラ~ンとしてました。
角々の椅子に掛けてる女性係員が、眠くならないかと
気の毒見たい常設展会場でした。

名称未設定-4









昔風に言えば目の正月!!

DSC02949.jpg

素晴らしいドレス!!
そして、綺麗な女性!!
結婚式の前撮りなんでしょうか
ホテルの中に有る中庭の様な花壇で・・・・

最近のドレスを余り見る機会がなかったせいか、
其の素敵な色と、仕立てにビックリ見とれました。

たまたま食事の後、花壇のベンチで友人たちとお喋り最中
座っていた処から、2メートル程しか離れてなかったんで、
ドレスの生地や裾の膨らまし塩梅など、しっかり
見せてもらえて、思いがけなくラッキー・ラッキー
さすが、ドレスのフワフワした生地を触ってみたい
欲望だけは押さえましたが、最高に素晴らしかった~

花壇には何時も、沢山の花が溢れるほど咲いてますが、
さすが今日は、スタイルも良く美人のお嫁さんと、
美しいドレスの華やかさの前にはスッカリかすんで、
お花達も、夫の男性も、ひそやかにと云うか、喜んで
脇役に徹していたようです。

DSC02951.jpg

月例アスナロ・ランチ会

3月のランチ会では、以外に満足した事もあって
4月の分も予約・・という段取りになり帰りがけ即予約。
それが今日でした。

予約の場合は、10%割引と食前酒などサービス有りですから
しっかり者のオバサン?グループは、そんな細かい事も
ちゃ~んと把握した上のことです。

毎月替わりの4月メニューは、
鰹のタタキサラダ・
ユリ根のコンソメ玉子蒸しパイ包み焼き・に始まって、
コラボプレートと云う、バラエティータップリの一皿

DSC02943.jpg

DSC02944.jpg

和様コラボプレート

桜豆腐・姫竹味噌漬け・鰆の桜〆
春彩り各種温野菜・バーニャカウダソース
桜鯛と桜鱒の木の芽焼き
ホロホロ鳥のハチミツロースト
フォアグラのコロッケ
DSC02945.jpg

ここらで満腹加減のところだが更に、もう一品

生寿司と、汁ものお椀
DSC02946.jpg

まだ…デザートが・・・タップリなんです
DSC02947.jpg

4月はガンババの誕生月。
予約の際に友人が一言、申し添えてあったらしく
デザートのレモンシャーベットにはプレート迄がついて・・・・

これで1.800円とは、何だか申し訳ないみたいです

DSC02948.jpg

    
    ホテルモントレ札幌2F 「創作料理 華蘭亭」でした。

古いスカートが大変身

リバーシブルのスカートでバックが出来ました

DSC02941.jpg
スカート利用でバックが2個も出来ちゃった!!
シッカリした生地の割に軽くて、皮より馴染む感じ・・・

友人から、何かに利用できたら・・・と、戴いたけど
裏生地をつけたら思いがけなくシッカリして素敵!!

明日は、その完成品を友人に届けよう・・
ポシェットと、手提げの二つも出来、その変身ぶりに
ビックリするだろうな~

オマケに、小さな半円形のポーチも完成直前 

DSC02955.jpg

                         生活・クラシックミシン

霙雨の中をコストコです

霙の様な雪のような冷たい雨が降ったりする日曜でした。

何時ものベーグルパン、牛乳、肉各種、セロリ、その他、
定番品を買いにコストコへ・・・

お天気が悪いからか、日曜日のせいか超満員で大盛況
家族ずれが多いので子供たちも多く、遊園地みたいに、
大きなカートに乗ったり、もぐったりして・・・・
その危険な動作には、ハラハラさせられ、
又大声で泣き叫んだり走り回るうるささに辟易したり

其れでも親は全然気にならないんですね~
自由闊達の教育方針だと云う事なんでしょうか??

