ついに札幌も雪景色

札幌周辺・季節の便り
11 /30 2010
札幌もついに一面の雪化粧!!今日は11月も最後の日です。

此の2~3日、寒く冷たい風が周りを吹き荒れ、
雪も近い事を覚悟させられてましたが、ヤッパリ降りました。
此の雪は春まで解けず根雪となるのでしょうか・・・

去年は12月中頃まで雪もなく暖かい日も続いてたので、
酷暑だった今年は、寒さの訪れもさぞかし遅いだろうと
期待していた事もあって、予想に反した雪にはガッカリです。

 此れからのお出かけには、今年の雪道に慣れるまで
滑って転ばないよう心して歩かなければ・・・・と、
粗忽な自分に言い聞かせる初冬のガンババです



DSC01978.jpg

DSC01983.jpg

DSC01979.jpg

DSC01981.jpg

ユニークなパッケージです

身辺日記
11 /29 2010
DSC01973.jpg

こんなユニークなパッケージ商品ばかり有る店でした。
でも、インチキ商品ではありません
ちゃんとした普通のものがはいっていますが、
売るほうも買うほうも、冗談を楽しみながら
と、言うことでしょう。

これは、粉のように砕いた昆布です。
昆布茶のように粉末ではなく顆粒より小さい粗挽きなのかな~。
そして、純粋に昆布だけなんです。
余計な調味料は塩さえ入っていないので、
いろいろなものに大層、便利に使えてます。

DSC01977.jpg

貰った利尻昆布などをフードプロセッサー等にかけると
同じ状態になるんだろうな~なんて、思うだけで、
実行する意欲の無くなった最近のガンババです。

7日過ぎてから鏡を見ても、何の変化も有りませんでしたが(笑)

100円ライターが市場から消えるのか???

身辺日記
11 /28 2010
先頃の新聞に、100円ライターが発売取りやめとか・・・
又テレビでもその様なこと聞きましたが、いつ頃から
姿を消すのでしょう???

煙草は飲みませんが、油絵の絵具箱とか画材の引き出しには
必ず何本か入れてあり案外重宝に使っているんです。
暫らく使わない色の絵具など、蓋が固まって開かないんですが、
そんな時には、強~い味方なんです。
チョッと炙ってスルリと、蓋のねじを回すため・・・・

また以前は、花壇から切ってきたバラなどの水揚げする時、
切り口をガスで焼いてましたが、オール電化になって、
というものが我が家から無くなって以来、
水揚げの役目は100円ライターになりました。

そう思いながらいろいろ考えてたら、煙草のみでなくても、
普段から気付かないまま時折お世話になっているようです。

本当に無くなるんでしたら今のうちに何本か、
買い置きしておかなくては・・・・。

これは、↓ 100円ライターを売っているときのスタンド?
ですがミシンの下糸保存にバッチリなんです。
専用のものも売ってますが、嵩張って邪魔になったりするし
何よりタダで手に入るのが最高~です。

コンビニなどのお兄さんに頼んでおくと、捨てる前に
気がついて、置いといてくれるかも・・・。

ガンババのボビン整理は、糸端も絡むことなく常に一目瞭然!!
10円ライターのお陰でこのように美しくスッキリしてま~す。


DSC01976.jpg


DSC01975.jpg

100円ライターの無くならないうちに
            是非、お試しください・・・・。

水彩でドイツの絵

水彩、油絵
11 /27 2010
外、ドイツの秋

二年ほど前ドイツのクリスマスが見たくて出かけた
時の水彩画です。
住宅街は静かなたたずまいの町でも、中心の公園では
札幌の大通のようにクリスマス市などいろいろな物を売る
屋台が開かれて、お祭りのような賑わいでした。
暗くなるとますます人が増え、同行の「アビ」にピッタリついて
歩かなければ即、迷子になってしまうかと思う混雑ぶり・・・

それでも外国人ばかりの長い行列を並び、本場のホットワインも
シッカリ経験してきました。

一般住宅のクリスマス風景など外国なら何か変わった雰囲気でも
有るのかもしれないので、そんな風景を描けたらいいな~なんて、
行くまでは思ってましたが全然期待外れでした。ヤッパリ
ツリーなど家の中に置くんですね~日本と同じように・・・・。