でも、其れって全然違うと思うんですが
こんな風に考えるのは、やっぱり古いのかな~。


今日のコストコは、水がいっぱい売られてました
最近の品切れ状態を一気に挽回するかのように
売り場面積も拡大されてました。
今日買ってきたのは236mlで、珍しく小型ボトルです
此のほうが、無駄にもならないし携行するにも
邪魔にならず具合がいいかと思って・・・

因みに価格のほうは、70本詰めで938円でした。

DSC02942.jpg

雨の日はヤッパリ寒いです

ピエロ人形          水彩画
04,14.Tさんのピエロ(13)

今日は朝から雨なので、ぐっと気温が下がりました

こうして、三寒四温を繰り返しながら本格的春に
突入していくんでしょうね~

この頃少し目を使いすぎたのでしょうか・・・
昼のうちから目がシクシク痛くなり困ってしまいます
全て、何をするんでも見なければ駄目なことばかり・・・

目と手だけは、最後の日までシッカリ使えますようにと、
若い時分からの悲願だったんだけどな~
ここにきて、悲願達成できなかったら大変だから
今日は、早めに寝ることにしま~す。   オヤスミナサイ!!

大通り花壇の植え付け作業始まる

今年も花壇の植え付けが始まりました。
此れが始まると春の始まりです
昨日、14日は4丁目花壇にパンジーを植えてました。
もうすぐ噴水も始動することでしょう
いよいよ春・・本番の始まりです!!

DSC02938.jpg

大通り5丁目花壇は、まだこの状態ですが
金曜・土曜日には植え付けも完了し、来週は
見違えるような公園になっていることでしょう

DSC02929.jpg


5丁目のチューリップの現在です
去年は赤い色の統一でしたが、今年はどんな色かと
楽しみです。

DSC02928.jpg



                                     ◎、ジョーロ

ミニ花壇では・・・

現在我が家のミニ花壇はこんな状態です。

札幌としては高地らしく風の強さと冷たさは酷く
植物の成長など中央区より、かなり遅れているようです。

此の一週間は、寒い日も有りましたが比較的
気温が春めいていたからでしょうか、落ち葉の中から
満身創痍の可哀そうな姿でプリムラが、
可愛い顔を覘かせてくれました。

DSC02917.jpg


DSC02918.jpg

DSC02919.jpg

チューリップも、やっとこの程度です
大通公園花壇のチューリップは此れより、大分伸びています。

此処は気温も低いし、土も余り良くないのに、
頑張って今年も健気に顔を出してくれたのは嬉しいです。


DSC02920.jpg


◎、ジョーロ

可愛い頂き物

先日、孫ほど年齢の違うブロ友さん達に、
こんな可愛い物をプレゼントされました。

桜の花の駒は回して楽しむより、パソコンのすぐ上に
飾って毎日座るたびに見ては楽しんでいます。

木でできたマスコット人形は鉛筆ですが、削るのは
勿体ないので、ヤッパリ目の前に有る棚のペン挿しに
立て、パソコンを打つ時などに見守ってもらってます。

小さなブリキの容器だけは、出掛ける時薬を入れて
持ち歩き、本来の役目を全うしている感じです。

其のうち足も弱くなり、余り出歩かなくなったら
コマを回して楽しみ、鉛筆を使って手紙でも書いたりして
彼らにも、本来の役目を全うさせるようにしましょうね。

DSC02922.jpg

DSC02923.jpg


三本とも鉛筆ですが、勿体なくて削れません
DSC02927.jpg

                                    ◎クロッカス


思い出の旅より

スリランカの母子      油絵100号(162.2×130.3)
スリランカの母と子

もう何回も登場しているかと思う絵ですが、
ガンババにとっては思い出の深い絵なのです。

70歳の記念に何か心に残ることを・・・と色々考えた末
思いついて、道展に出品してみたのです。
おこがましいとは思いながら、今回は記念だから
応募だけでも意義があって思い出に残るかも・・な~んて。