明るい時のクリスマスムードはお店のショーウインドウと、屋台で
売るクリスマス用品の付近だけでした・・・・が、やっぱり
行ってきて良かったな~と、今も思ってます。

瑞穂会作品展

水彩、油絵
11 /26 2010
先日、地域の公民館で作品展がありました。
それは、シルバー大学の同窓生グループ「瑞穂会作品展」です。

公民館ホールに様々な趣味の作品が一杯出品されますが、
流石それぞれに年季の入った人生の深みを感じさせる作品が
ずらりと並びます。

プロ級の水墨画や墨痕鮮やかな書に交じって、ガンババの絵など
恥ずかしい限りですが、「枯れ木も山のにぎわい」かと、
次の3点を並べていただきました。
この頃は怠けて余り完成品もないので、たまたま処分せずにあった
古い絵を少し手直ししての再展示ではありましたが・・・。 

大きなバケツと植物の鉢
ガーデニング          油彩 10号 F  


ドイツの広場
ドイツの朝           油彩 6号 F


人形の集い
人形たち            油彩 20号 F

20号の額入り箱となれば、かなりの大きさになりますが、
搬入・搬出など、すべて同期の会長さんがマイカーで運搬して
会場にセットしてくださるので、非力のガンババでもどうにか
参加させていただけると思い、感謝しつつお言葉に甘えているのです。

ザクロやミニカボチャです

水彩、油絵
11 /25 2010
秋のモチーフ達
秋のモチーフ達         油彩画


10月に描いた油絵で、ザクロ・ミニカボチャ・鬼灯(ホオズキ)
小さなアンモナイトの化石等です。

水彩と違って油絵は、なかなか乾かないせいもあり、月に
一枚くらいしか描いていません。そして、展示会などが
近づくとあわてて、20号30号に取り掛かるので、いつも
忙しい思いをすることになるんです。

描いているときは、油のほうが面白く時間を忘れるほどですが
マンションに移ってからは、油彩の匂いが充満することと
描いた作品の保管場所が少ないなど、諸々の都合で
敬遠しているという感じもあるようです。

今月も残り一週間になりました。
気温の高い日や、ぐっと冷えた日など変化激しくを
繰り返しながら12月に突入するのでしょうが、初雪以来
チラチラの降雪もないので、まずまずラッキーなことです。

満腹で至福の時です。

小さい旅、大きい旅
11 /24 2010
DSC01779.jpg

先日、鶴雅に泊まった時の夕食時間です。

元気一杯このグループは、「ピンピンコロリ」を目標に、
良く食べ・良く喋り・良く寝て、連日それぞれが活動的に動き
充実した日々を送っています。

今夕食も★良く飲み・・・はしませんが、温泉上がりのビールを
チョッとだけは最高の極楽かな~

そして、★良く食べ・・・は、本当にビックリするほど
良く食べました。4人とも後期高齢の圏内ですが40代に
戻ったように張り切って食べ満腹満腹で、此れも極楽

満腹食事で身重になったお腹を抱え、ドッコイショと部屋に戻り
今度は、★良く喋り・・・の時間です。
12時近くまで喋ってましたが、口の運動だけでも満腹感は
随分消化されるとみえ、温泉に入る元気も出たので夜の浴場へ・・・

流石と云うか其れでもと云うか、先客が2人ほど入っていましたよ。

そのあとは云うまでもなく、★良く寝る・・・だけが残ってます。
4人、枕を並べて~と言いたいんですが、ベットは2個だけなので、
2人はベット、2人は座敷の部分で布団となりましたものの、
4人とも朝まで爆睡・・・

良い眠りを持つこともできたので、朝はスッキリ元気も満タン!!

朝風呂の後は、いそいそと朝食会場へと向かう後期高齢と云い難い
ガンババ友人グループの元気メンバー達です。

カツカレー棒…知ってましたか?

食の色々
11 /23 2010
チョッと出遅れましたが巷では、カツカレー棒と云うのが
静かなブームになっていたそうです。

聞くところによると、薄切りのトンカツにカレーライスを
巻きこんだ、ロール状態のものとか・・・・
運転中でも食事OK!片手でカレーライスの食事ができる!
其れが受けたのか今年の夏は、長距離運転で行楽の際など
随分重宝され長蛇の列だったとか・・・つい最近聞きました。
ドライバーだけでなく、鉛筆片手の受験生や、テレビ見ながらの
人だって、ながら族には凄く重宝な食事かも知れません

珍しいことは聞いたらすぐにのる、ガンババと「あび」ですから、
即、カレー棒なるものを新開案?したと云うトンカツ屋さんに・・・・。

夕方のせいで残念ながらカレー棒は品切れ、チーズピラフ棒と
ラー油ピラフ棒しかなかったそうで、今回はそれでまず味見です。

トンカツ3

何のことはない薄切りの豚肉にピラフを芯に入れて巻き込んだ
長さ15センチ×5センチ丸ほどある只のトンカツ・・・。

ラー油ピラフのほうは、一口食べたら口の中が火事になったかと
思うほど辛くて、燃えそうなほど熱くなりビックリ!!

トンカツ1

よく見たら赤いナンバンがびっしり・・・・摘まんで出してみたら
15センチの中に大体此れだけ入っていたので、辛いはずだ!!

でも・・、激辛との表示も店員さんの一言もなかったそうで、
一般的には此の辛さは普通のことなんだろうかな~と、
暫らく悩んだガンババでした。

トンカツ4

お持ち帰りで入れてくれた容器に「ひろし」も大好き・・・と
書いてあったので、ひろしは誰?かと思ったらお笑いタレントだって・・・。
何かテレビの番組で紹介したらしいのね・・・それで凄いブームに
なっているらしいです。    テレビの影響って絶大ですね~。

今日は暖かい日曜でした

水彩、油絵
11 /22 2010
函館・ハリスト教会
函館ハリスと教会      水彩画


何年か前・・・水彩初歩のころ描いたものです
サラッとサラッとという気持ちが強くて、色数も今からみると
随分少ないようですね。
でもあっさりして爽やかかな~なんて、慾眼で思ったりしてます。


今日の日曜日は、気温も上がり例年より暖かく晴れて、
暖房も切るほどの一日だったようですが、それも天からの
たった一日の贈り物だったみたいです。
明日からの予報は、雨が二日ほど・・・そのあとは雪だるまマーク
となっていました。
そろそろ本格的な雪となるのかも・・と、心の準備も充分必要な
頃合なんでしょう。

寒くなると出かけるのが、だんだん負担になって来そうな今年の冬です。

先日の雪景色。

水彩、油絵
11 /21 2010
初雪の中島公園
初雪の中島公園      水彩画

先日の初雪が降った時、カメラに収めた方がいたようで、
間接的にその写真を頂きました。
中島公園ですが、白く見える大きな雪屋根は「キタラ」公会堂

今年の初雪の頃は未だ紅葉中の木々が沢山あって、
まわり一面の白い雪化粧に豊かな色彩が映え、
それは美しい風景でした。
北国に住む者だけが見ることのできる嬉しい特典なのかもしれません。

例年より遅いように思った落ち葉も一段落したのか
葉のない裸木が寒々しく増えてきてますが、ガンババは
落ち葉の始末からも、やっと解放されヤレヤレという心境・・・。

これからは、ボツボツ来年のカレンダー作りの構想でも
しようかな~と思ったりしてる11月の後半です。

はがきを買ってオマケでした。

頂き物
11 /20 2010
DSC01964.jpg

お年玉付年賀はがきでこんなオマケを戴きました。
大きいポストは貯金箱で、満杯にすると100円硬貨なら
どのくらい入るんでしょうか・・・
高さ10センチほど有るので、大分入りそうです

来年の11月、はがき買う頃までに満杯にしてみるかな~
はがき買っても大分残るかも・・・・
残った100円玉は何に使おうかな・・・?

こんなのが、「捕らぬ狸の皮算用」とか「来年のこと云って
鬼に笑われてしまう」と言う事なのでしょうね。
もう一つの小さいポストはマグネットでした。
冷蔵庫などに貼り付けるのでしょうか。

まだありました、柳の祝い箸です。
此は毎年届き、普段は使わない物なので段々増えてきてますよ。
昔と違い、身内以外はお正月の来客も殆どなくなったので、
家族が使うだけでは、数も知れた物ですから・・・。

其れと、始まって何年経つのでしょうか
はがきの予約で、付いている「めでたいプレゼント」抽選ハガキ
毎年、纏めると10枚前後は出してますが、ガンババは勿論
知人、友人の中でも全然当たったという噂も聞えませんけど、
どこぞに当選者もいるのでしょうね・・・・。
狭い狭いと云っても、やっぱり日本は凄く広いんですネ~。


滝野スズラン公園の秋

水彩、油絵
11 /19 2010
滝野すずらん公園・2
               公園の秋     水彩画


すっかり紅葉した葉が落ちてしまった晩秋の
すずらん公園ですが、時期的には少し前なので、
今ならもっと寒々しい風景になっているでしょう。

最近は雪も、降りそうで降らない札幌の寒空ですが、
今日通りかかった大通公園では、12月に向けての
イルミネーションの枠つくりに沢山の工事人が
寒風の中で働いていました。