それが初出品で、初入選したしちゃったんです。
だから、凄く思い出のある一枚なので再々登場してます。

公募展と一口に云っても北海道だけでも 主な公募展が、
道展、全道展、新道展、道美展、4つもあるんです。

それぞれの会には、それぞれの特色があるようなので、
個人的な好みもあって公募先を選んでいるようですが、
具象画を描く者にとっての最高峰は、ヤッパリ道展なのです

併しそれなりに審査も厳しく、絵の仲間内に12~3年も
出し続け、道展は未だ一度も入選できずと云う人もいます
そして、一昨年あたりから思うところあってか、
新道展に応募し、引き続き入選してるなんて事も有ります。
そうやって、新道展の座を徐々に積み重ねながら、
道展にも欠かさず応募してると云うのですから、
其のバイタリティーには感服です。

なにしろ応募するときは、大体100号2枚ずつの出品なので
二か所では4枚です。最近は100号は小さい様で150や
200号も多く、更に4~5枚持ち込む人もいると聞きました。
聞いただけで目が回りそうな事です

齢を重ねるごとに、描く意欲も段々薄まってきてるようです。
家人は、100歳までも描き続けた有名が画家を何人も
引き合いに出しますが、それらの方はみな天才と云われる方達。
所詮、平凡で才のないものは描く楽しみだけをよりどころに、
小さな絵でも楽しみながらボチボチ続けて今日も描いています。

絵・女児。筆パレット

スペインの風車

スペイン風車

スペインのラマンチャ地方に行った時のスケッチです。

サムホール程度のスケッチブックを持参していたので
2~3枚ほど描いてきた内の一枚です。
団体旅行のため周りの人たちに気づかれないように
チャチャッと描くせいもあって、此の程度しか
描けませんでした。
 
何故、皆に気づかれないよう隠れて早描きするのかって?
そりゃ~皆に覘かれたら、恥かしいでしょう~

何より未熟が一番の原因ではありますが・・・・。

思い出の旅より

野菜売りの男性        水彩画
野菜売り

   恒例 かおりグループ「芳彩会」展 が、
 
      4月26日(火)~5月1日(日)
    大通り西5丁目・大通り美術館で、今年も開催されます。

各自3点の出品となりました。
年間、水彩画だけで50枚ほどは描いているので、
3枚なら軽いかな~なんて、一度くらい言ってみたい
心境で、毎年グループ展を迎えています。

来年こそは、来年こそは・・・と、心に誓いますが
何時になっても、其の来年はこないのです。
今年も相変わらず気に入ったのがなく「帯に短し襷に長し」
どれを出すかと迷って悩んでいる最中です

3枚のうち、1枚は にしようかと思ってます。
残り2枚が問題です・・・
風景になるか、3枚とも人物になるか???
少しでも良い物を・・・な~んて欲が出るのです。
絵を描く人はもっと虚心坦懐にならなければ、駄目ですよね~。

オーダーで作りました

先日、試行錯誤で完成した後、ブログで紹介した
首から下げる事も出来る携帯ケースです。

ブログをご覧になってオーダーできるかと連絡いただき
「OK!!OK!!」と出来あがったのがこの通り

DSC02911.jpg

デニムの様な生地ですが、そのプリントが昔懐かしい
帆前かけの商標なので、今の若い人には珍しく新鮮な
感じがするのでしょう

所がそのプリントを応用するとなると、狙い撃ちで
切り取らなければ、丁度好い塩梅に商標が使えません
無作為に間隔せまく一面プリントが散らばっているのです

そのため随分と生地が無駄になってしまいますので、
小物ながら贅沢な・・・と、云えるでしょうか。

でもこれは、作って初めてわかることで、生地を
買ったときは、全然気が付きませんでした。
一模様の間隔がもう少し空いていたら、どれだけ
無駄にもならず良かったでしょう
そんなわけで、プリント生地を買うときに配慮すべき勉強も
思わぬ機会に改めてする事も出来ました