毎年お馴染みのスズランの枠はすでに完成して、其の横の
ツリーのような形の鉄柱を組み立てていました。
そんな様子を見ると益々、アア~12月だア~と焦ります

2丁目の辺りにも、恒例となったドイツミュンヘンの
クリスマス市の仮設小屋もボチボチ建ち始めました。
年々出店者も増加し盛況してるらしいですが、寒いのと
暗くなってから賑やかになる市のせいで、まだ一度しか
行ったことがありません。

今年辺り頑張って出かけ、若い人に交じって、
ホットワインでも飲んでこようかな・・・

いよいよこの時期が来ました

身辺日記
11 /18 2010
予約してあった年賀はがきが遂に届きました。
此が届くと、気持ちがせわしなく追いかけられるような
気持ちになってしまいます。

DSC01963.jpg
11月も残り10日余りになってしまいましたが、これから
年賀状の印刷や、カレンダーの印刷・・・その他色々雑用、
そして友人との温泉もあったりで、お楽しみ事まで加えて山積状態。

そんな中、年賀状もカレンダーも、まだどの絵を使用するか
思案中で全然決めてませんので、今年は例年より一歩も二歩も
出遅れている感じなで気が焦ります

一年間の間に大分描いたようだと自分が思うだけで、
大体その季節にあった絵柄を12~3枚を選ぶとなれば、
本当に適当なのが無く凄く悩むのです。
特に、新年の一月用には少しでもお正月らしいのにしたいとか欲も出て・・

そんなことで去年は、印刷間際に思い出し、以前・・・鶴居村に
出かけた時の写真を出して、鶴の写ったのを2~3枚組み合わせて、
雪原で遊ぶ丹頂鶴を数羽、急いで描いたりしましたが・・・。
今年は、ネタ切れで、何にしようかな・・・・・。

先日感動したサロマの夕陽を描きたい処ですが、朝日なら最高ですが
正月早々、夕陽ではどうにもなりませんしね。
ハテサテ・・ 何にしようかな~

水彩画の花

水彩、油絵
11 /17 2010
ばら、
オレンジの薔薇      水彩画

此から当分、花屋さんのお花を買う季節が続きますが、
私はず~っと昔から、花瓶に溢れるほど挿してある花が
好きなんです。それも同じ花・・・一種類がいいんです。
さらに欲を云えば、薔薇を初めとした洋花が最高!!
でも・・・悲しい事にもろもろの経済事情も有りまして、
そうも云ってられないシルバー世代です。

そこで考えたのが、五本ほど挿した薔薇を、色々の角度から描き
如何に沢山あるかのように描くという術が付いてしまいました。
此は生活の知恵とは云わないでしょうが、まあ・・苦肉の策ですね
でも・・・そんなのって、やっぱり邪道なんでしょうかね~

もう少しすると雪が降り、描く気分の風景にもなるんですが
丁度今頃の時季、紅葉も終り葉の落ちた枯れ木ばかりの
寒々しい風景ばかり・・・本当に一番困る季節みたいです。

四国高知のお土産

頂き物
11 /16 2010
DSC01925.jpg

知人が四国旅行から帰ってきました。
そして高知のお土産です。「龍馬がゆく」という栗あんのお菓子。
箱は勿論、個包装のパッケージには、
「文久二年三月二十四日脱藩の道を駆け抜けた龍馬さんを、
 同じ月が見ていたかもしれません。
 龍馬さん二十八歳の春のことです。」と、記されています
なにか関連があるのか、判ったような判らないような・・・・

兎に角、四国…特に高知は龍馬フイーバーで、行く処、行くところ、
龍馬の銘柄商品で溢れていたようです。

あちらはまだ、上着も必要ないほどのお天気だった所為もあってか、
桂浜などは、観光客で溢れるような凄い人出だったようです。

此の龍馬ブームも、ドラマが終わると収束してしまうのでしょうか。

今回のブーム以前から、本当に坂本龍馬の人間性を敬愛してる
本物の方々も沢山居られた事だと思いますから、その方達には
むしろ今回のブームは、ドラマの影響だけで中身がない一過性の
空騒ぎ・・・・かと、苦々しく感じていられる事でしょうね。

遠く離れた部外者ですが、以前訪れたとき感じられたような
静かで美しい桂浜に早く戻ってほしいと思います。

秋の豊平峡(札幌市定山渓方面)

水彩、油絵
11 /15 2010
秋の豊平峡
    秋の豊平峡        水彩画


殆ど毎日、雨ばかり降っていた先週も、日曜日にすこし
晴れ間があり太陽が見えたかな~と思ったら、
時々小雨の状態に・・・・。
其の僅かな日照で、道に張り付いた落ち葉が乾き
滑らない道路になりホットしたのも、つかの間のこと・・・
風に飛ばされヒラヒラと我が駐車場や花壇・テラスに、うずたかく
枯れ葉の山ができてしまったーー