・・・・というわけで、今回初めてガンババの手づくり品が
認められた??・・・と云う御目出く嬉しいお話でした。

(Fさん、此の度は本当にありがとうございました)

お土産はバナナでした。

ススキノに有るレストランです。
最初に20種類も有るかと云う中から選ぶジュースでした。
ガンババは無難なところで、ミックスされたフルーツで・・・
もう何度か来ている同行者は、今日はキャベツジュースに
挑戦だ~と云う事で・・・

DSC02903.jpg
黄色いフルーツジュースは、パインのきいた濃厚なミックス味
キャベツジュースは、予想に反してワインカラーなので、
紫キャベツかな~なんて、一口試飲させてもらう
またまた予想に反し、レモンがたっぷり酸味がきいて
青臭さも全然なく、そのうえ体がシャッキリしてくる感じ

DSC02904.jpg
ヤーコンとか、ムラサキイモとかに交じり、初めて食べる
野菜の数々が盛られたサラダに、暖かいパンとスープ
スープがまた色々な野菜たっぷりで美味しく、特に
輪切りで入っているサツマイモがおいしかった。

DSC02905.jpg
シーフードのクリームパスタ。
これは、ケチャップで料理されたものとか、リゾットや
混ぜご飯の中から、好きなものを選ぶ事が出来る。

ポークソテーにムラサキイモ付け合わせ
此の皿も魚料理との両方から選ぶが、今回は肉のほうにした。
( 今日の場合は1.500円だが、2.000円のコースにしたら
  肉と魚の両方がつく。
 また、1.000円のランクでは此の皿は付かない)

DSC02907.jpg

デザートがまた豪気で、トマト入りのケーキに、シャーベット。
キンカン.パイン.オレンジ.キューイ.苺.バナナ.などで、
此れは千円ランクも二千円ランクも、一様のものが出る。
DSC02908.jpg

最後に、レジを済ませたらお土産と云って渡されるが、
今回は新鮮なバナナが一人5本ずつだった。
リンゴの場合も、キューイやパインの時も有るが
料理の値段には関係なく、同じものを渡されるようだ

此れも値段の中に組み込んでいるのだろうが、
思いがけなくこのような形で渡されると
ビックリしながらも、チョッピリ得した様な
嬉しさを感じてしまったかな~と思いながら
バナナを抱えて帰途につく。

DSC02914.jpg
                    

                                   ◎クロッカス

今年2人目のモデルさんです

Y、H。さん       油彩10号
着衣モデル、

又、女性を描きましたが今回のモデルさんは描きやすかったです

モデルさんによって、15分毎にある休憩の度、
手の位置や足の位置が変わっていたり、
居眠りをする人さえいるので油断が出来ません。
その点今回のHさんは、もう何回か描いてますが、
余り動くこともなく、ポーズも最初通りに座ってくれ
手足も狂うことなく決めてくれるので、おお助かりです

ただ黙って座ってるだけに見えるモデルさんの仕事も
いざ実際にポーズしてみたら、誰でもできると云う
楽なことではないんでしょうね~
休憩をとりながらでも、2時間見つめられて座るのは
かなり疲労することゝ思います。

                    ◎クロッカス

円山方面に足をのばしました

何時ものグループとは違いますが、今回は円山方面です

あちらには神宮参拝か、花の時期に写生以外ではあまり行きません

そんな事で、今回行ったところも初めてのお店でしたが、
(フルーレ)と云う、ブライダルビルの1階で
大通り周辺に比べ、随分お安いように感じられました。
同行の一人に、円山地区の精通者がいて今日はその友人が
予約したうえ案内役です。