予報を見ると、今日・明日の処には(雪だるまマーク)が
付いているし、本格的降雪も近いんだろうな~
寒いけど、今のうちに頑張って、 落ち葉の始末でも此から
することにしようかな~
それにしても、一本の木さえ持たないマンション住まいが
街路樹や附近の植え込み樹の、枯れ葉始末で悩むなんて
何だか変な感じだわ~

可愛い貯金箱

身辺日記
11 /14 2010
DSC01921.jpg

こんな可愛い貯金箱を見つけました

1円・5円・10円・50円・100円・500円と、6種類の
硬貨を入れると即座により分け、それぞれの場所に
収まるという超優れものです。
初めのうちは此を考えた人に感服しながら、一瞬の間に分別される
スピード感が面白く、ガチャガチャ投入してました。

子供用なのか小型で(16~7センチ)直ぐ一杯になって
しまいますが、又出しては・・・入れて・・・の繰り返し状態。

思わぬ事ですっかり遊んで居た自分に気が付き、さては
老いの幼児化か?なんて思いながら一人で笑ってしまいました。

現在はやっと一段落し、所定の場所におさまりました。

ピンクの豚さん、グリーンの蛙さん、白のパンダさんと、
4種類有りましたが黄色が好きなのでクマさんが我が家に
来てるのですが、二つ並べても可愛かったかな~と、
今頃になってから思っています。

晩秋、雨の一週間

札幌周辺・季節の便り
11 /13 2010
DSC01910.jpg

此の一週間は雨ばかりだったように思います。
南区、北区、中央区、厚別区、などと地域によって違いも
有るようですが、午前日か、午後か夕方などに必ず雨となり、
傘なしでは外出できませんでした。
道に張り付いた落ち葉も、始末出来ない内にだんだん増えるようで、
このまま雪にでもなったら、どんなに滑る道になるだろう・・・なんて
思ったりしてるガンババです。

DSC01909.jpg

水曜日、雨風のひどい中を出かけてきました
地下駅までの途中、傘も三回くらい風であおられて、反っくり返り
骨と傘布とを止めてある糸もちぎれてしまい、惨憺たる状態・・・。

でも…夕方帰宅の頃は、雨も霧雨になり風も治まり大分穏やか。

そして・・道路脇の何時も見ることもなく通り過ぎていた
ドウダンツツジのビックリするような色に気付き思わず見入ってしまう

雨の後で粉塵も洗われたのか、鮮やかな透き通るような赤色は、
今まで見た中で一番綺麗な赤い色
どんなレットを混色すると此の色になるのかな~やっぱり
自然の神様しか、此の色は出せないんだろな~なんて考えながら
ボケ~ット小雨降るその場に立ち尽くしていたんです

其の姿を見た通りがかりの人などは、道を忘れた老人が道路に立って
ボケ~ット帰る道を考えていた・・・なんて思ったでしょうけどね。

DSC01905.jpg


DSC01906.jpg


DSC01907.jpg

秋の水彩画

水彩、油絵
11 /12 2010
           札幌時計台の秋        水彩画
秋の時計台

時計台の回りにも秋の紅葉が進み、近頃は美しい佇まいを見せてます。

夏の観光シーズンで、沢山の旅行者が出入りしている頃から
見ると、秋も終りの現在は、かなり静かな雰囲気となりましたが、
まだ少数の観光者らしい姿もチラチラ残っているような、
晩秋の時計台です。

春から初夏にかけて、桜、ライラックが、時計台の雰囲気を
ずいぶん盛り上げてくれてましたが、秋の紅葉も貫禄有る華麗な
美しさで、時計台を盛り上げているようです。

シーズンの頃は、記念撮影をする際、カメラのシャッターを押す
ためのボランティアが何人か出てましたが、さすがその姿は
もう見られませんでしたが・・・・。

絵・水・.絵の具皿

夕食のカレー

食の色々
11 /11 2010
カレー

不思議で珍しいカレー(我が家のオリジナルかな~)
豆の缶詰があったので、タップリ入れてみましたら、
案外ボリュームも出て美味しいように思いました。
カレーって、何を入れてもそれなりの味が出るようです
ジャガイモも思い切って大振りにして、崩れ無いように
してます。  「入れない方が美味しいのよ~ 」なんて
以前、コマーシャルに入ったこともありましたが、
ガンババは「ジャガイモの入らないカレーなんて!!」という心境です。

野菜は、ラッキョウ。トマトに削りチーズとドレッシング
生椎茸に、だし汁入れてオーブンで焼いた物(此は以前テレビでみて、
何だか美味しそうだったので、作ってみたのです。

余り計画性のないと言うか、オシャレでない食卓ですね・・・・。
献立を決めて買い物するんでなく、いつも冷蔵庫の中を見て
有る物で献立を立てるから、パットしないのかな・・・・。
それにしても、シニアの夕食にしてはボリュームありすぎかしら??

DSC01904.jpg
以前、コストコから買ってきた豆の缶詰
「ひよこ豆」「青エンドウ」「赤いんげん」が、ドライパックになって
余り柔らかくないので、何にでも重宝してます。

網走監獄博物館

小さい旅、大きい旅
11 /10 2010
DSC01802.jpg

網走にある監獄博物館の見学です。
回りはすっかり紅葉でしたから、暗いイメージの監獄も
派手な周囲の景色に彩られ、重い気分にならずに
一周することが出来ました。
DSC01805.jpg
赤煉瓦門と呼ばれる刑務所の正門は、5年の歳月で150万枚の
煉瓦を焼き大正13年に完成したという。
煉瓦を焼くとき、窯の中に塩を入れて超高温で焼き上げてあるので
黒褐色の独特な色をして、網走刑務所の威厳を示すように
重厚な佇まいを見せていた。
門の前には、作業する受刑者の像と脱獄歴6かいで超有名な
5寸釘虎吉(西川虎吉)の像が建っていた。

DSC01806.jpg

膨大な広さの園内は、すっかり紅葉も進み冬の近い事を
思わせる佇まいだった。

DSC01807.jpg

名称未設定-1
広い園内に建つ各種の建物は、目的ごとに規模も別々だが、
女性の解説員が園内をグルリ一周しながら説明してくれる
サービスもあるので、とても興味深く見学する事がが出来た。


名称未設定-5

ここでしか売っていないという出所煎餅

DSC01903.jpg


生活・亀・落ち葉マーク

秋の水彩画

水彩、油絵
11 /09 2010
公園の秋          水彩画
公園の池、10年秋

又々・・・、中島公園の紅葉ですが池の周りからです。
今秋は中島公園の紅葉ばかり3枚も描いてしまいました。

お土産など々~

頂き物
11 /08 2010
秋は行楽のシーズンなんですねー
友人達も、あちらこちらに出かけ各地の名産品を色々
届けてくれるので、居ながらにして全国各地の美味しい物が
賞味でき、今の季節は嬉しい嬉しいシーズンなんです。

DSC01763.jpg
ご飯がついつい食べ過ぎになりそうな、食事時の楽しみが色々、
どれから開封しようかな・・・・。

DSC01762.jpg
現在、星の数程色々なクッキーが売られている中でも、
ガンババが好きで、3本指の一番!とも言えるのが、
此のクッキーなんです。
無意識に宣伝してたんですね~好きだと云うことを
ちゃんと覚えていてくれましたよ~。 クッキーも嬉しいけど
其の気持ちの方が、もっともっと嬉しいわ~。


DSC01761.jpg
かりんとう2種類・・・別々で関係のない2人からです。

此も大好きなんです!!と言えば何でも好きそうにみえますが、
3本指の内でもう一本と言う事で、後の一本は「万角のゆかり煎餅」
此の3っつが三本指に入り、同格とも言える大好きなお菓子なんです。

かりんとうなら、何でも良い訳ではなく此の花林糖だけが好き


DSC01760.jpg
ドイツのお土産です。あちらのお菓子と銀ラメ織のスカーフかしら


DSC01758.jpg
飛騨高山のお土産です。
朴葉味噌は、あちらに行ったとき旅館の食事時に炭火の上で
焼いて貰い、とても美味しかった覚えがあるので、お土産用も
出来たのか~と驚いたら、これは炭火がなくても、フライパンの上に
朴葉毎乗せてOKなんだそうです。

日持ちは良いけど、何時食べようかと楽しみにして居るところです。



新米
此のお米は、お土産でなく頂き物です
新米の自家用米・・・・ときては、云うまでもなく特別な味がします
炊きあがりはピカピカで、ごく普通の炊飯器でも高級炊飯器以上の
味だと思います。ご飯好きのガンババは凄く嬉しいのですが、
余りの美味しさに、ついつい食べ過ぎてしまうと言う嬉しい悩みも
チョッピリ出てくるのです。
生活・亀・落ち葉マーク