以下、1500円のメニューですが、価格の割に
豊富に思いませんか・・・・。

小鉢、八寸、刺身、温物、蒸し物、揚げ物、酢の物、山菜飯、
デザート、コーヒー等で、御飯のお代わりもOKでした。

とは云うものゝお代りどころか、少しずつでも種類豊富なので
勿体ないけど完食できず、ご飯や揚げ物を残してしまいました。

DSC02896.jpg

一の膳
DSC02894.jpg

二の膳
DSC02897.jpg

デザート
DSC02898.jpg


今回初めて見た箸置きですが、収納時、配膳時には、
一組ずつ纏められ、使うときは箸置きになる(優れもの)かと思いました。
DSC02893.jpg

静かな店内は、落ち着いた感じで2時間余りもゆっくり
することができ、それも嬉しいことの一つでした。

      其処は創作和食、「Ce-flewrir」 
          南1条西28丁目 TUTU BLD 1F




古い暦では「清明の頃」とか・・・

残雪のころ      水彩画
民家

春分より15日ほど過ぎた4月4日~5日頃が、二十四節気で
「清明の頃」と云うらしいです。   

江戸時代からある暦の解説書に依ると
「万物発して清浄明潔なれば、此の芽は何の草としれるなり」
                    ・・・・・歴便覧より

時代が変わっても、季節の移り変わりは大差がない様で
此れからの季節を表現したものらしいです
草木の芽がほころび始め、出てきた芽で何の草かが判るという
全てが生き生きとし、清々しく明るい気が溢れる青春の季節
と云う事なんでしょう。

人生においての青春は例外をのぞいたら、大体一生に一度位な
ものでしょうが、季節の青春は毎年訪れてきます
其のたびにルンルンと明るい元気をもらい、齢を重ねてきましたが
今年も、そんな年になってほしいものです。

今回、大変な目に有った被災者の方々も、清明の春に向かって
明るい希望の光が何処かに見つかりますよう願ってやみません
                              ◎クロッカス

春ですね~

春らしい日差しになって植物も元気に目覚めてきたようです

一週間ほど前、花が咲いているフクシアの枝が、
余り伸びていたので剪定してみました。
切った枝を捨てるのも、勿体ないかとコップに挿して
置きましたら、こんなに毛根が出て来ました。

来週あたり土に植えかえれば、ぐんぐん育つことでしょう。
鉢数ばかり増えても困りますが、成長の妨げもできませんし
たとえそれが、単なる植物であっても・・・・。

DSC02901.jpg

DSC02902.jpg

DSC02888.jpg

お茶で石鹸

溜まったお茶の活用です
DSC02899.jpg

緑茶が随分たまってしまいました
お土産・御挨拶時・御香典のお返し等などで、
レベルもピンからキリまで揃った感じ・・・

常に使用してるのは、ほうじ茶か健康茶。
来客時はコーヒーか紅茶なので、ほとんど出番がありません

近年は、御茶石鹸と云うのがあって、温泉などでも
浴場で試用させたうえ売店では販売されています。
香りも良いし、お肌にもいいらしいので買って使用してますが、
我が家のストック茶を利用したら・・・(ひらめきは即実行)

フードプロセッサーで粉にしたものを、洗顔の時
石鹸の泡に降り混ぜる・・・という方式で、暫らく使ってみました
意外に忘れるのと、茶粉を振りいれる際、容器を持つ手が
泡一杯のため、容器が泡で汚れるのと滑って持ちにくいのです。

ヤッパリ石鹸にするのが最高だ~と云う事で石鹸製作

年一度開催「東急ハンズ」ハンズメッセの時、一年間の使用分を
買ってある無添加・無香料の固形石鹸を削り、御茶粉を混ぜ
レンジでチーン・・・
窓辺で乾燥させたらもう出来上がりOKです

見た目はチョッと不細工ですが、ネットの袋に入れたら見えませんし
泡も良く出て最高です。
捨てるしかないと思っていた古いお茶なので、色が悪いですが
かおりは御茶のいい香りがしてます。