コストコはクリスマス用品が一杯

札幌周辺・季節の便り
11 /07 2010
DSC01870.jpg
パン・牛乳が無くなったのでコストコへ出かけました。
ウイークデーのためか何時もの混雑もないので、定番品を買った後、
ゆっくりと店内見物です。
試食コーナーも何時もの長蛇の列さえなく、ゆっくり試食しました。

が・・・、試食の後はカートの中にツイ入れてしまい、こんな大きな
牛肉の固まりどうしようか~なんて思いつつ、バターも4個パックだし~
なんて云いながらも結局は、ぜーんぶ消化してしまうのですから
凄いな~と、我ながら呆れ感心してしまいます。

クリスマス用品も今がピークでしょうか。およそ日本の住宅事情に
無理かと思うような巨大ツリーや飾り物の中に混じって、
10センチほどの、ぬいぐるみ動物のツリー飾りがありました。
モクモクとして可愛いので、此もカートの中に移動です

箱から出して一列横隊です。かなりインパクト有りますよ~。
DSC01871.jpg



此も、ついでにカートの中へ・・・こういうものに弱いんです
見たら直ぐ欲しくなるんですが、文具専門店では案外高いので
買う時でも大抵1~2枚で我慢してたのが、ここでは立派な箱に
30枚も入っているんです。
そして値段はビックリ!・・・「1298円」とは  

此が買わずにいられますか・・・てなもんです。ビーズやリボンで
デザインしてある物や、2重3重に飛び出る立体的なカードも
入っているので、見てるだけでも楽しくなります。

計算したら1枚単価が、43円余りとなりますが何故こんなに安く?
ナンテことは考えないで、当分ルンルン気分で楽しませて貰いましょう
DSC01894.jpg
DSC01893.jpg
                      苺カット、ウサギ

落ち葉で一杯の道

札幌周辺・季節の便り
11 /06 2010
DSC01889.jpg
11月になってから毎日のように雨が降っています。
風も強いようなので、落ち葉の量が急激に増えて凄い状態です。
雨で濡れべったりと張り付いたような枯れ葉が、幾重にも
重なり歩道や道路脇に溜まっています。
始末しようにも、雨の日ばかりなので、儘ならずと言う事でしょう。
このまま雪にでもなったら、困りますよね~。 

寒くてもカラッとした日が、2~3日欲しい現在です。

DSC01888.jpg


DSC01891.jpg
未だ未だ木には葉っぱが沢山付いてます。
紅葉さえしていない葉っぱも残っていますから、道路ばかりでなく
我が家のベランダや駐車場まで飛んできて、此の先当分は
落ち葉清掃で、悩まされることでしょう。

些少な事ですが、落ち葉や枯れ枝の無料回収は、11月で終りなのに、
その前日も当日も丁度雨で始末出来ないまま終わってしまったとは 

DSC01890.jpg
ガンババは街路樹の濡れ落ち葉で往生してますが、もっと違う?
濡れ落ち葉で往生してる、シニアの奥様達も多いようですけどね。(笑い)

                        生活・亀・落ち葉マーク

紅葉の水彩画2点

水彩、油絵
11 /05 2010
中島公園の、秋風景の一部です。
上段は、カレンダーに使用したのですが下段はその後に描いたものです。

10,21日。秋の中島公園(39)
中島公園の紅葉(1)       水彩画・2010年11月

場所は公園内と云っても離れたところなのに、同じような
出来上りになってしまい、ガッカリしてます。
これが、10人で描いたら全部違う雰囲気の絵になるのでしょうが、
同じ能力・感性では、せいぜいこの程度なんでしょう。

中島公園(39)
中島公園の紅葉(2)       水彩画・2010年11月



因みに、3年前(07年、11月)に描いた絵を出してみましたら
全然成長の跡が見られなく、と言うより、チマチマ筆が小さくなり
下降線を転がるようにさえ感じられチョット・・・いやいや・・
大いにガックリしてるところです。

07、11月。紅葉の池・中島公園
紅葉の公園池(中島公園)      水彩画・2007年11月

                         絵・油.丸パレット

札幌地下街の菊品評会

札幌周辺・季節の便り
11 /04 2010
今年も地下街に、丹精込めた沢山の菊が展示されました。

今年はお天気も例年にないくらい暑く、菊つくりには随分と
手間と気苦労が掛かったかと思われますが、毎年と同じように
立派な作品が陳列されてました。

すこし離れたイベント空間では、スライドを使いながら
菊つくりのゼミナールなどしてましたが、同好の士とでも
云うんでしょうか・・・10人余りの人達が熱心に
講師の説明に聞き入ってる姿も見られました。

毎年、此の菊の品評会が終わると又一歩、冬に近づくようです。

DSC01885.jpg


DSC01884.jpg

DSC01873.jpg


DSC01877.jpg


DSC01880.jpg


DSC01882.jpg
DSC01878.jpg


DSC01874.jpg
DSC01879.jpg
11月になったら、急にお天気が崩れてしまいました。
今日で3日になりましたが、3日間とも雨が降り特に今日は
気温もグッと下がっているようです
今夜辺りから、雪にでもなるんでしょうか・・・・

今年も又、新型の風邪が流行るらしいので気をつけましょうね。
    季節・風邪マスク






ちゃちゃワールド

小さい旅、大きい旅
11 /03 2010
木のおもちゃワールド館「ちゃちゃワールド」

チャチャ5

今回初めての見学です。世界40カ国余りから集められたと云う
木のおもちゃが沢山陳列されたミュージアム。

お馴染みのピノキオも、小指大から見上げる位大きなのが、
沢山~沢山揃っていたり、ドイツの烟だし兵隊をはじめ、色々な
風俗人形が、精巧な細工で彫られデザインされて並んでました。

チャチャ4


チャチャ3

周囲は静かな原野に囲まれた中に建つ、其のミュージアムは
ヒッソリした雰囲気でしたが夏休みの時季には、子供達の歓声で
大賑わいだった事なのでしょう。

チャチャ2


チャチャ1

二階のギャラリーは、影絵で有名な「藤城清治」氏の作品展示場。

コロポックルをテーマにした切り絵を使い、天井まで一面に続く
繊細な影絵の物語が広がる豪華さは、壁画とは又違った雰囲気で
見る者を圧倒して、其の技術に改めて敬意をはらいたく感じられる
素晴らしい空間でした。

影絵1


チャチャ6


チャチャ7
国道242号線に沿って建つミュージアムの前には、
木製のキリン親子が一列に並び、ドライバーの気持ちを
和ませるように立っているのも微笑ましい。

     所在地(国道242号線・遠軽町生田原)

                      漫画・チビ王女

サロマ湖の夕陽に、うっとり・・・

小さい旅、大きい旅
11 /02 2010
2010年10月30日(土)サロマ湖畔よりの夕陽です。

つまり・・・三日ほど前の夕陽ですが、其の美しさには、
うっとりと感激して、寒さも忘れ湖畔に立ち続けました。

今まで道東には、数えきれないほど出かけたり、宿泊したり
してましたけど、サロマ湖は明るい内に通り過ぎるだけで
夕陽との遭遇は今回初めてだったのです。

以前に十勝出身の友人より、サロマ湖の夕陽についてのことを
色々聞いては居たのですが、何となく聞き流していたのですね~。

少しでも其の瞬間をカメラに残し、まだ見ていない家族や
友人達に、其の感動を伝えたいと思い一生懸命に写しては見たのですが
情けない!!腕の未熟と、コンパクトデジタルでは、所詮この程度

やっぱり、サロマに行って実際に見て貰わなくては、
あの美しさと感動をシッカリお伝えできないようです。

夕陽9


夕陽10


夕陽8


夕陽7


夕陽2


夕陽5


夕陽6

今回は晩秋の夕陽でしたが、春・夏・初秋・など、季節によって
かなりの違いもあるのでしょうね。
その季節の度に、もし訪れる事が出来たら、それが本当に最高の
シアワセと言えるのかもしれません

                          生活・黄色バス


11月カレンダー

水彩、油絵
11 /01 2010
11月

早いですね~もう11月になりました。

今年は、凄い暑さの夏でしたのに、寒さの来るのは忘れずに
ちゃんと例年並みと、云ったところでしょうか。

でも、木々の紅葉が例年より遅いせいか、枯れ葉も
近年にないほど、まだ少ないように感じます。

例年は今頃になると、街路樹や近所のドウダンツツジが、
風と共に飛んできて、テラスから花壇まで、枯れ葉で一杯になり
始末に往生してましたが、今年は其の迷惑な枯れ葉も
グッと少なく、ドウダンツツジもまだグリーングリーンしてます。

先日の初雪も、お昼までには融けまずまずの天気が続く
月末でしたから、この調子で11月もお天気の日が多く
なって欲しいと思います
風が冷たく寒いのは、まあ仕方のないことゝ諦めますので・・・・。

                生活・亀・落ち葉マーク

ガンババ

FC2ブログへようこそ!