グリーンが変色しないうちなら、草餅のような色をした
綺麗な石鹸になるでしょう。

DSC02886.jpg

◎ 白っぽいほうは、御茶の粉を少し入れたもので、
どちらが使いやすいかを比べてみるつもりです。

ポシェットを作ってみました

今日は一日中、家にいたのでミシンの前です
そして、こんなポシェットが出来ました。
皮と違って軽いので、重宝することと思います

DSC02891.jpg

前にも後ろにもポケットを付け、袋の中も
大小のポケットが何個も・・・ それは、
物を入れた時、底に沈んでしまうと出しずらいのと
底ばかり膨らんでしまうのが嫌なもんで・・・自分仕様ですが。

ファスナーに付けた房飾りも、革ひもがあったので
作ってみました。
硬い皮だったのか落ち着かず、パット外向きに跳ねあがり
ガーベラの花みたいになってしまいましたが、
揉んで揉んで柔らかくしたらやっと落ち着いたようで、
ショボイながらも、房飾り状態になりました。

ついでにもう一個、少し大ぶりですが状態に応じ
小型にもできるようにしてみました。
10センチほど下にもう一か所金具をつけたので、
ショルダー紐で、二つ折りバックにもなります。
(A4サイズが入るくらい)

DSC02892.jpg



雪も融け草芽も顔を見せ始めました

ガーデニング①           水彩画
ガーデニング(9)

ガーデニング②           水彩画
ガーデニング
4月は、此の絵を印刷し葉書カレンダーにして見ました。


ガーデニング③           水彩画
軒先の花鉢

同じ傾向のものを3枚描いていたので、並べてみましたら
同じ描き手なので、仕方ないのでしょうが
ほとんど同じ感じに仕上がっているのでビックリしました。

上、3枚の水彩画は、戴いた写真をもとに描きましたけど、
下の油絵は、実物を目の前にして描いたものです
油絵からは、ヤッパリ臨場感が感じられるのでしょうか?

描いた自分ではわかりませんが、実物を見たり
写生は現場に立たないと、臨場感がなく平面的な絵になると
偉い先生方が良くいわれますが、それって大変なこと
なので、ヤッパリ写真からが多くなってます。


                  



最後は油彩ですが、此れは大分前に描きましたので
今より派手目な色彩のようです

現在は、油で描いた場合でも、此の頃より暗いと云うか
良くいえば、渋い色彩になったように思います。

ガーデニング            油彩画10F
大きなバケツと植物の鉢

                          ◎、ジョーロ
        

2011年(平成23年)4月1日

4月葉書き

いよいよ今日から4月です。
エープリル・フールの日でもありますが、例年のように
四月馬鹿などと云って、軽々しくふざけていられない
ムードが、現在の国中に漂っている感じです。

例年ならこの時期、学校も会社も全て新年度となり、
幼稚園児から学生・サラリーマン等すべてに新入生が
入って来るピカピカの新しい息吹の時期ですが、
今年は千年に一度とか云う未曽有の大災害で随分様相が
違ってしまい辛いことです。

流された学校や町、避難中の就学予定児など・・・
とても入学式などと云う状態ではないと思いますし、
此の就職難の時期に採用通知を受け取り、ホッとしたのも
つかの間、採用延期や会社そのものが流失して
途方に暮れている有能な新人も数多いことでしょう
本当に切なく心が痛みます。
其の方たちの心情を思うと胸が詰まり、その上語彙がなく
月並みのことさえも言えないガンババです。

未だ風は冷たいですが、太陽の光はだんだん暖かく
春の柔らかさになってきてます。
このような時期ですから、せめて自身の健康だけにでも
気を付け、今後の復興対策で国民的に厳しくなると思われる
生活にも耐えていける、丈夫な心と体を養っておきたいと
新しい月の初日に思ったことでした。

                         生活・横断歩道の子
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
カウンター